Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. まとめ

【この秋買うべきブラウンまとめ】大人に似合うアイテム&色みはこれ!

“ちょっとした更新”でおしゃれを楽しむ今、いちばんの目新しさのカギを握るのは「色」。定番色として長く愛されながらも、今季は色の幅が広がり、よりおしゃれになったブラウンの中から、注目の4色とアイテムをスタイリスト加藤かすみさん&エディター伊藤真知さんがピックアップ! 新しいブラウンではっとするほど女っぽく進化して♡

スタイリスト 加藤かすみさん×エディター 伊藤真知さんが提案

1.ボルドーブラウンで女っぽく華やかに

ひと味違ったブラウンだからこそ、色の持ち味を知り、その方向性に合わせたアイテムを選んで着ることが、“ニューブラウン”攻略への第一歩という二人。主役のカラー以外は多用せず、ワントーンでさらりと楽しむくらいが、女っぽくておしゃれ見えに。

ほんのりと赤みを帯びたブラウンのブラウス

真っ先にチェックしたいのが、今年らしさと女らしさを両立するほんのりと赤みを帯びたブラウン。色の持つやさしい雰囲気を生かし、ボリューム袖のブラウスで可愛げを増して。ブラウス¥16000/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) パンツ¥56000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) バッグ¥58000/ウィム ガゼット  ルミネ新宿店(ザンケッティ) リング¥40000/スタージュエリー渋谷スクランブルスクエア店(スタージュエリー)

Kasumi's POINT
「単色ではやや難しいボルドーもブラウンに落とし込むことで赤みが落ちつき、着やすい色に。女らしく、でもいきすぎないのでバイラ世代におすすめです」

Machi's POINT
「この秋、最も新鮮に感じた赤み系のブラウン。目新しい色だからこそ、着慣れたニットやスカートから少しずつ更新を」

ボルドーブラウンのコーデ

色の特性を引き立てるなら、潔くワントーンで。「ただし同じ色で似たような素材では、野暮ったくなりがち。透け感のあるニットとツヤッとしたスカートなど違う素材をミックスしたり、柄バッグのように服以外で視線を集めるポイントをつくったり、リズムをつけて」(加藤さん)。ニット¥13000・カーディガン¥15000/トゥモローランド(ボールジィ) スカート¥42000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) バッグ¥53000/フルラ ジャパン(フルラ) ピアス¥22000・リング¥29000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダウード) 靴¥29000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スペルタ)

ヨンアが着る新しいブラウン「ボルドー」

スーパーバイラーズ・岡田彩芳さんに“ボルドーブラウン”を着こなしてもらいました!

岡田さんコーデ1

引き締めブラウンにグレーをさし色としてきかせて
すっきり体を引き締めて見せてくれるブラウンの力を最大限に生かしたコーデの日は、バッグとアクセをポイントに。グレーやシルバーは青み肌をトーンアップしてくれる。ニット¥5990/イェッカ ヴェッカ 新宿(イェッカ ヴェッカ) パンツ¥ 1990/ジーユー ピアス¥10000・バングル¥29000/UTS PR(ノース ワークス) バッグ¥33000/ティーアンドエル(トフ&ロードストーン) 靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

岡田さん コーデ2

小物を青みのあるピンクでそろえて女っぽさをより引き立てるコーデに
赤みが強いカシスブラウンにピンクを重ねても甘すぎる印象にならないのは、カシスブラウン姫が本来持つフェミニンさに調和して一つ一つが悪目立ちしないから。ワンピのやわらかな素材感も可憐な魅力の上乗せに貢献。ニット¥2990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ワンピース¥27000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥23000・ブレスレット¥34800/LON inc.(LON) バッグ¥14000・靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

ブルべ×女顔に似合うブラウンコーデ

2.キャメルブラウンでトレンド感を

Kasumi's POINT
「夏もベージュや茶系コーデを楽しんでいた“トレンド好き”な方がアップデートするならこの色。黄みが強い色なので、顔に近いトップスよりボトムが安心」

Machi's POINT
「こっくりと深みのあるカラーは高見えにも絶大な力を発揮! ブラウンのなかでは明るいので、広い面積で取り入れても重々しく見えないのもうれしい」

キャラメルブラウンのコーデ

多くの人が持っているベージュや黒といったベーシック色のアウターとも、すんなりなじみ、ほどよく映える明るめのブラウン。「濃厚なキャラメルを飽きずに楽しむには、さわやかさや辛さも必要。そのどちらをも備えたストライプの白シャツが、ちょうどいい抜け感に」(伊藤さん)。コート¥54000/ラヴァンチュール マルティニーク 渋谷店 ブラウス¥21000/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) パンツ¥18000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥95000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) 時計¥78000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア) リング¥10000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード) 靴¥89000/ドゥロワー 青山店(マノロ ブラニク)

ヨンアが着る新しいブラウン「キャメル」

スーパーバイラーズ・石本愛衣さんに“キャメルブラウン”を着こなしてもらいました!

石本さんコーデ1

黄みを含んだライトベージュのバッグがブラウンコーデに抜け感をプラス
バッグやスカートのメタルパーツもゴールドでまとめて、全体の色みに合わせつつ着こなしをリュクスに格上げ。カーディガン¥12000・ニット¥9800/ルーニィ スカート¥7000/キャン カスタマーセンター(テチチ) イヤリング¥10000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ドンナ) ネックレス¥12000/ココシュニック バッグ¥38000/ティーアンドエル(トフ&ロードストーン) 靴¥32000/ザ・グランドインク(ロランス)

石本さん コーデ2

ボトムと靴を淡色でつなげてスタイルアップ
オレンジ系のブラウントップスを主役に、ボトムは肌なじみがいいベージュでまとめて目線を上に集めて。千鳥格子のバッグなら柄が小さいから女顔の人にもなじむ。ブラウス¥16000/ルーニィ パンツ¥21000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス¥5000/アルアバイル バングル¥43800/LON inc.(LON) バッグ¥24500/シップス インフォメーションセンター(キャロル ジェイ) 靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

イエべ×女顔に似合うブラウンコーデ

3.ココアブラウンはどう着こなす?

Kasumi's POINT
「どちらかというと淡くクリーミー。ココアというネーミングのとおり、甘めでまろやかなブラウンは、茶色の重たさや渋さが苦手なフェミニン派にも使いやすい」

Machi's POINT
「色の持つやわらかさを生かしコーデも奇をてらわず、甘めに。全体がボンヤリとしないように質感のあるレーススカートや白小物をきかせてメリハリを」

ココアブラウンのコーデ

まだまだ残暑厳しい9月は、着心地涼しく見た目は秋、な薄手のブラウンニットが活躍。「薄手&ノースリなのに寒々しく見えないのも、温かみのあるココア色のおかげ。バングルやチェーンバッグの繊細でクールな輝きが、大人っぽさにひと役買ってくれています」(伊藤さん)。ニット¥15000・カーディガン¥17000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) スカート¥35000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) バッグ¥46000/フルラ ジャパン(フルラ) リング¥24000・バングル¥27000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード)

ヨンアが着る新しいブラウン「ココア色」はどう着こなす?

スーパーバイラーズ・畑瀬愛さんに“ココアブラウン”を着こなしてもらいました!

畑瀬さんコーデ1

一段明るいボトムと白バッグを合わせればココアブラウンだって沈まない
本来は黒が得意なココアブラウン姫だけれど、パンツスタイルの日はマニッシュになりすぎないようあえて黒を使わずにまろやかな配色で仕上げて。ニット¥17000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) パンツ¥16000/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ ヴァージニア) 時計¥22000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥37000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥48000/フラッパーズ(ネブローニ)

畑瀬さん コーデ2

動きのある花柄スカートでリズム感のある着こなしに
プリントスカートはのっぺり見えを回避しながら、ワンランク上の洒落感をもたらしてくれる。ドラマチックな花柄も難なく着こなせる男顔の特権をぜひ謳歌して。ニット¥6990/プラステ スカート¥13000/シティーヒル(ルクールブラン) ピアス¥17000・バングル¥25800/LON inc.(LON) リング¥28000/UTS PR(ルフェール) バッグ¥6900/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) 靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

ブルべ×男顔に似合うブラウンコーデ

4.カーキはブラウンに寄せて取り入れやすく

Kasumi's POINT
「ミリタリー感が強いカーキも上品なブラウンと混ざることでお仕事にも使いやすい一色に。スニーカーとも相性抜群ですが大人は少しきれいめ仕上げを」

Machi's POINT
「ほどよい辛さがこなれて見せてくれるので、きれいめな服でこそ取り入れたい色。カジュアルが得意なブランドで探すのも、“いい色”に出会えるコツです」

カーキブラウンのコーデ

ともするとボーイズライクなカーキのパンツが都会的に映るのも、ブラウン混だからこそ。「とはいえカジュアルに転びがちな色ではあるので、トップスには女性らしさが高まるボウタイブラウスを。こちらもグレイッシュなベージュを選び上下のトーンを合わせたほうが、シックで素敵に仕上がります」(加藤さん)。パンツ¥27500/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン) ブラウス¥21000(ウィム ガゼット)・靴(別注)¥31000(デイト)/ウィムガゼット ルミネ新宿店 ピアス¥69000/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) バッグ¥53000/アルアバイル(ア・バケーション)

ヨンアが着る新しいブラウン「カーキブラウン」はどう着こなす?

スーパーバイラーズ・山嵜由恵さんに“カーキブラウン”を着こなしてもらいました!

山嵜さんコーデ1

淡→濃グラデ配色の縦長効果ですらり
グリーンを色石リングやバッグで取り入れれば、なじみつつも適度に華やぐ。ニット¥2990/ユニクロ パンツ¥30000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) ピアス¥31000/ココシュニック リング(人さし指)¥11000/アンティット(ルーカス ジャッ ク) リング(薬指)¥10000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード) バッグ¥14000/アディナ ミューズ シブヤ(アディナ ミューズ) 靴¥8800/ル タロン 渋谷パルコ店(ル タロン)

山嵜さん コーデ2

チュールスカートで甘さを足して濃色ブラウンを女っぽく
素材自体にハリ感がありながらも可愛らしさを演出してくれるチュールスカートで甘さを足してフェミニンに。シャープな顔立ちをしているので、レオパードのようなインパクトの強い柄がぴったり。ニット( 9月中旬発売予定)¥1990/ジーユー スカート¥45000/アナイ ピアス¥28000/UTS PR(ルフェール) バングル¥42000/LON inc.(LON) バッグ¥23000/アンティット(メゾン ヴァンサン) 靴¥20000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

イエべ×男顔に似合うブラウンコーデ

5.透けトップスからエコレザーまで、素材にこだわったブラウンコーデ

上品な女っぽさが手軽に《“透け”ブラウン》

Kasumi's POINT
「白では生っぽく、黒だとドレッシーになりがちな透けトップスこそ、茶色がベスト! 肌が見えても品があり、一枚でも着やすいので秋口から使えるのも優秀です」

大きなリボンやふわ袖など、大胆な甘さのあるブラウス

大きなリボンやふわ袖など、大胆な甘さも今年らしいブラウス。「目線を透けに集中させないためにも、ドラマチックなディテールは有効。可愛さは引き立てつつ、やりすぎ感が出ないようにシンプルなパンツで引き算を」(伊藤さん)。ブラウス(インナーのキャミソールつき)¥18000/セルフォード ルミネ新宿1店(セルフォード) パンツ¥29000/サードマガジン バッグ¥40000/トゥモローランド(ブレームライラック) イヤカフ¥10000/ハルミ ショールーム(フォート) リング(人さし指)¥11000・(中指)¥11500/ソワリー

Machi's POINT
「透け感=抜け感に直結。編み目の詰まったハイゲージもほどよく隙が生まれるので、去年とはひと味違った“洒落たニット”に見えるはず」

レオパード柄で楽しむ今どきの茶系コーデ

「いかにもな茶色ではなく、光が当たったときにほんのり感じるくらいのブラウンは、肌を入れてもきれい。色や透けでニュアンスを加えるだけでも、“毎度おなじみ”のツインニットが目新しく映ります」(加藤さん)。レオパード柄で楽しむ今どきの茶系コーデ。カジュアルなハズし役として投入したブルーのバッグも、はっとさせるポイントに。カーディガン¥26000・ニット¥19000/ebure スカート¥55000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ロイド/フォード) バッグ¥37000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ヴァジック) 靴¥59000/ベイジュ(ピッピシック)

最旬ブラウンアイテム「透けトップス」の着こなしをチェックする

《ブラウンの“エコレザー”》で頑張りすぎない洒落感を!

Kasumi's POINT
「この秋、一枚は手にしておきたいヒットアイテム。トレンド要素が強いからこそ、着慣れた服にさらっと足すくらいがおしゃれ」


Machi's POINT
「本革よりはるかに扱いやすく、お財布にもやさしいエコレザー。革独特のハードさがやわらぐのもブラウンならではの魅力です」

エコレザーのプリーツスカート

バイラ世代が狙うなら、女らしく着こなせて、種類も豊富なプリーツスカートがイチ押し。「エコレザーならではの適度なツヤや硬さは、やわらかなニットと相性抜群。ですが、今はまだ暑いのでTシャツやシャツと合わせるのが現実的。いずれにしても、どこかリラックス感のあるトップスで力を抜いて」(加藤さん)、「ハッキリ言えば、エコ=フェイク。ともするとチープに見えることもあるので、色や素材選びは慎重に。茶色というだけでも高見えはしますが、暗めの色を選んだほうが間違いありません」(伊藤さん)。スカート¥29000/インターリブ(サクラ) シャツ¥13000/ハッシュニュアンス バッグ¥124000/ジミー チュウ 靴¥30000/エディット フォー ルル(ポルセリ)

ブラウンのエコレザースカートの着こなしをチェックする

6.パンツもジャケットも今季は「チェックのブラウン」が間違いない!

手持ち服も今年らしく一新!《“チェック”のブラウン》

Kasumi's POINT
「赤などの色が入るとトラッド感が増し、かえって着にくくなることもあるので、大人は同系色のチェックで都会的に。ほどよくカジュアルに見えるのも柄のよさなので、今年は“お堅い”ジャケットでこそ挑戦する価値アリです」

チェックのジャケット

「ただでさえジャケットいらずのこの時代、ネイビーや黒といったまじめな一着は出番も少ないはず。まるでストールのような感覚でさらっと羽織れて、時間のない朝に“考えなくてもサマになる”――そんな気軽なジャケットが今の気分。大好きなデニムや旬のボウタイブラウスとの相性のよさも、購入の決め手に」(伊藤さん)。ジャケット¥178000/エディション 表参道ヒルズ店(ライト・レ・シャプライン) ブラウス¥29000/サードマガジン デニムパンツ¥32000/サザビーリーグ(マザー) バッグ¥18000/カレンソロジー 新宿(アウトーレ) 靴¥62000/ベイジュ(ピッピシック)

Machi's POINT
「茶一色よりも表情豊かなブラウンチェックのパンツ。シンプルなトップスも手軽に洒落感が出せて、似合う色も多いので、ワントーンコーデにちょっと飽きたときや手持ちの服をブラッシュアップしたいときにも最適」

チェックのテーパードパンツ

「見た目もきれいで、ヒールはもちろんローファーやバレエシューズ、スニーカーにも合わせやすい……数あるパンツのなかでも万能なテーパードシルエットは、一本持っておいて損はありません。秋冬は素材のバリエが増えるぶん、はやりのワントーンコーデも夏ほどは簡単にいかないことも。そんなとき、茶色だけでなく黒にも白にも振れるチェックがひとつあると、変化がつけやすく、着こなしの幅も広がるはずです」(加藤さん)。パンツ¥42000/マディソンブルー ブラウス¥22000/ガリャルダガランテ  表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥44000/フルラ ジャパン(フルラ)

「チェックのブラウン」着こなしをチェックする

7.「ブラウンのロングブーツ」でこの秋のおしゃれが変わる!

黒より軽やかでバランスアップ《ブラウンの“ロングブーツ”》

Kasumi's POINT
「ブーツはショートからロング丈へ。今どきの足もとは素足を見せず、“重み”を出すのがポイント。ニュアンスのあるブラウンなら重すぎず、洗練して見えます」


Machi's POINT
「茶色をはじめダークカラーの服が増えることを見越して買うなら、黒より軽やかなブラウンが妥当。肌を出さないぶん、ヒールは高めを選んで女っぽさを補足して」

ブラウンのロングブーツ

「夏のマキシから秋はミモレへと、スカート丈が短くなったことで、靴はかえって長いほうが好バランスに。色だけでなく、着方もシーズンに合わせて更新しておくことが、おしゃれ見えには不可欠」(加藤さん)、「キャメルを一段暗くしたようなブラウンは、これまでも目にしたことがある色。そんな安心感のある色だからこそ、スクエアトゥや太ヒールなど小さな変化を受け入れて、今年らしいアップデートを」(伊藤さん)。靴¥185000/ジミー チュウ ワンピース¥100000(ナタン)・ベルト¥22000(アンダーソンズ)/ビームスハウス 六本木 バッグ¥59000/アマン(ア ヴァケーション) 時計¥78000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア)

ジミー チュウのロングブーツ

靴¥185000/ジミー チュウ

「ブラウンのロングブーツ」を合わせた着こなしをチェックする

撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/ヨンア 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年10月号掲載

【BAILA 10月号はこちらから!】

【この秋買うべきブラウンまとめ】大人に似合うアイテム&色みはこれ!_21
【この秋買うべきブラウンまとめ】大人に似合うアイテム&色みはこれ!_22

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン