1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. アイテム・コーディネート

働く30代の「洒落感ベーシック」とは?パンツ派へ転向&ユニクロ愛用が今のリアル!

「ベーシックでいいものには憧れるけど、ただのシンプルでは物足りない」という30代に相応しいスタイルは「洒落感ベーシック」。30歳を過ぎて、体のラインをきれいに見せてくれるパンツと、今っぽいベーシックアイテムが揃うユニクロに回帰する人が多数!

体を断然きれいに見せてくれることに気づいて30歳を過ぎて、スカート派からパンツ派へ転向。試着室では360度厳しくチェックするようになった

はくだけで、自信になる。凜としてきれいなパンツにはそれくらいパワーがある!

はくだけで、自信になる。凜としてきれいなパンツにはそれくらいパワーがある!
ジャストバイラ世代の女性デザイナー坂上典子さんが手がける「ミースロエ」のパンツは、ハイウエスト設計や立体感あるタックなど今の気分を込めた美しさ。パフィーなアウターやオールホワイトでかっちりコンサバに着なくても、ちゃんと大人で、ちゃんと上品。パンツ¥20900/ミースロエ コート¥99000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(シックスバイワン コペンハーゲン) カットソー¥10450/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ザ ポーズ) バッグ¥16500/ガリャルダガランテ 表参道店(2.718) 靴¥53900/ebure GINZA SIX店(ペリーコ)

好きなコーディネート ランキングでも、ワイドパンツが毎月上位に!

好きなコーディネートランキングでも、ワイドパンツが毎月上位に!
(左)9月号で1位(右)10月号で2位
最近は「好きなコーディネートランキング」でもパンツ派傾向が顕著に。特にワイドパンツをワントーンやワンツーで着こなすコーデが人気で、「頑張りすぎない」「抜け感」といった洒落感ベーシックなマインドが反映されているもよう

シンプルで形がきれいなものに惹かれるようになった。だから、年々ユニクロが好きになる

たとえば、デニム。永遠で普遍のベーシックこそ圧倒的に頼れるブランドで

たとえば、デニム。永遠で普遍のベーシックこそ圧倒的に頼れるブランドで
現在大バズり中と噂のバギーデニム。単なる“美脚”ではなく、“おしゃれな体型”に見えるようアップデートされたシルエットはさすがのひと言。リッチ感あるコートやバッグをラフに合わせるハイ&ロー的感覚も、洒落感ベーシックの楽しみ。パンツ¥3990/ユニクロ コート¥341000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥19800・バラクラバ¥9900/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ザ ポーズ) バッグ¥107800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥49500/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ペリーコ)

ユニクロをとびきり素敵に着る バイラーズ、急増中!

ユニクロをとびきり素敵に着るバイラーズ、急増中!
(左)加納頌子さん(右)畑瀬 愛さん
「美シルエットや高見えぶりに一段と磨きがかかり、ほかのプチプラブランドより着る頻度が圧倒的に増えました」と加納さん。「このジャケットを着ていると褒められることが多いです」という畑瀬さんはパンツもユニクロ。ハイブランドの小物を合わせるのも素敵!

撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/佐藤晴美 ※BAILA2023年1月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み