Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【オールインワンが今季トレンド】ワンピより大人っぽい!重ね着前提のオールインワンを厳選

今季いちばんのトレンドアイテム、オールインワン。大人のリラックス感とかっこよさ、どっちも叶えてくれるから、今のきれいめカジュアルな気分にぴったり! 今回は重ね着前提のタイプから、スタイリスト・門馬ちひろさん、スタイリスト・池田メグミさん、ライター・伊藤真知さんのおすすめを教えてもらった。

【重ね着前提のオールインワン】

気負わないムードを盛り上げるボーダー合わせ

気負わないムードを盛り上げるボ ーダー合わせ

シルク混のやや光沢がある素材をたっぷり使ったリラクシーなシルエット。後ろの結び目部分でストラップの長さを調整可能。オールインワン¥39600/インターリブ(サクラ) ニットのアンサンブル¥16500/アプワイザー・リッシェ プレスルーム(アプワイザー・リッシェ) イヤリング¥7700(エネーダ)・ブレスレット¥23100(ドンナ)/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店 バッグ¥135300/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥29700/アマン(ペリーコ サニー)

サロペットのようなこなれ感が30代の今、ちょうどいい!
「30歳を過ぎてから、カジュアルな雰囲気でも子どもっぽくならず、かえってしっくりくるように。あえて大人がラフに着るのがおしゃれだと思います」(門馬さん)

簡単にIラインがつくれて、スタイルがよく見える!
「縦のラインを強調できるので、スタイルアップ効果も抜群!より一層すらっと見える袖のないタイプを選ぶのがマイルール」(伊藤さん)

インナーで印象を大きく変えられるから着回しやすい!
「タンクトップを合わせれば、縦長効果を後押しできますし、袖にボリュームのあるシャツやブラウスを合わせるのも今年っぽくて可愛い!」(池田さん)

ブラックのキャミソールタイプは、柄トップスでコーデにリズムをもたらして

ブラックのキャミソールタイプは、 柄トップスでコーデにリズムをもたらして

POINT ドット柄のボウタイブラウスで、今っぽく盛る!

動きに合わせて揺れるAラインシルエットがドラマチック。左右それぞれ2本ついた肩の細ストラップでほんのり甘めなデザイン。オールインワン¥23100/アプワイザー・リッシェ プレスルーム(アプワイザー・リッシェ) ブラウス¥16500/ノーブル 有楽町マルイ店(ノーブル) イヤリング¥9900/シップス 有楽町店(フィリップオーディベール) バッグ¥42900/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥52800/フラッパーズ(ネブローニ)

オールインワンとまったく同じ色をレイヤード。意外と思いつかない失敗知らずの方程式

オールインワンとまったく同じ色をレイヤード。 意外と思いつかない失敗知らずの方程式

POINT 中に着るノースリトップスも白を選んでなじませて

フロントのあきが潔いテーラードカラー。高い位置でのウエスト切り替えで、腰位置を高く見せてくれる。オールインワン¥18500/ノーク トップス¥6600/ビームス公式オンラインショップ(バトナー) ネックレス¥14300/フーブス(イリス フォーセブン) バングル¥4400/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ナイン) リング¥46200/ココシュニック バッグ¥35200/ショールーム セッション(ミカ デラ ヴァッレ) サンダル¥57200/アマン(ペリーコ)

教えてくれたのは
門馬ちひろさん

スタイリスト

門馬ちひろさん

池田メグミさん

スタイリスト

池田メグミさん

伊藤真知さん

ライター

伊藤真知さん

撮影/江原英二〈Astro80〉(人) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/宮田聡子 イラスト/itabamoe 構成・原文/松井友里〈BAILA〉 撮影協力/BERTH COFFEE ※BAILA2021年7月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン