ハイスペ婚活パーティーレポート【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.6】

2019-02-22 17:00
  • 30代に入ってから本気で婚活をスタートした私・ライターのジーコの婚活七転八倒な婚活連載。
    第6回めは、条件通りの男性が来そうなハイスペ限定婚活パーティに突撃!
  • ハイスペ婚活パーティーレポート【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.6】_1_1
    Nelli Syrotynska/Shutterstock.com
  • 来ました当日! 年収600万円以上、有名大卒男性婚活パーティー!!

    カシミヤの白ニット、ボルドーのひざ丈スカート、黒タイツ、茶色のブーツという婚活アドバイザー臼井さんから教えていただいた「婚活で戦える服」を着て参戦! 普段まったく着ないタイプの服だけど、いいの、婚活に入っては婚活に従うって決めたから。

    足取り軽く、ほぼスキップで会場に向かう私。なんか今日はいい出会いがある気がする♡って鼻歌交じりでエレベーターを待っていたら、参加者男性とかち合いました。2人きりで密室ってめちゃくちゃ気まずい。階数が同じ時点で参加者だってわかるけど、話しかけるのも、ねぇ。エレベーター、誰もいないのを見計らってスッと行ってサッと乗ったほうがいい。

    受付で予約番号を伝え、年齢確認のため身分証明書を提出。手続きはシュシュッと終わり、「7番」という名札をもらって、すぐ中へ。飲食店ではなく、婚活パーティー専用に主催者の企業が借りているスペースで行われる婚活パーティーだったので、小さな会議室みたいな場所。10個ほどテーブルが壁に向かって置かれており、それぞれに番号が書いてありました。

    7番の席に着くと、そこにはプロフィールシート。「書いてください〜」と促されペンを持つ。……項目が多い!!!!!!! 

    【名前】【職業】【勤務地】とかまではスラスラ書けたんだけど、【結婚でいちばん大切なこと】で筆が止まり、【私と結婚したらここがスゴイ!】に至っては、考えたことないですごめんなさい。しかもまたその欄が大きくてね、さっそく洗礼を受けた。いつか、この欄いっぱいにスゴイところを書けるようになりたいな…。

    早々と心が折れ、空欄のまま待つこと10分。男女合わせて16名の参加者が揃ったとのことで、スタッフさんが説明を開始。女性はテーブルに座ったまま待ち、5分ごとに男性がくるくると移動し全員と話すシステム。つまり出会いのわんこそば!! 急にテンション上がってきた! 前の婚活パーティーでは、ベルトコンベアーで流れてくる商品の品質チェックをしている気分になってしまったけれど、今回はそんなふうにならないといいな。

    わくわくがてら、どんな人がいるのかなーと周りを見渡してびっくり。男性の方が少ない。男性が7名、女性が9名。あー、なるほどね。30歳以上で年収600万円以上、有名大卒男性と出会おうとすると女余りね。いや、うわさには聞いてたわ。現実を目の当たりにしました。ちょっとテンション下がった。

    そしてとうとうスタート。ひたすら5分ずつ男性と話していく。よく言われている話だけど、本当にけっこう大変だった。誰とどの話をしたのか覚えていられない。そして喋りっぱなしで疲れる。とか言っていてもしょうがないので、出会えた男性を思い返してみます。

    1人めはとても優しそうな42歳の営業職の方。見た目は年齢そのままという感じ。物腰が柔らかくていいなぁ、と思ったのだけど最後に「僕、絶対第一希望にジーコさんを書くので、ジーコさんも書いてくださいね!」と言われ、「まだ1人めなのに…?」となってしまった。全員に言ってる気がしちゃうよね…。

    2人め、30歳教員。エレベーターでかち合った人。主に出身地の話をして終了。

    3人め、37歳、職業失念。婚活パーティーにはあまりいない陽気なパリピタイプ。なぜか会話の半分以上が「『Pokémon GO』アプリ全盛期にどれくらいハマったか」だった。たった5分でなんでそこに行っちゃったんだ。もっと聞くべきことがあるだろう。でもけっこう盛り上がったからジーコ的にはオッケー! ちなみに私はリリースしてすぐのころ、深夜に近所の公園へ一人で行き、ポケモンを集めるアイテム「おこう」をたき続けていたら、近所に住むカップルのプレイヤーがわらわら湧いてきてむだに悲しい思いをしたことがあります。

    4人め、有名人のだれそれと知り合いという話をやたらしてくる広告マン。途中からオスの孔雀が羽根を広げてる姿が浮かびっぱなしで話をまともに聞けなかった。

    その後数人は、疲れていて記憶がない。というか、4人めまでも記憶が混濁気味なのだが、メモがあったため思い出せた。ここの数人に関してはメモすらなかった。たぶんとっても当たり障りのない会話をした。ごめんなさい…メモ大事…。

    最後の一人は、営業職の45歳。私のガバガバなアンケートを見て、「アンケート埋めづらいですよね、こことここは埋めておくと会話になりやすいですよ」と笑顔で教えてくれた。優しい…。神様じゃん…。でももう、あなたで最後…。長田さん(仮)、あなたの名前は覚えました…。

    ここで前半戦が終了。中間報告として、「いまのところ印象がいい人」を紙に書いてスタッフさんに渡す。何人でもいいと言われたので、とりあえずオスの孔雀以外の全員に○をした。中間報告は「この番号の人があなたの事をいいと言っていますよ」と本人に伝えられるので、何人でも選んでいい場合はとりあえず全員に○をつけておいたほうがいい。というアドバイスを、ネットで下調べしているときに見まして。その通りにしました。人数に制限がかかっている場合もあるらしい。

    そして私がもらった中間報告。2人をのぞくみなさんから「印象よし」をいただきました。むしろ2人から「絶対無理」の烙印を押された感じなのだろうか。……それはどっちでもいいとして、オス孔雀から「印象よし」もらえなかったんですけど! もしかしてあの羽根、しぶしぶ広げてたの!? つらい!!!!

    そしていよいよ後半戦……は、次回「おたがい”印象良し”にしなかったペアはその後の追加トークタイムが気まずい」に続きます! やっぱ全員に○しとけばよかった。
  • ライター・ジーコ 32

    • 趣味は? サッカー観戦(日本代表・プレミアリーグ)、マンガ、読書、ゲーム、お酒を飲む、YouTube(人狼実況、フリースタイルラップ)
    • 好みのタイプは? 面白い人、仕事が好きな人、メンタルがそこそこ強い人
    • ジーコの外見は? 犬系アイドル顔(担当編集談)
    • いつまでに結婚したい? 東京オリンピックまで。夫婦で開会式を見ます。できればサッカーを見ます
    • なんで婚活してるの? 最後に彼氏がいたのは半年前。1年つきあうもうまくいかず婚活開始
取材・文/ジーコ イラスト/平松昭子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords