1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE

【iDeCoの始め方1】いくら投資するか決めよう!

手厚い税制優遇を受けながら老後資金づくりができる「iDeCo」。口座開設や商品購入の手順をまとめてレッスン! 今回は、投資金額の決め方をレクチャー。働き方によって上限額が違うので要チェック。

iDeCo 始め方のステップ

《STEP1》いくら投資するか決める

《STEP2》金融機関を選んで口座開設
→STEP2の記事をチェック!

《STEP3》商品を選んで購入
→STEP3の記事をチェック!

《STEP1》いくら投資するか決める

老後まで使う必要のないお金で

iDeCoは「老後に備える自分でつくる年金」という位置づけなので、積み立てたお金は原則60歳まで引き出せません。簡単に引き出せないからこそ確実に老後資金が準備できるメリットの一方、老後資金以外の目的に使えない面も。結婚・出産・住宅購入・教育費などのライフイベント費とは別枠の老後までしばらく使わないお金を掛金に回すことを忘れずに。

働き方によって上限額が違う

加入資格掛金の上限
第1号被保険者
(自営業者・フリーランス)
月額 6.8万円
(年額81.6万円)
(国民年金基金または国民年金付加保険料との合算額)
第2号被保険者
(会社員・ 公務員)
会社に企業年金がない会社員月額2.3万円
(年額27.6万円)
企業型DCに加入している会社員月額2.0万円
(年額24.0万円)
DBと企業型DCに加入している会社員月額1.2万円
(年額14.4万円)
DBのみに加入している会社員
公務員等
第3号被保険者
(専業主婦〈夫〉)
月額2.3万円(年額27.6万円)

月々の掛金は5000円以上1000円単位で設定できる。掛金の上限は働き方などによって異なり、最も掛金の上限が高いのは自営・フリーランスで月6.8万円。会社員は、企業先の企業年金の有無により月1.2万~2.3万円。iDeCoのメリットを生かすにはなるべく多くの金額を積み立てたいが、60歳まで引き出せないことを考慮して掛金は無理のない設定を心がけて。金額の増減の変更は年に一度可能。生活設計に合わせて掛金額を変更できる

監修/井戸美枝 取材・原文/佐久間知子 ※BAILA2022年9月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK