Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. BEAUTY
  3. ヘルス

つらいPMS、周りはどんなフォローをすればいい?【生理のお悩みに専門医が回答】

生理など女性の体や心の悩みへのアドバイスが的確でわかりやすいと評判の産婦人科医の高尾美穂先生。BAILA読者のお悩みにもお答えいただきました! 今回はPMSがひどい人へのアドバイスについて。

高尾美穂先生がアンサー PMSがひどい友人は仕事が長続きしていません。周りはどんなことをフォローすればいいでしょうか?

Q 友人にPMSがひどい人がいて、とにかく生理前は情緒不安定になり泣いたり怒ったりがひどく、仕事が長続きしていません。本人は有資格者で仕事の能力が高いのにかわいそうに思ってしまいます。周りはどんなことをフォローすればいいでしょうか。(33歳・商社 営業補佐)

A ピルをすすめるのはどうでしょう?働く30代で知らないのはもったいない

「この友人の方はPMSによって周りの人に迷惑や心配をかけていると思います。PMSはピルや漢方薬で治療できるので、フォローするというより、婦人科に行くことをすすめてください。ピルを嫌がる人もいますが、ヨーロッパでは半数程度の女性が服用していますし、コンディションをよく保つために利用しないともったいないよと伝えてみて」

答えてくれたのは
高尾美穂先生

イーク表参道副院長

高尾美穂先生


産婦人科医。婦人科の診療を通して女性の健康をサポート。アプリstand.fmの番組「高尾美穂からのリアルボイス」でも情報を発信。
著書は『いちばん親切な更年期の教科書【閉経完全マニュアル】』(世界文化社)など。

取材・原文/和田美穂  ※BAILA2021年11月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン