1. BAILA TOP
  2. WEDDING
  3. 婚活ブログ

「33歳事務・独身。年下の彼は結婚する気なし。子供もほしいです。どうしたら結婚できますか?」【マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 #4】

「マッチングアプリの中のひと」として、YouTubeを始めSNSで大活躍のとーまさん。恋や婚活に悩むバイラ読者の悩みにお答えする連載、第4回目をお届けします。今回も丁寧に答えていただきました。ぜひ参考に!

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 #4とーまさん画像1

33歳、manamiです。年下の彼は結婚する気がないみたい。そろそろ子供もほしいし…どうしたら結婚できますか?

「33歳、IT系の会社で事務をしているmanamiです。

 

年下の彼氏がいるけど、仕事でやりたいことがあるらしく結婚する気がないみたい。愛が冷めてきてしまいました。別れて、ちゃんと婚活したいと思っています。今勤めている会社は社長も30代のベンチャー企業です。社員は11人で、自分以外、男性も女性もみんな結婚しているから、世間体も気になってしまいます。

ついこの間、既婚の友人が婦人科検診をして卵子年齢を調べたというので、私も調べてみました。お医者さんからは、問題はないけど、妊娠に最適というよりは、ちょっと卵子年齢は上、と言われてしまって。今までは必死にならなくても彼ができたのですが、自分もそんなにのんびりしていられない、そろそろ結婚して子供もほしいかもって思いました。

つきあう人はインスピレーションで決めるタイプで、知的な人が好みかな?という程度です。今までの彼にもあまり共通項がありません。

最近はいい人いたら紹介して、って友人にも言ってるのですが、「“なんとなくスペックが高い人”くらいしか思いつかない、どんな人が合うのかわからない」と言われてしまいました。気づいたら元彼もみんな結婚してるし…。どうしたら結婚できますか?」

僕も、友人の話を聞くといろいろ考えさせられる。

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 #4とーまさん画像2

「manamiさん、はじめまして。相談ありがとうございます。

友人の話を聞いたらいろいろ考えますよね。僕も地元に帰って既婚の友人たちと話すといろいろ考えさせられます。

それと卵子年齢を調べたということで、こういうのって男性も知っておかないといけないことですよね。

恥ずかしい話、僕も最近までは全然知らなかったのですが、鈴木おさむさんの書かれた『僕の種がない』や、田中みな実さん主演の映画『ずっと独身でいるつもり?』などの作品を通して知ることができました。夫婦になっていく2人だからこそ一緒に考えて、一緒に検査していくことが大事ですよね。

そしてmanamiさんのお悩みが「どうしたら結婚できますか?」ということで、一緒に考えていきましょう。

結婚への最短の道は、今の彼ともう1度向き合ってみること。

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 #4とーまさん画像3

まず結婚への最短の道をいこうと思ったら、今の彼ともう1度向き合ってみることだと思うんですね。

manamiさんは、彼に「仕事でやりたいことがあるらしく結婚する気がないみたい。愛が冷めてきてしまいました」とおっしゃっていますが、彼と一緒に真剣に結婚について話をしたことはありますか?

男性側の気持ちとして、30代の女性とお付き合いをしているということは多少は結婚について考えますし、仕事でやりたいことがあっても結婚する人はします。

一緒に支えあったり、高めあったりできるのであれば、パートナーがいた方が仕事がうまくいきやすかったりもします。

意外にあっさり結婚できたりもする。

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 #4とーまさん画像4

だからこそ、彼と結婚について1度ちゃんと話し合ってみてほしいです。ちゃんと話して、結婚に対してネガティブに考えていることをポジティブに変えることができたら、意外にあっさり結婚できたりもしますからね。

実際に僕の友人にゲームが大好きな人がいて、「ゲームが自由にできなくなるなら結婚したくない」と言っていました。彼にとってはそれくらいゲームが大事だったんです。

でも「ゲームは自由にしていいよ、その時間は、私は私でやりたいことやるから」と彼女さんが言ってくれたそうで、彼の中で結婚へのデメリットがなくなったから、あっという間に結婚していったなんてこともありました。

1度彼が考えていること、抱えていること、manamiさんが考えてること、抱えていることをぜひ話し合ってみてください。

どれだけ出会いを作るかだけ。

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 #4とーまさん画像5

そのあと、やっぱり彼はやめようとなったとき、あとはもうシンプルで、どれだけ出会いを作るかだけです。

manamiさんは、「お付き合いする人はインスピレーションで決める」とおっしゃっているからこそ、出会えさえすれば感覚的にわかるのではないのかと。

実際に、過去お付き合いした人たちがみんなご結婚されているということは、幸せな家庭を築いている人を選んできたので、インスピレーションは間違いないと思うんですよね。

結婚するという覚悟を決める。

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 #4とーまさん画像6

それと結婚するという覚悟を決めることだと思います。

manamiさんは「今までは必死にならなくても彼ができたのですが」とおっしゃっているということはモテていたから、1人のひとを選ばなかったというのもあるんじゃないかなと思います。

結婚するということは、1人のひとを選び選ばれることなんで、ご自身の中で選び選ばれる覚悟を決めるということが大事だと思います。

そこができたらたくさん出会いの場を作り、インスピレーションを感じた人とお付き合いしていけば結婚できるはずです。

出会いの場は今はたくさんあるので、お仕事とのペースを調整しながらぜひ頑張ってください。

manamiさんが素敵な人と出会えることを願っています。また何かあればいつでも相談してください。

 

とーま

マッチングアプリの中のひと

とーま


1992年生まれ、大分県出身。国内最大級のマッチングアプリ「タップル」を運営する会社で働く会社員。1000人の男女にインタビューした経験やマッチングアプリの運営で培ったノウハウを生かし、男性心理を的確に分析したYouTubeチャンネルが大人気。登録者数は約4.6万人(2022年2月現在)。

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK