Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle

日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検

【無印良品】が運営する世界で3件め&日本初上陸となるホテル「MUJI HOTEL GINZA」が、東京・銀座にオープンしました!
“アンチゴージャス、アンチチープ”というユニークなコンセプトを掲げ、中国の深セン、北京に続いてオープンした「MUJI HOTEL GINZA」。ちょうどよい価格でよく眠れ、旅先において体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを提供するホテルを目指すそう。

一生に一度は泊まってみよう!「MUJI HOTEL GINZA」の魅力6を徹底解剖

1.客室はA~Iまで、全部で9タイプ79室

日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_1
【タイプA】14~15㎡・セミダブルベッド・¥14900
「MUJI HOTEL GINZA」の企画・内装設計・運営を行うUDS株式会社は、ホテル クラスカ(東京・目黒)やホテル カンラ 京都(京都)など、人気のデザインホテルをプロデュースしてきた会社。いかにも銀座の一等地らしい限りあるスペースを、癒しとくつろぎの空間にシフトすべく、細長~いお部屋に、慣れない旅先で疲れた体と心を整えるさまざまな工夫を凝らしてあります。ベッドには、眠りと姿勢の研究に基づくマットレスを採用。やさしい触り心地のバスタオルや、自然な眠りに導く照明など、自宅以上に安らげるような空間に整えたお部屋ばかり。
日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_2
【タイプG】25㎡・2段ベッド・¥29900(3名の場合+¥5000)
なかには、二段ベッドになっていて、壁一面に本棚(もちろん、本は自由に閲覧可能!)があしらわれている、ファミリーでの宿泊にぴったりのお部屋や、
日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_3
【タイプF】36㎡・ツインベッド・¥36900(3名の場合+¥5000)
海外からのゲストにとっても喜んでいただけそうな、たたみの小上がりが広がるお部屋、
日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_4
【タイプI】52㎡・ツイン・¥55900(3名の場合+¥5000、4名の場合+¥10000)
さらに、本棚&テーブルと椅子を設けたリビングがわりのようなたたみスペースと、ヒバの木でできたバスタブを備えたいちばん大きな客室など、さまざまなタイプのお部屋が全部で79室あります。

2.客室の備品はもちろんほとんど【無印良品】のもの!

日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_5
客室に備えている小物家電(フロアライト、壁掛けBlutoothスピーカー、時計、アロマディフューザー、ドライヤー、懐中電灯etc.)や備品(グラス、カップetc.)、アメニティなどの多くは無印良品のアイテム。1階~5階まで併設されている「無印良品 銀座」で買うことができます。客室の天井高を高くして、ドリンクなどの備品を備えつけのシェルフや引き出しにきちんと収納することで、限りある空間をスッキリ見せ、少しでもお部屋を広く感じられる工夫をしているんですって。
日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_6
バスルームのアメニティ。気に入ったら下の「無印良品 銀座」で買っちゃいましょう!
日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_7
空気清浄機(型番:MJ‐AP1)¥38900/良品計画(無印良品)
日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_8
ウェルカムスイーツも、無印良品のもの!
日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_9
クロゼットに備えつけのスリッパ、なんとお持ち帰りOKだそうなのですが...一応、スタッフに確認してみてくださいね!

3.タブレットひとつで、お部屋のすべてをコントロール

日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_10
客室に設置されているタブレットから、照明やエアコン、カーテンの開閉、アラームの設定、フロントや客室間のお電話など、さまざまなコントロールができるようになっています。とくに、アラームはカーテンの開閉や照明と連動し、朝、心地よく目覚められるように工夫されています。

4.旅の疲れを癒すバスタブ完備のお部屋が多い!

日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_11
お風呂大好き日本人ですもの、滞在するお部屋はなるべくバスタブのあるタイプを選ぶ方も多いのでは!?「MUJI HOTEL」では、タイプD・E・F・Iのお部屋にはバスタブがついていて、シャワールームと別になっています。お湯にしっかり浸かって、明日への活力をチャージしましょう。

5.“古きよき日本らしさ”を存分に活かした共有スペース

日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_12
貫禄たっぷりの巨大な盆栽がドーーーンとお出迎えしてくれるフロントの壁面は、なんと100年以上前に東京の街を走っていた路面電車の敷石を再利用したものだそう。
日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_13
客室の廊下には木のよい香りで満ちていて、季節にふさわしい花あしらいが(4月は桜)。海外からのゲストにも喜んでいただけそうですよね。

6.レストラン「WA」の朝食オプションはマスト!

日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_14
6階フロントの奥にあるレストラン「WA」では、朝食(7:00~10:00 L.O.9:30)・昼食(11:30~15:30 L.O.15:00)・夕食(17:30~22:30 L.O.22:00)と、日本各地で愛されているふるさとの味を楽しめます。3カ月に一度エリアが変わりますが、オープン日~6月末までは九州・大分県のメニューをお届け。スタッフが定期的に現地を訪れて、地域の暮らしに親しまれている味を追求するんですって。
日本初上陸!【MUJI HOTEL】東京・銀座にオープンした無印良品ホテルを探検_15
写真は、ランチメニューの「お魚またはお肉のおぜん」¥1600。ちなみに絶対食べるべきはごはん(お米)で、飛騨高山コシヒカリを、注文ごとに一合羽釜で炊き上げるんです! ツヤッツヤです☆
いかがでしたか? 宿泊料金は、シーズンや繁忙期によって変動させず固定でキープし、1泊¥14900からスタート。無印良品が誇るコスパのよさはホテルも同様です。オープンしたての今現在はかなり先の予約まで混み合っているもようですが、タイミングを見つけて、ぜひ一度宿泊してみてくださいね。
【MUJI HOTEL GINZA】
住所/東京都中央区銀座3-3-5
チェックイン・チェックアウト/15時・11時
客室数/79室
1泊1室の料金/¥14900~ ※サービス料込み、季節変動なし
標準客室室内設備/歯ブラシ、歯磨き粉、シェーバー、シャワーキャップ、コットン、綿棒、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ハンドソープ、冷蔵庫、金庫、電気ケトル、ドライヤー、Wi-Fi

【合わせて読みたい】本当にコスパのいい無印良品の最新アイテム

取材・文/沖島麻美

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン