早々に結婚相手の条件にツッコミが!?【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.4】

2019-02-01 17:00
  • 30代に入ってから本気で婚活をスタートした私・ライターのジーコの婚活七転八倒な婚活連載。
    第4回めは、BAILA本誌2月号でも紹介した「結婚相手に求める条件」についてのその後です。
  • 早々に結婚相手の条件にツッコミが!?【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.4】_1_1
    Nelli Syrotynska/Shutterstock.com
  • 初回連載で決めた結婚相手の条件に、早々にツッコミが! しかも2人から! 別々に!!!

    その内容はまったく同じで「年収600万円以上は無謀」。この条件では、年齢が近い人をターゲットにできないらしい。たしかに婚活アドバイザーの臼井さんからも大手企業の40代がおすすめと言われていた。ふたりとも同い年(32歳)の男性だったので、それがリアルなんだろう。

    ふたりのうちひとりは、この連載第1回の記事を読み、新年会で教えてくれた。
    その流れで「どうやってジーコの婚活を成功させるか」が新年会の議題になり、みんなやけに協力的。やっぱり持つべきものは友達である。東京都男性の年収を調べてくれて「東京都の35歳〜39歳の平均年収が601万円」「ジーコは性格に難があるから、平均を狙っても失敗する可能性がある」「よって38歳までに年収600万円の層が狙えるギリギリ」という結論が出ました。なので条件を改めます。

    ・共働き希望
    ・大卒MARCH以上
    ・38歳までに年収600万円

    にしました! これだとコンプレックス云々の問題(第1回参照)が解決しない気もするけど!

    ……待って。「ジーコは性格に難がある」って何。
    友達をゴリゴリに詰めていったら、どうやら「いわゆる結婚向きタイプではない」という意味だったようで、ちょっと安心した。いや、ダメなんだけど、友達から嫌われているわけではなくてよかった。ちなみにどこが結婚向きでないかというと

    ① 仕事>恋愛・結婚である
    そんなつもりはビタイチなかったのだが、今までのお付き合いを思い出すと、たしかに仕事に熱中していると連絡が疎かになるし、放っておいてほしくなる。結婚で仕事をやめたり、転職したり、を想像できないのも、仕事>結婚ということらしい。しかし、このご時世でこれが結婚向きじゃないってどういうことよ?と半ばキレた。家庭優先にすべきときはするつもりだよ?

    ②家事の完全折半を求めている
    これもキレた。共働き希望なのに、なんでこれが結婚向きじゃないのですか。と、思ったけれど世の中はまだまだ「奥さんに家事と育児をして欲しい♡」という男性が多いそうで。考え方としては間違っていないのだが、家事をやってほしい男性が多い以上「結婚向き」とは言えないらしい。「そんな男は私が根絶やしにする!」と騒いだが、「そういうところがダメ」と一蹴された。加えて、私には育てる気がないのが問題なよう。「家事をやってくれるように男性を上手く育てられたらいいんだけど、ジーコはやらないでしょ?」とのことである。「30歳越えた男をなんで私が育てにゃならんのか!すでに育ってろよ!」と騒いだが、また「そういうところがダメ」と一蹴された。
    ちなみに注意してくれた男性ご本人は「ご飯だけは作って欲しい」派。えー、代わりに別の家事をやってくれるならいいよ。あと、仕事の忙しさに合わせて傾斜をかけるつもりだよ。それでも、ダメ?

    ③自分を変える気がない
    これにはぐうの音も出なかった。完全に私が悪いポイントが来てしまった。
    ①②でも変える気なしの口答えをしまくっているし、反論の余地がない。
    私の「好きな人と結婚したい」は「自分に合う人と結婚したい」である。私は相手に合わせて自分を変えたり、逆に相手が自分に合わせて変えてくれたりということがあまり好きではない。それぞれひとりでも楽しいけど、ふたりだともっと楽しいね!くらいのノリで結婚したいし、それが幸せだ!と思っていたのだけど、どうやら結婚ってそういうものじゃないのかも知れない。子の教育や家の購入、親の介護などの問題が出てきたときに、おたがい歩み寄れる存在じゃないと、結婚はむずかしい。本当にその通り。やっぱりぐうの音も出ない。全体的に夢見すぎらしいです。王子さま、いないんだってよ。

    このような特徴から「ジーコの結婚願望はネタ」と思われていたらしい。今回この連載を始めたことにより、友達の大部分が「本気で結婚したかったんだ……?」と驚いていた。いままでの婚活が死ぬほど迷走していたことがわかる。誰か教えてくれればよかったのに、私の婚活を一種のエンターテイメントとして楽しんでいらっしゃったようである。ひどい。あと「一人でも楽しそうなので、本当は結婚する気がないんだと思ってた」も言われた。熱意、伝わってなかった。

    とりあえず新年会でいただいたアドバイスは参考にしながら、「38歳までに年収600万円の男性」を探していきたいと思います。

    アドバイスをくれた友達には申し訳ないけど、①と②は納得がいかないので変えない。
    ③については、条件を変更したので「変える気がある」とみなしてほしいです。
  • 早々に結婚相手の条件にツッコミが!?【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.4】_1_2
  • 婚活記Vol.5を見る

  • 婚活記Vol.3を見る

取材・文/ジーコ イラスト/平松昭子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords