パステル使いの名人エル・ファニングのコーデに学ぶ【日めくりセレブ】

2017-02-01 14:30
  • ©FAMEFLYNET PICTURES/amanaimages
  • <T(Time)>=寒い日の朝
    <P(Place)>=アメリカユタ州
    <P(Person)>=たくさんのスタッフと
    <O(Occasion)>=ゲストとして映画祭に出席

    「寒いユタだけど、気分は春っぽく。ピンクコートはまとうだけで旬なスタイルを目指せちゃうからヘビロテ中」
  • アメリカ屈指のスキーリゾートとして知られるユタ州。この時期、サンダンス映画祭が行われ、たくさんの人が訪れることでも有名です。ゲストとして訪れたエル・ファニングは、最近ヘビロテ中の「マックスマーラ」のピンクコートで春ムードを漂わせて。
    アラサー世代、アウターにピンクはちょっと…と感じる人も多いはず。でも、この日の彼女のコーデのように、私たちのデイリー服である黒のジャケットやパンツを合わせれば◎。もちろん、パステルトーンで淡め仕上げも素敵です。着慣れない色だって敬遠すべきではないみたい。

    “ガーリーではなく、あくまで品よく”。大人だからこそ楽しめる甘めカラーコーデ、この春ぜひトライしてみてくださいね。
テキスト/中嶋真弓
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords