Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【辻直子さんの服と小物】Tシャツ&デニムのブレない選び方

スタイルがある人の、素敵な出会いとは一体どんなものなのだろう。スタイリスト辻直子さんが30代で出会った一生ものの服&小物、それにまつわるストーリーをご紹介。今回は、辻さんの代名詞ともいえるパンプス、Tシャツ&デニムの選び方を教えてくれました。

Manolo Blahnik《マノロブラニク》

辻 直子さんとマノロブラニク

どこをとっても“好き”しかない。私にとって必要不可欠なスタンダード
「不変の魅力が詰まった、欠かせないパンプス。ブランドが提案する遊びのある色やデザインも品がよく、足入れやトゥの角度といった細かい部分も好き。30代の頃は黒やチョコレートカラーのようにシックな色をよく履いていました。絶対にはずさない信頼感と安定感が私のスタイルの核として根づいているものです」

Shoes/Manolo Blahnik
Tops/BAUM UND PFERDGARTEN
Denim/HYKE
Bag/J&M DAVIDSON

Tシャツ

辻 直子さんとTシャツ

ベストなブランドを見つけることが近道
「つかず離れずのシルエット、色のバリエーション、そして落ち感のある素材と、自分にとっていちばん心地いいTシャツというのがベースレンジのもの。信用できるブランドで毎年買い足し、そして1年に1回全体をチェックし不要なものはそぎ落とす。カジュアルなアイテムこそ、こういった定期的なアップデートが大切だなと思います」

T-shirt/Baserange
Skirt/LEPSIM
Bag/No brand
Sunglasses/NATIVE SONS×sacai
Shoes/Bottega Veneta

JAEGER LECOULTRE《ジャガー・ルクルト》

辻直子さんとジャガー・ルクルト

「欲しい」の優先順位が高かった、憧れの名品
「最も欲しい熱が高かったと言っても過言ではないぐらい、絶対に手に入れたいと思わせてくれたアイテム。自分の理想を完璧に具現化したような時計で、これ以上はないかもと思っています。時計って特になくてもいいのに身につけるそのひと手間感だったり、丁寧さが見えるのが魅力です。人の手もとにある時計を見るのも好きです」

Watch/JAEGER LECOULTRE
Jacket/TOM WOOD
Denim/HYKE
Ring/CHANEL
Bangle/CAROLINA BUCCI

デニム

辻直子さんとデニム

宝探し感覚で、出会いを楽しみにしている原点回帰なモデル
「デニムは巡ってくるものだなと常日頃から思っていて。なので古着でいつもリーバイスの501を探しています。私の体型だとアメリカの体ができ上がる前のティーンエイジャーがはいているようなサイズ感のものがよくって。デニムもいくつも持っていますが気がつくと501に戻っている。そういう意味でも巡るものだなって思います」

Denim/Levi’s(VINTAGE)
Tops/HYKE

辻 直子さん

スタイリスト

辻 直子さん


本誌をはじめ、多くの女性誌、広告で活躍する人気スタイリスト。女らしさとコンサバをベースとした独自のスタイリングに長年のファンも多い。世界観あふれ、親近感も感じるインスタ@naoko.tsもぜひチェックを。

撮影/金谷章平 ヘア&メイク/菊地美香子〈TRON Management〉 構成・原文/倉田明恵〈BAILA〉  ※私物につきブランドへのお問い合わせはご遠慮ください ※BAILA2021年6月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン