地元に戻った理由は?生活はどう変わった?【ハッピーUターン リアルレポート①】

2019-04-18 18:00
  • ライフスタイルとして「いつか地元に帰る」30代が現在急増中! 実際のところUターンってどうなの? 地元に戻って働くことを決め、現在幸せに過ごしている方を取材しました。
  • 【アラサー女子、ハッピーUターンのヒケツ 】

  • 行動すれば答えは出る、と自分を信じてとにかく動く! 動いたら、選択肢がクリアに
  • 中村由衣さん
  • デザイン制作会社勤務 中村由衣さん(33)
    東京都⇒石川県 (2年前)

    ーUターンの準備期間は?
    1ヵ月ほど
    「ちょうど東京で転職活動をしていた最中に父の訃報を受け、 『これがタイミングだな』と決意。翌月にはUターンしていました。戻った直後は一時実家で暮らしていたので、Uターン自体の費用はほとんどかかりませんでした」

    ー仕事について
    ファッションブランドPRから未経験のデザイン制作の仕事に!
    「転職先を探していると、周囲からいろんな企業を紹介されて。人と人の距離が近くて話が早い。紹介された『コムラボ』というデザイン制作の会社に無事就職。未経験の業種でしたが、勉強して資格を取得。インデザインやフォトショップの使い方をマスター! 今は広告やサイトのデザインを制作」
  • オフィス
    オフィスも広々!
  • ーお金関係
    収入は減ったけど、東京にいたころよりも生活が豊かに
    「東京と比べそもそもの給与相場が低いこともあり、年収は100万円以上ダウン。そして北陸新幹線開通以来、金沢の地価は上昇傾向。とはいえ東京に比べたら家賃は安いし、なにより無駄なお金を使わなくなった。以前は買い物や外食など、あまり考えず浪費していたと思います……」

    ー食生活
    無理せず自炊が習慣に。やせたうえ、ストレス発散も
    「お水もお米もお魚も。とにかく食べ物がおいしい。 しかも安い! 東京では『自炊しなきゃ』と奮起して台所に立っていたけど、今は無理せず習慣化。しかも友達の実家が農家だったりして、『これ持ってきなよ』と野菜やお米をもらうことも。自然にやせて、肌の調子も上々」
  • 自炊
  • ー寂しくない?
    ゼロじゃないけど、東京にいてもゼロじゃないですよね
    「戻ってしばらくはSNSを開けなかったけれど、今は大活躍。東京の友人ともお互いの近況をやり取りできる。オンラインショップもあるし、買い物も困っていません。そして、会いたい人には新幹線に乗って会いに行けばいい。そういう意味では東京にいても石川にいても同じです。まったく寂しさを感じないと言えば噓になるけれど、それはどこに住んでもゼロになるものではないから」

    ーUターンしてよかった?
    大変なこともあったけど、 地元に戻って本当によかった!
    「戻ってからは、家族のことや就職のこと、そして7年ぶりの地元の変化についていくこと、ばたばたしどおし。でも、今は自分の感覚に従って地元に帰って本当によかったと断言できます。本当に、帰ってきてよかった!」


※BAILA2019年5月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords