Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. グルメ

フライパンひとつであっさり煮込みレシピ3品!【黄川田としえさんの簡単レシピ2】

多彩な調理ができるフライパンを食卓にそのままサーブできる“ごちそうレシピ”を料理家の黄川田としえさんに教えていただきました。今回は、あっさり気分の日におすすめの煮込みレシピをご紹介します。

教えてくれるのは

黄川田としえ(TOSHIE KIKAWADA)

黄川田としえ(TOSHIE KIKAWADA)


料理家・フードスタイリスト。「フライパン調理は、火加減に気をつけること。ふたを上手に活用するのが時短&ふっくらジューシーに仕上げるコツです。食卓にそのままサーブし、あつあつを召し上がれ」。

『ホットプレートひとつでごちそうごはんができちゃった100』

黄川田さんの近著『ホットプレートひとつでごちそうごはんができちゃった100』(主婦の友社)。

1.【25分でできる!】鮭とあさりの和風ブイヤーベース

鮭とあさりの和風ブイヤーベース

うまみたっぷりの食材を贅沢に使って


●材料(2人分)

生鮭……2切れ

あさり(砂抜きずみ)……10個

玉ねぎ……1/4個

ブロッコリー……1/4個

ミニトマト……8個

しょうが……1/2かけ

酒……大さじ1

和風だし(顆粒)……小さじ2

しょうゆ……小さじ1

塩……少々

サラダ油……小さじ2


●作り方

①生鮭に塩をふる。玉ねぎはみじん切り、ブロッコリーは小房に分け、しょうがは薄切りにする。

②フライパンにサラダ油を入れて弱めの中火で熱し、生鮭を両面さっと焼き、あさり、玉ねぎ、酒を加える。ふたをしてあさりの口が開くまで蒸し焼きする。

③ふたを外し、水500㎖、和風だし、しょうゆ、しょうが、ブロッコリー、ミニトマトを加え、約8分煮たら、塩で味をととのえる。

2.【25分でできる!】鶏肉と野菜のスパイス煮込み

鶏肉と野菜のスパイス煮込み

スパイスが心地よい刺激。ひよこ豆がアクセントに


●材料(2人分)

鶏もも肉……1枚

セロリ……1/3本

パプリカ……1/2個

玉ねぎ……1/4個

しょうが……1/2かけ

ひよこ豆(水煮)……100g

塩……小さじ2/3

カレー粉……小さじ1

黒こしょう……少々

オリーブ油……小さじ2 


●作り方

①鶏もも肉は黄色い余分な脂を取り除いたら一口大に切る。半量の塩、半量のカレー粉、黒こしょうをもみ込む。

②セロリは1㎝厚さの斜め切り、パプリカと玉ねぎは乱切りに、しょうがはみじん切りにする。

③フライパンにオリーブ油としょうがを入れて中火で熱し、香りがしてきたら鶏肉の皮目を下にして焼く。②の野菜とひよこ豆、残りのカレー粉を入れ、全体に油が回るように炒める。

④水350㎖と残りの塩を加え、鶏肉がやわらかくなるまで約10分煮込む。

3.【20分でできる!】白菜と豚肉のナンプラー煮込み

白菜と豚肉のナンプラー煮込み

冬の定番レシピがナンプラーで異国風に


●材料(2人分)

豚肩ロース薄切り肉……200g

白菜……1/6個

しめじ……1パック

まいたけ……1パック

干ししいたけともどし汁(400㎖の湯 でもどしたもの)……3個

しょうがのすりおろし……1/2かけ分

酒……小さじ2

ナンプラー……大さじ1

塩……小さじ1/3

パクチー……10本

ピーナッツ……15粒

サラダ油……小さじ2

ごま油……小さじ1


[鍋のもと]

コンソメスープの素(顆粒)……小さじ2

鶏ガラスープの素(顆粒)……小さじ2

酒粕……大さじ2

酒……大さじ2

みりん……大さじ2

白すりごま……大さじ3

すりおろしにんにく……大さじ1

調製豆乳……300㎖

水……100㎖


●作り方

①白菜は3㎝角のざく切りに、しめじとまいたけは根元を取って小房に分ける。干ししいたけは石づきを取り4等分に切り、パクチーは3㎝長さに切り、ピーナッツは包丁で刻んでおく。

②フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、豚肉を広げて焼く。白菜、しめじ、まいたけ、しいたけとそのもどし汁、しょうが、酒、ナンプラーを入れ、約10分煮る。

③塩で味をととのえたらごま油をまわしかけ、ピーナッツとパクチーを飾る。

撮影/キッチンミノル スタイリスト/曲田有子 調理/黄川田としえ 取材・原文/広沢幸乃 構成/松井友里〈BAILA〉 ※料理はすべて直径約24~26cmのフライパンを使用  ※BAILA2021年2月号掲載

【BAILA 2月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン