ハイスペ婚活パーティーのその後【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.7】

2019-03-01 17:00
  • 30代に入ってから本気で婚活をスタートした私・ライターのジーコの婚活七転八倒な婚活連載。
    第7回めは、条件通りの男性が集いそう!と期待大にして参加したハイスペ限定婚活パーティのその後です。
  • ハイスペ婚活パーティーのその後【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.7】_1_1
    oatawa/Shutterstock.com
  • 前回に引き続き、有名大卒・年収600万円以上限定の「ハイスぺ」婚活パーティーのレポートです。

    「誰が自分に好印象を抱いているか」の中間報告が終わり追加のトークタイム。誰と話してもよいフリータイムの場合もあるようですが、今回のパーティーは前半戦と同じように全員と順番に5分ずつ話すシステム。ここで、カップルになりたい人を確定させるのです。

    また1人めの人からトーク。前半戦の話題の続きや、さらに突っ込んでみたかったことを話してみる。「結婚後も仕事を続けたいか」等、具体的な話が出る人もいて「なんか私…結婚に近づいている気がする…!」と浮かれる。5分はかなり短く、ちょっと盛り上がるとタイムリミットが来るのだけれど、それがちょうどいい気もする。「もっと話したい!」と思える人が相性いい人だもんね。

    そして5人め。心の中で「オス孔雀」とかちょっとディスっていた広告マン。相手も私も好印象チェックをつけなかった相手とのトークタイム。この時間が本当に地獄であった。おたがい好印象だと思っていないので、聞きたいことは何もないし、好印象だと思われていないのも知っているので、テンションも上がらない。お互いの頭の上に、筆文字で大きく「消化試合」と書いてある状態での5分。ふたりとも笑顔が張り付いており「あ、そうなんですね」の応酬。のように、感じた。次回参加するときは、必ず全員に好印象チェックを入れようと強く思いました。

    そして最後の1人。プロフィール用のアンケートの書き方を教えてくれた長田さん(仮名・神様)。第一声はこれでした。
  • ハイスペ婚活パーティーのその後【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.7】_1_2
    NeydtStock/Shutterstock.com
  • 「煙草、吸われるんですね」

    そうなんですよ。私、煙草吸うんですよ。婚活プロフィールとして、印象最悪。できることならウソをついてしまいたい項目。これでかなり弾かれるということは知っております…。プロフィールシートを全然埋められないなか、「ここだけは書いておかないと詐欺だ」と思って埋めた喫煙の項目、しっかりと見られていた。と言うか、ほかが空欄だらけなせいで、めちゃくちゃ目立っていた。イタいところをつかれ一気に弱体化してしまった私に、神(長田さん・仮名)は言った。

    「僕、気にしませんよ」

    慈愛!!!!!!!!!
    とってもチョロい私は一瞬で「え、好き…♡」となってしまいました。ほかの参加者男性に、私がつっこみを入れた後黙り込んだ人がいたこともあり、感動倍増。大丈夫です、結婚したら禁煙します。そのために、あなたのために、禁煙外来は受けずに取ってあります。初トライのほうが効き目ありという話を経験者から聞いたので!


    そして、全員とのトークが終わり最後のマッチングタイム。男女がそれぞれ別の席に座り、カップルになりたい男性の番号を第5希望まで書いて提出する。この人!という人がいなければ書かなくても良いとのことだが、せっかく来たのだからマッチングして帰りたいため5人全てしっかり埋めた。もちろん第一希望は長田さん(仮名)。

    集計が終わったようで、司会者の方が前に立ち、言った。
    「では、カップル成立された方の番号をお呼びします。カップル成立された方のみ会場に残ってください」
    え、そのシステム、エグすぎない?この会場をひとりで後にするの?

    ドキドキしながら祈る。お願いします、結婚に近づきたいです。どうかマッチングさせてください…!別にこれがダメだったら何というわけでもないのだが、やたら緊張した。まるで告白したあと、返事を待っている時間のようだった。とてもエモい。こんな感情何年ぶりかしら…。
  • ハイスペ婚活パーティーのその後【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.7】_1_3
    Yulia Grigoryeva/Shutterstock.com
  • 「7番の男性と7番の女性、カップル成立です!」
    私の番号が呼ばれた!そして7番の男性というのは…長田さん(仮名)!神様〜!

    結局、カップル成立したのは2組だけ。結構厳しいんだなあ…。他の参加者が全員退室し、我々のみが残った。そこで連絡先を交換するように促され、LINEを交換。そのまま食事に行くことになった。すごい。マッチングアプリなんて、マッチング→やりとり→食事という流れにどんなに少なく見積もっても1週間はかかる。私はのんびり屋なので、だいたい1か月はかかっている。けど、婚活パーティーならそれが1日で、もっと言えば2時間で終わる!これはありがたい!


    というわけで、近所のカフェでお茶をすることに。長田さん(仮名)は煙草を吸わないのに喫煙席を選んでくれた。え、やば…好き…。そしてお茶を飲みつつ、トークタイムのお話の続きをすることに。お付き合い、もっと言えば結婚を前提としたお付き合いをしたいという共通認識があるため、話の内容も恋愛や結婚の価値観の話になる。いいね、話が早くていいね!

    「年収600万円以上」「有名大卒」は既に確約されている状態は、とても楽。特に「年収がいくらか」ってかなり聞きづらくて、合コンで出会った男性相手だと、だいたい会社名と仕事内容を聞いて、その情報と引き換えにグーグル先生に教えてもらうのですが、今回はもうそれがわかっているという!なんて最高のシステム!残りの条件「共働きOKか」はかなり聞きやすいのでするっと聞いてみたところ、かなりの好感触。条件、がっつり満たされております。やったぜ。相手からは「前の彼氏となぜ別れたのか」を聞かれました。「フリーターの彼氏に逆プロポーズして振られた」と言ったら若干引いていたような気がするけれど、気にしない! 

    その後も話が盛り上がり、お茶もおかわりして2時間ほど喋って解散。また会えるといいな、と思いながらウキウキ帰路についたのでした。今後の展開は、またご報告します!(ジーコ)
  • ライター・ジーコ 32

    • 趣味は? サッカー観戦(日本代表・プレミアリーグ)、マンガ、読書、ゲーム、お酒を飲む、YouTube(人狼実況、フリースタイルラップ)
    • 好みのタイプは? 面白い人、仕事が好きな人、メンタルがそこそこ強い人
    • ジーコの外見は? 犬系アイドル顔(担当編集談)
    • いつまでに結婚したい? 東京オリンピックまで。夫婦で開会式を見ます。できればサッカーを見ます
    • なんで婚活してるの? 最後に彼氏がいたのは半年前。1年つきあうもうまくいかず婚活開始
★プライバシーに配慮し、登場人物の年齢・職業・年収などを一部変更しております。

取材・文/ジーコ イラスト/平松昭子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords