Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【あか抜け配色ルール】今季のニットは黒・ブラウニー・ミルクティーを着倒す!

今季のマストカラーはずばり黒・ブラウニー・ミルクティー。この3カラーのニットを1シーズン、マンネリ知らずで着倒すための配色ルールをマスターしよう! 黒が持つ色香、ブラウンがかもすリッチ感、女らしさをまとえるミルクティー、それぞれのカラーの魅力を存分に引き出したスタイルを提案。

優雅な女らしさをまとえる【ミルクティー】

ミルクティー

“今年の色”とも呼べるベージュは、やさしげな表情を引き出すミルキーなトーンが最旬。上品さがきわだち、大人らしいフェミニンがかなう。

クリーミーなベージュとキャメルのスカートのコーデ

まろやかなベージュの濃淡でノーブルな女らしさへ
クリーミーなベージュにローゲージの風合いも相まってやわらかな印象に包まれる。コントラストをつけすぎないキャメルとのグラデーションが今っぽく、大人びた印象にも。小物も同じトーンで統一感を。ニット¥18000/セルフォード 新宿ルミネ1店(セルフォード) スカート¥36000/アングローバル(イレーヴ) イヤリング¥24000/ビームス ハウス 丸の内(グリン) バッグ¥90000/エリオポール代官山(ザンケッティ) ストール¥54000/ロンハーマン(アソース メレ) 靴¥40000/エストネーション(チェンバー)

シックさもムードもいいとこ取り【ブラウニー】

ブラウニー

黒よりやわらかくベージュよりシックな濃厚ブラウンは、着るだけでムードたっぷり。リッチ感があるから、しっとり大人の女らしさ高まる。

ダークブラウンのワントーンコーデ

ブラウンワントーンが最旬。リュクスでこなれた印象に
簡単にしゃれるビターなダークブラウンのワントーン。モヘアニットで可愛げを上乗せして。ニット¥45000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) パンツ¥21000/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) 帽子¥9000/アンティット(フェリシオ ベッキ) ピアス¥25000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥53000/ガリャルダガランテ 表参道店(メゾン ボワネ) 靴¥87000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジル サンダー)

凜としたたたずまいがかなう【黒】

黒

ときに上品に、ときにかっこよく、その表情を変化させる黒。体を引き締めてきれいに見せるシャープさも右に出るものなし。

黒リブニットとキャメルのロングスカートのコーデ

色香漂う黒リブニットはキャメルと品よく着こなす
ほどよくフィットして女っぽい黒リブニットは合わせを選ばず万能。キャメルのロングスカートでエレガントに方向づけて。ニット¥27000/ロンハーマン(オーラリー フォー ロンハーマン) スカート¥25000/シップス 有楽町店(セラードアー) ピアス¥8600/フォーティーン ショールーム(ププティエ) スカーフ¥11000(マニプリ)・バングル¥28000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ バッグ¥18000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(メゾン ヴァンサン) 靴¥45000/ドレステリア 銀座店(バルダン)

撮影/来家祐介〈aosora〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/桐谷美玲、大政 絢 取材・原文/榎本洋子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年11月号掲載

Feature特集