オイリー・コンビネーション肌の人に【肌タイプ別・最新毛穴レシピ】

2019-05-12 21:00
  • 過剰皮脂ゆえのテカリ・黒ずみ・毛穴の開きは深刻。今回、美容のプロがオイリー・コンビネーション肌の人のための最新毛穴ケア方法とおすすめアイテムを教えてくれました。毛穴問題を克服して、新時代の幕開けはポアレス肌でいこう!
  • 教えてくれたのは・・・
    美容家 小林ひろ美さん
    豊富な美容知識で信頼度ナンバーワンの美容家。透明感あふれる毛穴レスな白肌は正しい知識に基づいた、日々のお手入れの賜。毛穴ケアももちろん万全。

    皮膚科医 山﨑まいこ先生
    まいこ ホリスティック スキンクリニック院長。栄養学と美容の知識からホリスティックなケアを提案。近著『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)。
  • オイリー〜コンビネーション肌の場合
    [陥りやすい毛穴状態]
    ・日中はテカリが気になる
    ・毛穴部分の黒ずみも悩み
    ・毛穴の開きが正円→縦長に進行中

    皮脂量が多いため、出入り口である毛穴周辺が開いて定着。皮脂が酸化して黒ずんだりテカることで余計に目立つ羽目に。頰骨周辺の皮膚を斜め上に引っぱって毛穴が消えたら、開きからたるみ毛穴に進行した証拠。
  • 毛穴肌
  • (上)皮脂分泌が激しく、空気にふれた皮脂が酸化して黒ずむことで余計に目立つ
    (下)年齢とともに毛穴周囲の肌の弾力が低下し、毛穴が下方向に伸びた楕円形に
  • Recipe1 油を油で制する朝のオイルクレンジング
    「進化した最新クレンジングオイルなら肌にもやさしく刺激レス。皮脂が多いTゾーン部分だけでも朝、オイルで洗うとテカリや化粧くずれ対策に効果的です」(ひろ美さん)、「夜も、洗浄力の弱いクレンジングミルクでごしごしこするより、オイルで負担をかけずに落とすほうが実は肌の負担を軽減できます」(まいこ先生)
  • オイルクレンジング
  • (右から時計回りに)備長炭が毛穴奥の汚れまで吸着し、ブラックビルベリーがやさしく角質オフ、洗うたびに透明感がよみがえる。乳化が早くすすぎが早いのもポイント。ブランクロマ ライト&ポリッシュ クレンジング オイル 150㎖¥3700/シュウ ウエムラ 希少なタマヌオイル配合。メイクの落ちやすさと保湿力を高いレベルで両立。shiro タマヌ クレンジングバーム 90g ¥6500/ローレル 温熱効果で毛穴を広げ、毛穴奥の皮脂汚れを溶かし出す。配合の植物オイル効果で潤いの保護膜を形成するので乾燥知らず。ファミュ ビューティ クレンジング バーム 50g¥4800/アリエルトレーディング
  • Recipe2 出すぎる皮脂を適量にコントロール
    「皮脂を取り去ることに力を入れがちだけど、取ったあとは毛穴を引き締めて保湿することがより大切。皮脂量は多すぎても少なすぎてもダメ。皮脂腺に直接働きかけるコスメを上手に活用して適正になるようなケアを」(ひろ美さん)
  • ジェル
  • (右から)ライスパワーⓇNo.6と収れん作用のあるユーカリ油やラベンダー油の相乗効果で過剰な皮脂分泌が抑えられ、さらさらマットなポアレス肌に。アクポレス ポアミルクジェリー(医薬部外品) 50g ¥6000/アイム 皮脂腺に直接働きかけて皮脂分泌を抑制するライスパワーⓇNo.6を配合。健全な皮脂膜が形成され、バリア機能が高まるから健やかな肌に。使いやすいジェルテクスチャーの美容液。ライースⓇクリアセラムNo.6(医薬部外品)30㎖ ¥5000/勇心酒造
  • Recipe3 酸化防止ケアとしてビタミンCを見直す
    「皮脂毛穴にはビタミンCコスメ! 抗酸化はもちろん、美白やハリUPにもオールマイティ。化粧品として塗るだけでなく、サプリメントでとるのも◎。ちなみに抑制にはビタミンB、AやEも効果を発揮してくれます」(まいこ先生)
  • ビタミン
  • (右から)「毛穴に効くビタミンCコスメなら、これでしょ」とひろ美さんも太鼓判。じんわり温かくなり、濃厚なビタミンCが肌にハリをもたらす。トランスダーマC 30㎖ ¥16000/アルロン・ジャパン ビタミンC濃度の限界に挑戦し、25%という高濃度を実現した美容液。いち早く試した美容関係者絶賛の即効性。オバジC25セラム ネオ  12㎖ ¥10000/ロート製薬 高吸収型ビタミンCを1000mg配合。飲みづらい酸っぱさを軽減したうえに、携帯しやすい個包装のパウダータイプ。メガリポVC100 2.8g×30包 ¥7800/ドクターシーラボ
撮影/ケビン・チャン スタイリスト/山本瑶奈 取材・原文/平 輝乃 ※BAILA2019年6月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords