ミニブーケで気軽にお試し♡ 最旬ウエディングブーケのアイデア

2017-07-11 11:00
  • ドレスと同じくらい、花嫁の印象の決め手となるウエディングブーケ。
    選択肢が多くて迷いがちだけれど、イメージを具体的につかむため、結婚式のプレタイム期間に、自宅に飾るお花でシミュレーションしてみるのがおすすめ。千円ちょっとの予算と少しのリボンがあれば気軽にトライできちゃうんです!
  • 今回は、おしゃれなスタイリストやエディターの間で最近人気急上昇中の目黒のフローリスト、Figue L'Atelier du Fleurs(フィグ)が誌面で教えてくれたアイデアのうち、おすすめをピックアップ! ぜひ、参考にしてみてくださいね♪
  • 【サムシングブルーをブーケで。フォルム違いの青だけをまとめてセンスよく】
    ヒヤシンスとギリア、同じブルーのトーンでもフォルムの違う花を重ねると大人っぽくも奥行きのあるブーケに。 きっちりしすぎず、麻ひもでラフにまとめるのもポイント。 憧れの「サムシングブルー」をブーケでさりげなく取り入れて。

    【素朴な質感をざっくりまとめて。 デニムリボンもアクセントに】
    素朴さが魅力のプティロータスは密にまとめてボリューム感を出し、デニム地のリボンでざっくり束ねて。 自然を感じる流行のラスティックなウエディングにもぴったり。 人とは違う、個性のあるブーケを探している方におすすめ。

    【人気のカスミ草は1種類でたっぷり飾ることでイノセントな雰囲気に】
    ここ最近人気が高まるカスミ草。本数が少ないと貧相に見えがちなので、重ねてボリューム感を出すのが 華やかさのポイント。ドライになっても楽しめるので、式のあとは自宅にインテリアとして飾っても思い出になります。

    【繊細な素材感を束ねたグリーン系のナチュラルブーケ】
    レースフラワーやローズマリー、コットンブッシュなど、 素材感のある花材をまとめた、シックでナチュラルなグリーン系のブーケ。ローズマリーのさわやかな香りがふわっと香るので、緊張しがちな式本番もリラックスできるかも!

    【ライラックの淡パープルが品よく軽やかなつなぎ役に】
    スカビオーサのボルドー、クレマチスのパープル。しっとりとエレガントなダークカラーのブーケは、中間色をひとつ加えると若々しく、品のよい印象にまとまります。レースのロングスリーブなど大人っぽいドレスに合わせたいですね。

  • BAILA7月号別冊付録は「婚BAILA」! そのほかのブーケアイデアも多数ご紹介中♪
撮影/魚地武大<TENT> ブーケ制作/Figue L'Atelier du Fleurs
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up