スタイリスト吉村友希さんの【厳選ベーシック8着】で着回し5Days

2017-12-28 10:00
  • 2017年も残りわずか。年内にクロゼットの大整理をしたいと考えている人も多いかもしれません。すっきりとしたクロゼットを手に入れるだけでなく、少ない服でもおしゃれできるというのが理想ですよね。バイラなど女性ファッション誌で活躍中のスタイリストよっしーこと吉村友希さんがこの冬メインで着る服は、厳選に厳選を重ねた、わずか8着!!! えっ?スタイリストさんなのに?と思った方こそ、要チェックです。

    スタンダード&ベーシックなアイテムを、実際、どう組み合わせて着まわしているのか? よっしーさんの5日間に密着し、リアルな私服コーデをじっくりご覧ください!
  • いつも素敵なスタイリストよっしーこと吉村さんの着こなし技をチェックして!
  • まず、よっしーさんのこの冬活躍中の8着はこちら。少ない服でおしゃれに見せるには、アイテムの選び方にも、なるほどと思わせられる理由がありました。ちょっとしたところで差がつくものだから、詳細をチェックして自分のクロゼット整理に役立ててみましょう。
  • この8着を着回します!(アイテムの詳細は写真をクリック)
  • スタイリストよっしーの8大ベーシック服5日間着回し
  • 【day1】展示会回りは華やかさも旬感もあるベロアスカートが便利です。

    ②スローンの黒タートル + ④ATONのグレーコート + ⑥ÁERONのベロアスカート

    「このスカートはマスタード寄りの落ち着いたイエローで子どもっぽくならないところも気に入っています。ベロアに表情があるので、トップスはシンプルな黒タートルがジャスト。さらにバッグでアニマル柄を足して印象的に。アクセサリー感覚で持てる小さなバッグはもともと好きで、今季はこれにひと目ぼれしました」

    【day2】撮影後の夜に女友達と食事の日。シックなデニムコーデが活躍。

    ②スローンの黒タートル + ⑤AP STUDIOのネイビーコート + ⑧RE/DONEのブラックデニム

    「この日のテーマは、カジュアルなデニムをシックに大人っぽく着ること。インは黒タートルと黒デニムでワントーンをつくり、ネイビーのロングコートをさらっと。コートは歩くと裾が揺れてムードが出ます。アニマル柄バッグとボルドーパンプスで華やかな女らしさを足しました」

    【day3】次の企画の打ち合わせ。白スウェットを主役に

    ①チャンピオンの白スウェット + ⑤AP STUDIOのネイビーコート + ⑦オーラリーのコーデュロイスカート

    「白スウェットにコーデュロイのタイトスカート。どちらもカジュアル寄りのアイテムだけれど、ぱっきりとした白の色みと、スリット入りタイトスカートの形で女らしく着られるんです。耳には大ぶりのピアスをつけ、ファーバッグと合わせてさらにコーディネートを盛り上げました」

    【day4】天気のいい休日は小物でカジュアルにシフト

    ③オーラリーのグレー短丈ニット + ④ATONのグレーコート + ⑧RE/DONEのブラックデニム

    「休日、外に遊びに行くときはデニムにコンバースが定番!今季買ったファーバッグと『クレデュクレ』のターバンでさらにカジュアル気分を盛り上げ。コートのインには短丈のニットを合わせれば、腰位置が高くなりぺたんこ靴でもバランスアップできます」

    【day5】リース回り。ロング丈でつくる旬なシルエットを楽しんで

    ③オーラリーのグレー短丈ニット + ⑤AP STUDIOのネイビーコート + ⑦オーラリーのコーデュロイスカート

    「ロングタイトスカートに合わせても丈バランスがちょうどよく決まるロングコートは、やっぱり便利です。全体の印象が重たくならないように、トートバッグの白で軽やかさを足して。ヤエカの白トートは生成りのものでなく、パキッとした白が欲しくて探したものです」

  • 「2~3年着ていない服はもう着ません! 旬度のある服と定番服だけ残して」
  • 【よっしーのクロゼットミニマル化鉄則5カ条】
    ① 2〜3年着ていない服は手放す!
    ② もうトレンドでない形・素材も手放す
    ③ アウターは5年着ていなければ見直しを
    ④ 似たような服はひとつにしぼって
    ⑤ 数はトップス3、ボトム3、アウター2がベスト
  • 「『もうずっと着ていない服も、いつかまた着るんじゃないかと思って捨てられない』という声をよく聞きますが、2~3年着ていなければもう着ません!アウターだけは、5年間くらい着られるので、それより長く着ていなければ見直しています。もう終わってしまったトレンドの形や素材・ディテールの服も、クロゼットの鮮度を落としてしまうので整理が必要。どこかに今らしさがある服、そして自分にぴったり合う定番服だけ残せば、服はミニマルでも充分おしゃれが楽しめます!」とよっしーさん。ぜひ、よっしー’sルールでクロゼットのミニマル化、やってみてくださいね!!
  • 発売中のBAILA1月号では、他にもよっしーさん発のミニマルクロゼットの作り方がたくさん特集されています!ヘア&メークアップアーティストの小田切ヒロさん監修で既に大好評の「Piro's小顔かっさ」、そして鏡リュウジ先生の占い別冊もついてくる豪華な内容。ぜひ本誌もご覧くださいね!
撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/TOMIE〈nude. 〉 スタイリスト/吉村友希 ※クレジット掲載のないアイテムは私物です
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up