Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Super Bailars
  3. 谷本千晃

【話題のPRP療法】目の下のクマ改善レポート①

こんにちは!

バイラーズの谷本千晃です。

 

多くの人が少なからず自分の顔がもっとこうだったらいいなという理想はありますよね。

私の場合、長年ゴルゴライン(ゴルゴ13のように頬にある線)が悩みの種でした。

 

歳を重ねてでできたというよりも、骨格と肉付きの関係でもうほんとにぴちぴちの学生の頃からでした。

 

それに加えて最近はクマもきになってきて。

これに関しては電子書籍でのマンガの読みすぎて悪化しました。笑

 

そこでいろいろ調べた結果、PRP療法にいきついて早速治療を受けに行ってきました!

 

複数回に分けて経過をレポートしていきたいと思います。

PRP療法って?

PRP療法とは、PRPに含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し、人が本来持っている治癒能力や組織修復能力・再生能力を最大限に引き出す再生医療です。 自分の血液成分だけを用いた治療なので、免疫反応が起きにくいという点も大きなメリット。

経過レポート

治療前

【話題のPRP療法】目の下のクマ改善レポート①_1

こちらが治療直前の写真。

 

鼻の付け根らへんから頬にかけて影があるのがわかると思います。

 

カウンセリングの時に先生に目の下の脂肪とゴルゴラインが気になると伝え、症例写真を見ていると脂肪溶解注射と併用してる場合もあったのでそれを希望しました。

 

いろいろ見ていただいた結果、私の骨格的に脂肪溶解は不要でPRPだけで改善するとのことでした。

プラスでほうれい線のPRPと頬の脂肪溶解はやってもいいかもとのことだったので、先生の見立てにお任せすることに。

治療中

  • 【話題のPRP療法】目の下のクマ改善レポート①_2_1

    注入箇所にしっかり麻酔を塗ってもらいます。

  • 【話題のPRP療法】目の下のクマ改善レポート①_2_2

    そして、こちらが治療直後!顔が真っ赤になってアンパンマンのようにまんまるに。

注射の痛みは麻酔のおかげでほぼありませんでした。

ただ、液体が入ってきてるな〜というのはわかるので少し気持ち悪さはあります。

 

1番の痛みは直後のヒリヒリ感。パンパンに腫れていたので、大きな口をあけて食事をしたり、笑ったりしにくい感じでした。

5時間経ったくらいにはヒリヒリ感は収まって晴れだけが気になる状態に。

翌朝

【話題のPRP療法】目の下のクマ改善レポート①_3

私の場合、目の下はそこまで腫れがひどくなかったのですが、頬が難易度の高い親知らずを抜いたくらいの腫れかたに。

2日目

【話題のPRP療法】目の下のクマ改善レポート①_4

腫れはすこーしずつマシになってきています。その代わりにほうれい線上が内出血で黒くなってヒゲのように。

3日目

【話題のPRP療法】目の下のクマ改善レポート①_5

黒い内出血がだんだんと黄色くなって回復にむかってます。左頬の腫れはまだまだ目立ちます。目の下は内出血も腫れもあまり気になりませんでした。
 
 

ダウンタイムは1〜2週間と伝えられていたのですが、4日目以降腫れはほとんどなくなり、内出血の黄色さだけが残ってました。

 

ファンデーションで隠せるのと、マスクが定着しているので支障は全くありませんでした!

1週間後

【話題のPRP療法】目の下のクマ改善レポート①_6

そしてこちらが1週間後の写真。

 

曇りの日だったので光で飛ばしているわけではないのに、目の下の影がほとんどなくなった印象に!

 

PRP療法は自分の治癒力で徐々に効果が現れてくるものなので、実感できてくるのが2ヶ月後くらいだそう。

 

1週間でこれだけ実感できているので、2ヶ月後がほんとに楽しみです。

またその時の状態をレポートしますね!

 

もっと詳しく聞きたいなどあればインスタにメッセージください^ ^

Instagram

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン