Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. 特集

【#ぼっち】のほうが100倍楽しめる7のこと

「ひとりぼっち=寂しい」なんて、もはやナンセンス! 自分時間を有効に使って、他人と一緒では味わえない充実感を堪能しているアラサー世代、実は大勢いるんです! 大好評発売中のBAILA10月号にてご紹介中の特集「#ぼっち好きによる#ぼっちのための#ぼっちっていいね!」では、そんなぼっち上手な人のぼっち事情を徹底リサーチ!

「ぼっち」の方が集中してひとつのことを楽しめる!

【人気ぼっち活①:ひとりごはん】
たとえば、大好きなフードを集中して食べたいときは「ぼっち」に限る!?

「集中してガッツリ食べたい丼ものはひとりが最高!」(35歳・大学教員)
「中華料理はぼっちと決めている。麻婆豆腐や陳麻飯など、汗だくになる食べ物は、メイクくずれを気にせずに思いっきり食べたいので!」(28歳・ウェブデザイン)

...など、とくに「ひとりごはん」のぼっち人口度が高いことが判明!
ほかにも、観劇、美術館、フェス、カラオケ、旅など、フットワーク軽く「ぼっち」を楽しむアラサー流積極的ぼっちの流儀は、ぜひ本誌でお楽しみくださいね。

女性一人のほうが楽しめる! 初心者歓迎ぼっち活&スポット

【人気ぼっち活②:ひとカラ】「ストレス発散にぴったり!」と多くのアラサー世代が口をそろえる「ひとりカラオケ」。他人の目や上手・下手を気にすることなく、好きな曲を好きなだけ思いっきり歌えます! 平日の空き時間などをうまく利用して。
【人気ぼっち活動③:ひとりっぷ】国内でも海外でも、ひとり旅のほうが確実に人との出会いが期待できます。自分のやりたいことにフォーカスした時間の使い方ができ、ひとりだからこそ、いろいろ調べることで現地への理解が深まり、旅がより濃いものに。アラサー世代に人気の旅先は京都、台北、パリなど。
【人気ぼっち活④:ひとりBAR】 ぼっち女子が集うと噂のバーへ潜入。ひとりで来ていた女性曰く、「平日の夜、女友達とごはんに行ったあとでも、ここへ来てぼっちシメ会をして帰宅。友達と余計な話をすることなく、純粋にマスターのカクテルを楽しみたいから!」。
>>>小松菜のカクテルなどヘルシーなドリンクが多く、これを楽しみに訪れる女性のひとり客が多いのだそう。イケメンマスターの作る自家製シロップのカクテルが人気! 【TANUKI TO WOLF】東京都港区西麻布3-21-24-7F ☎03(6804)2927
【人気ぼっち活⑤:寺活】 働く女性の疲れた心と体を癒す「寺活」が話題! 「負の感情」を書きだすことで心の平穏を取り戻すワークショップなど、現役住職による多彩なプログラムを展開しています。 【寺子屋ブッダlab】contact@i-crt.jp
【人気ぼっち活⑥:暗闇ヨガ】 「暗闇なのでより集中力が高まる」「汗だくになっても人目を気にしなくていい」と評判の暗闇ヨガ。筋トレや有酸素運動を取り入れたNY発の最先端ヨガにはダイエット効果も! 【BEING YOGA】東京都渋谷区渋谷2-19-20宮益坂村瀬ビル5F ☎03(6433)5634
【人気ぼっち活⑦:漫画喫茶】 女性利用率53%以上という、18歳以上限定の大人のための漫画喫茶。カフェメニューも充実しているうえ、フリードリンク&フリーWi-Fi。防音完全個室でセキュリティも万全! 【Hailey's Cafe渋谷】東京都渋谷区宇田川町13-11 KN渋谷1ビル7F ☎03(3463)1982
いかがでしたか? ぼっちの楽しみを追求してきたコラムニストの朝井麻由美さんによると、ぼっちの最大の魅力は「他人に気をつかわず、目の前のコンテンツを最大限に楽しめること」。本誌では目からウロコのぼっち論を教えてくれています。ぜひお見逃しなく!
イラスト/ 船越谷香 原文/堀朋子