Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. BEAUTY

【ベストコスメ受賞のMEに敏感肌タイプが仲間入り】イプサからデリケートな「私」のためのスキンケア、誕生

酸素リッチなときの健やかな肌を目指す9代目MEに続き、不調を感じやすいデリケートな肌のための「ME センシティブ」が誕生。デリケートな肌特有の酸素活用プロセスに着目し、透明感あふれる肌を目指す。

【ベストコスメ受賞のMEに敏感肌タイプが仲間入り】イプサからデリケートな「私」のためのスキンケア、誕生_1

イプサ ME センシティブ

バリア機能が低下した肌と酸素の関係に着目し、健やかな肌を目指すためOX-ME成分SE(保湿成分)を配合した化粧液。皮脂膜をサポートするコメ胚芽油コンプレックス(エモリエント成分)※1を皮脂分泌能力に応じて配合。4種類の中から自分の肌状態に合った1本が選べる。

全4種 175mL 各¥6050/イプサ(表示価格は以下すべて希望小売価格です)

 

デリケートな肌のための低刺激設計無香料/無着色/鉱物油・界面活性剤・アルコール無添加 ※敏感肌の方によるパッチテスト済み(すべての方に刺激がないわけではありません) ※ノンコメドジェニックテスト、アレルギーテスト済み(すべての方にニキビができない、アレルギーが起きないというわけではありません)

素という身近な存在でありながら、それが肌に果たす役割の重要性をこれまで知らずにいた私たち。イプサ MEの登場により、酸素レベルの違いが肌のハリやうるおい、透明感の差へとつながっていくことを初めて知った。そして今回、イプサの先端の研究から新たにわかったこととして、何かとゆらぎやすくデリケートな肌ではエネルギーが、細胞成熟のために活用されていないという事実だ。

未成熟な細胞は角層のバリア機能が低下し、うるおいも逃げやすい。それゆえさらに外的刺激を受けやすくなる……という悪循環に陥ることに。

このような状態のデリケートな肌のために誕生したのが、新たに発売された「ME センシティブ」。バリア機能が低下した肌と酸素の関係に着目。健やかな肌状態へ導くための「OX-ME成分SE」(保湿成分)※2を配合。さらに個々の肌の皮脂分泌能力に応じて皮脂膜をサポートするコメ胚芽油とエモリエント成分を配合し、1人ひとりの肌状態に応じたアプローチを実現している。ME センシティブがデリケートな肌をうるおいとともにサポートし、健やかで美しい肌へ導く。マスク生活や花粉の季節などタフな環境を生きる肌のために、今、届けたいスキンケアだ。

※ 1:コメ胚芽油、水添ポリデセン

※ 2:アラントイン、イザヨイバラエキス、エリスリトール、グリセリン

ゆらぎが気になる春先も、ブレない肌でいられる予感…!

【ベストコスメ受賞のMEに敏感肌タイプが仲間入り】イプサからデリケートな「私」のためのスキンケア、誕生_2

春は乾燥が進むだけでなく、肌がムズムズして、きれいになるチカラが落ちる感じ。
顔の中心部は皮脂が多く、それ以外は乾燥する混合肌なので私にはME センシティブ 2 が合いました。
なじみがよくて、すぐメイクしてもヨレないのもうれしいですね。

── 比留川游

セットワンピース¥12100/リリアン カラット ピアス¥8500/ソムニウム

MEスペシャル ページはこちら

美容のプロも頼りにしてる

イプサ
ME センシティブ
見つかる、私のための1本

「エイジングを加速させないためには、外的な刺激やダメージをできるだけ避ける」。そして「不調に陥ったときは、素早くリカバリーできるような対策をする」。
これが長年、美容業界で活躍しているプロたちのバリア機能低下肌から脱するためのセオリー。花粉などの空気中の微粒子も気になる春、カサつきがちな肌のケアの新たなチョイスとして、名前が挙がったのが「イプサ ME センシティブ」。たっぷり、しっかり。うるおいとともに皮脂膜をサポートして、健やかな美しさを目指して。

ビューティエディター 松本千登世さん

それはそれはやわらかいテクスチャーがじゅわっと包み込んですーっと広がる心地よさ。心のピリピリ感、カサカサ感まで和らぐような化粧液です

美容ライター 前野さちこさん

肌が不安定になりがちな春先、どんな肌状態でも受け入れてくれる懐の深い、優しいテクスチャーがありがたい。私を土台から支えてくれる感じ

トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

ゆらいで乾き、スキンケアを受け入れにくい肌に使いたい化粧液。キメまで濃密なうるおいで満ちた、透明感あるふっくら肌への期待が高まりそう

【ベストコスメ受賞のMEに敏感肌タイプが仲間入り】イプサからデリケートな「私」のためのスキンケア、誕生_3

皮脂分泌力 51〜: −
イプサ ME センシティブ 1(右)

保湿成分OX-ME成分SEを配合。皮脂膜が充分につくられるため、コメ胚芽油コンプレックス(エモリエント成分)は無配合。さっぱりしたテクスチャーで肌に心地よくなじむ。175mL ¥6050/イプサ

皮脂分泌力 35〜50 : +
イプサ ME センシティブ 2(左)

保湿成分OX-ME成分SEとコメ胚芽油コンプレックス(エモリエント成分)を配合。みずみずしいテクスチャーで肌にうるおいを与える化粧液。175mL ¥6050/イプサ

【ベストコスメ受賞のMEに敏感肌タイプが仲間入り】イプサからデリケートな「私」のためのスキンケア、誕生_4

皮脂分泌力 18〜34 : ++
イプサ ME センシティブ 3(右)

保湿成分OX-ME成分SEとコメ胚芽油コンプレックス(エモリエント成分)を配合。まろやかなテクスチャーで肌を心地よく満たす化粧液。175mL ¥6050/イプサ

皮脂分泌力 〜17: +++
イプサ ME センシティブ 4(左)

皮脂が足りない肌には保湿成分OX-ME成分SEとコメ胚芽油コンプレックス(エモリエント成分)を配合。とろみのあるテクスチャーでしっとりうるおう化粧液。175mL ¥6050/イプサ

肌測定器イプサライザーで
"酸素レベル"測定が可能に

良好なメタボリズムのカギが酸素レベルにあることに着目したイプサ。独自の肌測定器イプサライザーでは、これまでの水分保持力や皮脂分泌力に加えて"酸素レベル"も測定が可能に。あなたにぴったりのME、ME センシティブが選べます。
※最新の店頭での測定に関する情報は、イプサ公式サイトをご確認ください

バイラーズもお試し!

MEスペシャル ページはこちら
オンライン カウンセリングはこちら

●お問い合わせ先/イプサお客さま窓口 ☎0120-523543

撮影/嶌原佑矢(人)、西原秀岳〈TENT〉(物) ヘア&メイク/AYA〈ラ・ドンナ〉 スタイリスト/笠原百合 モデル/比留川游 取材・文/平 輝乃 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉


\イプサが着目/

ゆらぎ肌改善のカギは、
酸素活用プロセスにあった!

花粉や大気汚染物質が舞う春は、肌がゆらいでしまうことが増える時季。ましてや常時マスク生活の今、肌への負担は相当なもの。そんなゆらぎ肌を改善するにはどうすればいいかをイプサとともに探ります!

着目点!

炎症により、酸素エネルギーをうまく
活用できないと細胞が成熟しづらい

エネルギー産生には酸素が必要
細胞活動に酸素が必要なことはご存じのとおり。みずみずしいうるおいとハリのある健やかな肌を育てるにはエネルギーが欠かせません。

  • 【ベストコスメ受賞のMEに敏感肌タイプが仲間入り】イプサからデリケートな「私」のためのスキンケア、誕生_5_1

    【健康な肌】
    エネルギーは細胞が成熟するために使われる

    健康な肌細胞は、酸素を活用してつくられたエネルギーを細胞が成熟するために使うことができるので、バリア機能がきちんと働き、ちょっとやそっとの刺激にもゆらぎにくい状態をキープ。角層のうるおいを保ちやすく、ハリ指標も高く、見た目にもフレッシュな肌に。

  • 【ベストコスメ受賞のMEに敏感肌タイプが仲間入り】イプサからデリケートな「私」のためのスキンケア、誕生_5_2

    【肌あれを起こしている肌】
    肌あれによる炎症にエネルギーが使われてしまう

    バリア機能が低下した肌では炎症にエネルギーが消費されてしまう。その結果、細胞の成熟のためには酸素が活用されず、充分なバリア機能が形成されません。そのため、角層が水分を保持できず、乾燥したハリ感のない肌に。

【ベストコスメ受賞のMEに敏感肌タイプが仲間入り】イプサからデリケートな「私」のためのスキンケア、誕生_6

炎症を抑え、細胞の
エネルギー不足を防ごう!

炎症により細胞成熟に必要なエネルギーが不充分となった肌細胞は未成熟な状態となり、バリア機能が低下。刺激を受けやすくなり、炎症を繰り返すことに。まずはこの炎症を抑えることが、健康な肌を育てるための最重要課題。


ゆらぎ肌改善に
2つのアプローチ

炎症が引き起こす酸素活用プロセスの乱れ→細胞の未成熟→バリア機能低下の悪循環を断ち切るために必要なこととは…!?

1 まずは火消し! 炎症を抑える
▶ヒダントイン誘導体

肌あれを起こした肌では、肌内部で炎症が発生しています。こうした状態では、本来の細胞成熟に必要なエネルギーを産生する酸素活用プロセスが乱れており、良好なメタボリズム(細胞がよい状態で新しい細胞に生まれ変わる仕組み)を維持することが難しいと考えられます。まずはこの炎症状態を抑えることが正常な細胞成熟のために急務です。

ヒダントイン誘導体には、炎症誘発因子の発現を抑制する効果が確認されています

2 次に細胞の成熟をサポート
▶バラ科植物エキス

細胞成熟のプロセスが不調な肌あれ状態の肌では、角層の機能が低下。角層機能の形成に重要な働きを担うのが酵素カスパーゼ14です。これは肌の良好なメタボリズムに必要なバリア機能と保水機能に関わる重要な酵素。バラ科植物エキスにカスパーゼ14の産生能力を高める効果が確認されています。

細胞一つひとつがきちんと成熟するのに欠かせない酵素がカスパーゼ14。これにより角層のバリア機能を整えます

取り込んだ酸素がきちんとエネルギー
産生のために使われるから、、、

刺激に負けない、強い肌細胞に成長!

【ベストコスメ受賞のMEに敏感肌タイプが仲間入り】イプサからデリケートな「私」のためのスキンケア、誕生_7

正常なバリア機能をもつ
成熟した細胞なら肌はゆらがない

正しく酸素を活用でき、エネルギーチャージできるようになれば、肌のバリア機能が正常に働き、外界から刺激を受けても、きちんとはね返せる肌に。ゆらぎ肌を改善し、この状態まで回復させられれば、次のステップは酸素リッチなときの肌がもつ健やかな透明感へのアプローチが可能に。美しい肌の秘密は「酸素」の活用がカギと心得て。

イラスト/沼田光太郎 取材・文/平 輝乃 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン