Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】

なかなか外出する気分になれない雨の日はまったりすごすのが一番。家にこもってかすかな雨音を聞きながら、読書をする休日もまた素敵。目利きの女性書店員が厳選する、雨の日でも楽しい気分になれる注目本をご紹介します。
教えてくれたのは…

HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE 新井見枝香さん
代官山 蔦屋書店 文学コンシェルジュ 間室道子さん
ジュンク堂書店 吉祥寺店 文芸書担当 田村知世さん
目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】_1
痛快対談エッセイ
『私がオバさんになったよ』ジェーン・スー 幻冬舎 1400円)
目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】_2
対談相手は、どちらかというと雨の日を自分なりに楽しめそうな個性派の面々。相手の言葉を素早く理解してわかりやすく言い換えてくれるジェーン・スーさんのクレバーさに、頭の中の霧だけは晴れたような気分に。(新井さん)
映画大ヒットで再注目!
『風にのってきたメアリー・ポピンズ』P・L・トラヴァース 岩波少年文庫 720円)
目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】_3
傘といえばこの人! 映画のイメージから愛情深い女性と思われがちですが、原作の彼女はもっとぶっとんだ性格。裏表のないカラリとした心が子どもたちや周囲の人を変えていく姿にスカッとします。(間室さん)
笑いでデトックス
『大宮エリーの なんでコレ買ったぁ?!』(大宮エリー 日本経済新聞出版社 1300円)
目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】_4
買った理由がわからないものを整理しましょう、という有意義なお話でもなければ、買い物を後悔するわけでもない。ただニヤニヤ笑うだけ。散らかった部屋でゴロゴロしながら読む。雨の日はそれが許される。(新井さん)
スッと心が軽くなる
『「違うこと」をしないこと』(吉本ばなな KADOKAWA 1400円)
目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】_5
現状に対して立ち返る瞬間は、きっと誰にでもあるはず。自分の本質や多様性を否定せずに、いいと思ったことから自由にやっていく、そんなさまざまなヒントが、この一冊の中に詰まっています。(田村さん)
おひとりさまワールドを堪能
『ソロ活女子のススメ』(朝井麻由美 大和書房 1400円)
目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】_6
楽しみにしていた予定が雨のせいで中止になることがある。そんな日は、部屋で退屈するより一人で好きなところへ出かけて楽しく遊べばいい。雨の日のプラネタリウムも水族館も、実は一人のほうが楽しいよ!(新井さん)
仕事vs.趣味を描く傑作
『趣味で腹いっぱい』崎ナオコーラ 河出書房新社 1550円)
目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】_7
マイペースに趣味に高じる妻と堅実な銀行員の夫。働くことは大切なことだけど、「楽しいかもしれない」に次々と手を出す妻に巻き込まれていく夫を見ていると、読んでいるこちらまで趣味の幅を広げたくなります。(田村さん)
今の自分を肯定したくなる
『あたしたちよくやってる』(山内マリコ 幻冬舎 1500円)
目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】_8
女性の心を晴らしてくれる人気作家の新作。「男と女」「日本と外国」「現在と未来」など、対比するものの立場をチェンジさせるエッセイ&小説集。まっすぐな問いかけをあきらめない33のまなざしが素晴らしい!(間室さん)
本屋大賞受賞の話題作
『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ 文藝春秋 1600円)
主人公には父親が3人、母親が2人いる。苗字が変わること4回。しかし、どの家族の形態でも、温かい愛が常にあった。読み終わったあと、おなかの底から温まる、冷たい雨の日にこそおすすめの一冊です。(田村さん)
目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】_9
とにかくタフな紀行文
『雨天炎天』上春樹 新潮社 1600円)
目利きの女性書店員がリコメンド!【雨の日に読みたい本9選】_10
ギリシャの聖地アトスで雨に降られ、帰りの船は来ず、トルコではヒッチハイクをする兵隊たちを車に乗せ……。旅の最中に村上さんの胸中で起きる土砂降りと晴れ模様をユーモラスにシニカルに描いています。(間室さん)

【合わせて読みたい】雨の日をハッピーにする、楽しいこといろいろ!

撮影/魚地武大〈TENT〉、富田 恵 取材・原文/榎本洋子 ※BAILA2019年7月号掲載

Feature特集