Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. SUPER BAILARS
  3. 今越さくら

乾燥知らずの潤い肌は名品ドラコスに頼るが吉!

乾燥知らずなドラコス4選♡

今越さくらです!

この記事に目を留めてくださり、ありがとうございます♡


エアコンによる乾燥や、外気の冷たさでダメージを受けた肌がトラブルを引き起こすやっかいな季節がやってまいりました…


今回は憂鬱な気分を吹き飛ばす安定感抜群のドラッグストアで買える最強保湿アイテム4選をご紹介します!

◆リップ編

【ひどい荒れを治す】

王道ですが、資生堂のモアリップ(1200円)は最強だと思います。

乾燥知らずの潤い肌は名品ドラコスに頼るが吉!_1

カサッカサの砂漠唇でも、皮が剥けて血が出てる世紀末の唇でも、1日中こまめに塗っていれば翌日には、いつも通りに。驚異的なスピードで唇が修復します。


騙されたと思って試して欲しい…!

モアリップにはお世話になりすぎて、足を向けて寝られないです。確実に10本は使い切ってます。


ただし、こちらは唇のひびわれやただれを治すため医薬品なので日常使いには向きません。長期間に渡り常用すると、場合によっては荒れてしまう方もいるそうなので要注意です!

【いつものメンテナンス】

もう1つオススメなのが、言わずと知れた名品・ヴァセリン(555円)

乾燥知らずの潤い肌は名品ドラコスに頼るが吉!_2

ダメージを受けた唇にはモアリップですが、ある程度治ったらヴァセリンに切り替えます。


大容量で嬉しい…!ヴァセリンは、縦皺をなぞるように指で塗り込みます。時間があるときは、上からラップを3分間ほど被せてパックします。

あっという間に枯れた唇とオサラバ!ぷるっと唇に生まれ変わります💋


唇は角質層が薄く、皮脂腺もないため、うるおいを保つ機能が脆いです。

そのため、顔中のどのパーツより乾燥の影響を受けやすく、荒れやすいと言われています。


信頼がおけるアイテムを使って労わりましょう!

◆保湿クリーム編

皮膚科で皮膚疾患の方に処方される保湿クリームといえば、ヒルドイド。非常に高い保湿効果を誇る医薬品です。美容目的で処方を望む女性が後を絶たず、問題になっているほど。


実は、ヒルドイドの類似品がマツキヨで買えます。その名も「ヒルマイルド」(1550円)

乾燥知らずの潤い肌は名品ドラコスに頼るが吉!_3

これを寝る前に塗っておけば、翌朝の乾燥知らずです!


ニベアよりテクスチャーがやわらかく、使いやすいです。人差し指の第一関節分出して、乾燥が気になる箇所に乗せてください


わたしはオイルを数滴まぜて、肌の上にのばしています!


男女兼用なので、息子さんや旦那さんともお使いいただけますよ♪

◆化粧水ミスト編

お風呂あがりの乾燥が冬場のイチバンの大敵ですよね!そこで持ってこいなのが、CNP Laboratory ビタBアンプルミスト(1650円)

乾燥知らずの潤い肌は名品ドラコスに頼るが吉!_4

わたしは浴室内で身体を拭いてから、そのまま化粧水ミストを顔から身体まで全身に吹きかけ、濡れた体を手でパッティングしています。


この時期は浴室から出ると身体が一気に乾燥してしまい、化粧水の入りがイマイチになってしまうので、まずは湿気の多い浴室内で保湿することが大事だと思っています!


このミストは、びっくりするくらいビタミンの匂いがします。(笑)

最初は面食らうかもしれませんが、香りは身体に定着しないので気にしなくて大丈夫です。


わたしはこのミストを使い始めてから、背中や二の腕などを含め、肌にニキビができにくくなったような気がしています。


敏感肌の方はキュレルもオススメです!


化粧水ミストは1本あると便利です。

背中など手が届きづらいところにも簡単に吹きかけられ、パパッと乾燥対策が取れますよ。

おわりに…

ドラッグストアコスメ(ドラコス)が最強な理由は「いつでも買いに行ける」という点


20時に百貨店が閉まっても、ドラッグストアなら22時過ぎまで開いてる。この安心感は抜群ですね。


コスパがいいという点も忘れてはいけませんが、手が出しやすい価格なのでついつい試し買いしちゃって、デパコスと同じくらいの会計になっているのが最大の罠です。(笑)


以上、今越さくらでした🌸


▶︎次のブログ更新は1月19日(水)を予定しています。


▶︎今越の過去記事はコチラをクリック♡


▶︎Instagramはコチラ(@sakura_magazine0415)


▶︎tiktok始めました!コチラをチェック♡

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン