Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Lifestyle
  3. グルメ

ゆで卵で絶品おつまみレシピ4選!【ツレヅレハナコの卵レシピ3】

卵料理に並々ならぬ愛を注ぐツレヅレハナコさんに、卵を使ったおかず&おつまみレシピを教えてもらいました。ついついワンパターンになりがちな卵料理をちょいテクで変身させちゃいます!

教えてくれるのは

ツレヅレハナコさん

ツレヅレハナコさん


強靭な胃袋を持つ女性編集者。お酒やお酒に合う料理への執着もさることながら、卵料理にも並々ならぬ愛を注ぐ。インスタグラムのアカウントは@turehana1。最新刊は『女ひとり、家を建てる』(河出書房新社)。

たかが卵、されど卵。表情多彩な、懐の広い食材です

「一人暮らしでありながら冷蔵庫に最低20個ないと不安になるくらい卵を愛しております。安いし、保存もきくし、糖質が低いのに満足感も充分と、いいことずくめ。食材としてのポテンシャルも非常に高く、火の入れ方や調理法によって表情をガラリと変えるし、あるときは主役、またあるときはほかの食材とのつなぎ役や物足りなさを埋める名脇役にもなる。今回はこれまでのマンネリなつきあい方を改め、いろいろなレシピに挑戦し、あなた好みの卵の表情を見つけてみてはいかがでしょう?」

1.卵ハーブ サラダ

じゃがいもの代わりにゆで卵をベースにしたポテサラ風。ビネガーやハーブを効かせたさっぱりバージョン。

【HANAKO】

ポテサラのベースをじゃがいもから卵にスライド

卵ハーブ サラダ

ずっとヘルシーな関係でいたいから


●材料(2人分)

卵……2個

紫玉ねぎ……1/8個

ミニトマト……6個

きゅうり……1/2本

イタリアンパセリ……2本

オリーブ油……大さじ1

白ワインビネガー……大さじ1

塩・こしょう……各少々


●作り方

①鍋に湯を沸かし、冷蔵庫から出してすぐの卵を熱湯に入れ、中火で8分ゆでる。すぐに冷水にとり、粗熱が取れたら殻をむき、4等分にする。

②紫玉ねぎは薄切り、ミニトマトは半分に切る。きゅうりは小口切りにして塩を混ぜ、約5分おいて水けをしぼる。イタリアンパセリは粗みじん切りにする。

③ボウルにすべての材料を入れ、かるく混ぜ合わせる。

2.スタッフドエッグ

ゆで卵を半分にカットして黄身を取り出して調味し、へこんだ白身に飾りつけ。前菜にもなる映えメニュー。 

スタッフドエッグ

最近マンネリぎみよね!? たまには刺激、欲しいかも♡

 

●材料(2人分)

卵……2個

アンチョビ……1枚

黒オリーブ……2粒

パセリ(みじん切り)……小さじ1

オリーブ油……大さじ1

レモン汁……大さじ1

ピンクペッパー……適量


●作り方

①鍋に湯を沸かし、冷蔵庫から出してすぐの卵を熱湯に入れ、中火で10分ゆでる。すぐ冷水にとり、粗熱が取れたら殻をむく。アンチョビと黒オリーブは粗みじん切りにする。

②卵を半分に切り、黄身だけをボウルに入れる。卵の白身とピンクペッパー以外のすべての材料を混ぜ、白身に戻し入れる。仕上げにピンクペッパーを飾る。

3.ナンプラー 味玉

ベーシックな漬け卵にナンプラーとパクチーをちょい足しするだけで、一気にエスニック料理に!


【HANAKO】

調味料に+αするだけでお酒に合うおつまみに

ナンプラー 味玉

ときには、甘い関係になりたいの♡


●材料(作りやすい量)

卵……6個

(漬け汁)  

酒・しょうゆ……各50㎖  

砂糖・ナンプラー……各大さじ1

パクチー……適量


●作り方

①鍋に湯を沸かし、冷蔵庫から出してすぐの卵を熱湯に入れ、中火で8分ゆでる。すぐ冷水にとり、粗熱が取れたら殻をむく。

②鍋に酒を入れて1分ほど沸かし、アルコール分を飛ばす。火を止め、ほかの漬け汁の材料を加え混ぜる。

③漬け汁が冷めたら密閉式の保存袋に入れ、卵を加えて1時間以上漬け、パクチーを添えて盛る。冷蔵庫で約5日間保存可。

4.韓国風茶碗蒸しケランチム

うまみたっぷりのかに風味かまぼこを入れるのがコツ。スフレのようなふわふわの口当たりとだしのうまさに心酔。


【HANAKO】

だしが効いた韓国風茶碗蒸しを電子レンジで手軽に

韓国風茶碗蒸しケランチム

今こそ卵で海外旅行しちゃわない?

●材料(2人分)

卵……2個

かに風味かまぼこ……2本

鶏ガラスープの素(顆粒) ……小さじ1

塩・ごま油……各小さじ1/2

万能ねぎ(小口切り)……適量


●作り方

①耐熱容器に卵を溶きほぐし、鶏ガラスープの素、塩、粗くほぐしたかに風味かまぼこ、水200㎖を加え混ぜる。

②①にラップをかけて電子レンジで約2分加熱する。ごま油を加えて全体を混ぜ、さらに2~3分加熱する。真ん中まで火が通ったら、万能ねぎをのせ、しぼむ前に食べる。

※電子レンジによる加熱時間は600Wを目安にしています。500Wなら1.2倍に、700Wなら0.8倍にしてください

撮影/衛藤キヨコ スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 調理/ツレヅレハナコ  取材・文/広沢幸乃 構成/渡辺敦子〈BAILA〉  ※BAILA2021年3月号掲載

【BAILA 3月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン