Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Beauty
  3. ヘルス

冷えを防ぐ最新&名品温活グッズをリサーチ!【30歳からのフェムケアノート2】

女性「female」と技術「technology」をかけ合わせた造語「femtech」は、女性特有の健康問題を技術で改善する製品やサービスを指すジャンル名。毎月の生理をより快適に過ごすための最新トピックスを連載でご紹介! 今回は腰まわり温活グッズをご紹介します。

BAM(バム)ちゃん

BAILA FEMCARE NOTEBOOK
イメージガール
BAM(バム)ちゃん

バイラ世代504人にアンケート!

【2020年10月27日〜11月2日、BAILAメルマガ会員にアンケート。27〜39歳の258人が回答】

Q 特に冷えがつらい部分は?

足先・足指 29 %    手・指先 25%  足首 13%  お尻 10%  おなかまわり 下半身全体 9%   首もと 4%   その他  1%

 足先・足指 29 %
 手・指先 25%
 足首 13%
 お尻 10%
 おなかまわり 下半身全体 9%
 首もと 4%
 その他 1%  

冷えが気になる部位としては、体の末端である手足が半数を占める結果に。季節関係なく悩む女性は多いよう

Q 意識して行っていることは?

毎日必ず湯船につかる(31歳・IT人事)
寝るときは腹巻きとレッグウォーマーをつける(27歳・サービス業)
「首」とつく部位を冷やさない(34歳・金融)
生姜湯、白湯を飲む(32歳・薬剤師)

Q 自分は冷え性だと感じていますか?

感じる 68%  どちらかと いえば感じる 24%  どちらかと いえば感じない 7%  感じない  1%

感じる  68% 
どちらかといえば感じる  24%
どちらかといえば感じない  7%
感じない  1%

こちらのアンケートでは、なんと全体の92%が冷え性だと感じていると判明。日ごろからお風呂や飲み物、あったかアイテムを駆使して意識的に対策している人も多かった

【最新温活グッズ1】あったかショーツ

最近、増えている温め機能のあるショーツや、サニタリーショーツ。温め効果のある素材を使っていたり、おなかまで温める腹巻き一体型になっていたり、そけい部を締めつけない構造になっていたりと、冷えを防ぐ工夫がいっぱい!

オンドミュウビューティーショーツ

Ondemiu  オンドミュウ シグネチャー ショーツ

Ondemiu オンドミュウ
会陰まで包み込む長めのクロッチで、マチには蓄熱素材α-オーラ®わたを使用。脚まわりは布をクロスさせ、そけい部を締めつけない。着用15分後には温感度が約3℃上昇するというデータも。美尻をつくる立体3D縫製。各¥5000/シルキースタイル

ホクホク! サニタリーショーツ

body hints  ボディヒンツ ホクホク! サニタリーショーツ

body hints  ボディヒンツ
下腹部と腰部に遠赤外線が放射される植物性炭素繊維「メディカーボン®」のパッドが縫いつけられ、温熱効果でポカポカに。炭の効果で抗菌や消臭機能も。ウエストと脚口はゴムを使わない折り返し仕様で締めつけ感なし。¥4900/タカギ

ソフィ オーガニック W温活ショーツ

unicharm ユニ・チャーム ソフィ オーガニック W温活ショーツ

unicharm ユニ・チャーム
腹巻き機能もあるオーガニックコットンのサニタリーショーツ。ショーツ内側の温感素材と、腹巻き部分のリブ編み素材でダブルで温め。ナプキンがズレにくい極ぴたフィット構造。¥2980(編集部調べ)/ユニ・チャーム

【最新温活グッズ2】あたためアイテム

おなかや腰まわりやデリケートゾーンなどに当てるだけでポカポカになるグッズは、冷えた体を素早く温められるので便利。生理痛も温めると緩和しやすいともいわれているので、常備しておくのが◎。

ぽっかぽか温めオーガニックライナー

ぽっかぽか温めオーガニックライナー

カイロがついたパンティライナー。ライナーの裏にカイロを貼り、ショーツにセットするだけ。トップシートはオーガニックコットンを使用。7セット入 ¥858/ナチュラムーン

あずきのチカラ

あずきのチカラ

ハート形の中にあずきが入っていて、電子レンジで温めておなかに当てると天然蒸気でじんわり温まる。裏表で高温面と低温面があり、目的や気分で使い分け可能。¥1100/小林製薬

よもぎ温座パット

よもぎ 温座パット

よもぎが配合されたナプキン型温熱パット。専用発熱体で温めて下着につけると手軽に“よもぎ蒸し”気分に。¥943/グラフィコ

温活ショーツブランドを立ち上げた山田さんにインタビュー!

山田奈央子さん

株式会社 シルキースタイルCEO 下着コンシェルジュ

山田奈央子さん


下着をファッションとして楽しむ海外女性の姿に影響を受け、“下着を女性の価値観や生き方を変えるアイテムに”という思いで長年下着の企画・開発に携わる。

編集バタコ(以下)温活ショーツの「オンドミュウビューティーショーツ」を作ろうと思った、具体的なきっかけは何かありますか?

山田さん(以下)下着の開発を通して、冷えや生理痛、不妊や不眠など、ちょっとした体の不調に悩む女性がとても多いと感じていました。そこでまず、女性の不調をケアする「トータルボディオロジーサロンOnde」をつくったんです。冷えに悩む女性の大半がそけい部のリンパや血流が滞っていると知りました。それはショーツのゴムによる締めつけが一因、なんですよね。そこから新しいショーツの開発は女性の不調改善につながるだろうと気づいたんです。


 当たり前にはいているショーツが冷えの一因なんて、考えたことがありませんでした!

 このショーツは股間のクロッチ部分が大判のひょうたん形なので、温め効果のツボもある“会陰”まですっぽりカバー。マチには岩盤浴でも使われる蓄熱素材を入れ込み自分の体温でじんわりとひだまりのように温まります。そけい部はレース2枚をカシュクールのようにクロスさせ、動きに合わせて伸縮するので、締めつけず血液やリンパの流れも邪魔しません。ヨガをするときに開脚がしやすいという声もよくいただきますし、歩くときの歩幅も広がります。


 はくだけで温まるって画期的ですね!


 使ったら生理痛が楽になったという声や、カイロがいらなくなったとか、夜中にトイレに起きなくなったという声も多いです。気持ちも上がるようファッション性にもこだわりました。


 レースが可愛くて、普通のブラにも合いそう!冷え性の私の強い味方になりそうです。

撮影/伊藤奈穂実  イラスト/conix 取材・原文/和田美穂 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉  ※BAILA2021年2月号掲載

【BAILA 2月号はこちらから!】

アマゾン
冷えを防ぐ最新&名品温活グッズをリサーチ!【30歳からのフェムケアノート2】_11

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン