Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. まとめ

【大人のオールインワン】夏の着こなしポイント&コーデまとめ!

今季いちばんのトレンドアイテム、オールインワン。大人のリラックス感とかっこよさ、どっちも叶えてくれるから、今のきれいめカジュアルな気分にぴったり!

<目次>

1. 「1枚でOKのオールインワン」の着こなし方&着回しコーデ

クリーンな一着にスカーフで華を足して颯爽と

クリーンな一着にスカーフで華を足して颯爽と

顔まわりにポイントをつくって目線を上げて。防シワ加工ずみのリネン素材で、同じ生地を使用したジャケットとセットアップで楽しめる。オールインワン¥18700・手に持ったジャケット¥20900/アンクレイヴ イヤリング¥14300・リング¥14300/フーブス(イリス フォーセブン) スカーフ¥13200/マニプリ バッグ¥156200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥18700/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)

高橋美帆さん

スタイリスト

高橋美帆さん


動きやすくて楽ちんなのに大人っぽさも満点!
「しめつけフリーで足さばきもよく、着ていて楽なのが今の気分にぴったり。特に今季は、体のラインを拾いにくいシルエットが豊富!」

東原妙子さん

ライター

東原妙子さん


1枚OKタイプならインナーに迷わずシーンレスに活躍!
「ちょっとフォーマルに装いたい日からリラックスして過ごしたい休日まで、幅広いシーンで着られるのがいい!」

野崎久実子さん

ライター

野崎久実子さん


忙しい朝もさらっと着られて、ワンピ以上に新鮮に!
「さらっと着るだけでコーデが今っぽく。アクセで女っぽさを盛りつつ、フラット靴で抜け感を出して着たいです」

襟元が詰まったきれいめなデザイン。小物も淡いトーンで統一してスタイリッシュに

襟元が詰まったきれいめなデザイン。 小物も淡いトーンで統一してスタイリッシュに

POINT グレージュのフラットシューズで抜け感を

夏らしい清涼感のあるサックスブルー。ゆとりはありつつも、すっきりとしたシルエットにベルトマークでメリハリを効かせて。ウエストに入ったタックはそのままセンタープレスへとつながる美脚仕様。きちんと感の強いルックスとは裏腹に、ストレッチ素材で着心地も抜群。オールインワン¥15400/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ナノ・ユニバース) ネックレス¥50600/ココシュニック バッグ¥63800・靴¥59400/オデット エ オディール 新宿店(ペリーコ)

端正なバッグやきゃしゃなサンダルで、ほんのり香るワーク感を気負わない大人っぽさに昇華

端正なバッグやきゃしゃなサンダルで、 ほんのり香るワーク感を気負わない大人っぽさに昇華

POINT かっちりフォルムのバッグが、コーデを引き締める

つなぎタイプながら、とろみのある素材や五分丈のパフスリーブ、テーパードしたパンツ部分など、大人が着やすい工夫が詰まった上品な一着。オールインワン¥45200/シップス 有楽町店(ア ピューピル) イヤカフ¥10780/ノウハウ ジュエリー(ノウハウ) ストール¥27500/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店(スロウ) バッグ¥143000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) サンダル¥27500/プラージュ 代官山店(ファビオ ルスコーニ)

1枚でOKオールインワンで着回し4コーデ

これを着回し!

これを着回し

襟は旬のバンドカラー。ブラックのハリがある素材で、シャツが得意なブランドらしい洗練された一着。オールインワン¥37400/ティッカ

着回し1:大人リラクシー

大人リラクシープラ素材のメルカドバッグで 小粋なヘルシーさをまとって

プラ素材のメルカドバッグで小粋なヘルシーさをまとって
バッグは再生プラスチックを手で編んだもの。襟のボタンは上まで留めず、白トップスをのぞかせて抜け感を。トップス¥7700/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) ピアス¥3080/ロードス(オギー) バッグ¥20020/ゲストリスト(ハウント代官山/パロロサ) ストール¥14300/マニプリ サンダル¥16500/ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス(ビルケンシュトック)

着回し2:今っぽフェミニン

今っぽフェミニンチアフルなピンクカーデと アクセ感覚の極小バッグで気分上々♪

チアフルなピンクカーデとアクセ感覚の極小バッグで気分上々♪
ピンクのダブル使いで大人の可愛げを体現。ハンサムなオールインワンなら、甘めアイテムを重ねてもやぼったさとは無縁。お洒落度をキレよく底上げするシルバーサンダルも名脇役。カーディガン¥18700/メゾン イエナ(イエナ) イヤリング¥13200/フーブス(イリス フォーセブン) バッグ¥31900(アルミラ)・サンダル¥16500(オデット エ オディール)/オデットエ オディール 新宿店

着回し3:きれいめクール

きれいめクール 知的でトラッドなローファーは、白を選んで足もとを軽く

知的でトラッドなローファーは、白を選んで足もとを軽く
ブラックのオールインワンは、軽やかなシューズを選ぶことが鉄則。バッグのパステルトーンの紫を、さりげないさし色に。メガネ¥48400/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) リング(右手)¥38500・(左手)¥31900/ココシュニック ブレスレット¥6600/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エネーダ) バッグ¥10472/シップス 有楽町店(シップス) 靴¥15400/ウォッシュ ルミネ横浜店(ウォッシュ)

着回し4:トレンドスポーティ

トレンドスポーティ ベージュのキャップと厚底サンダルで スポーティをモダンに楽しむ

ベージュのキャップと厚底サンダルでスポーティをモダンに楽しむ
ポシェットを短く斜めがけすることで重心が上がりスタイルアップがかなう。帽子¥7700/メゾンドリリス イヤカフ¥10780/ノウハウ ジュエリー(ノウハウ) リング¥15400/フーブス(イリス フォーセブン) バッグ(小)¥16500/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ(大)¥3300/ピルグリム サーフ+サプライ サンダル¥18700/メゾンスペシャル 青山店(メゾンスペシャル)

2.「重ね着前提のオールインワン」の着こなし方&着回しコーデ

気負わないムードを盛り上げるボーダー合わせ

気負わないムードを盛り上げるボ ーダー合わせ

シルク混のやや光沢がある素材をたっぷり使ったリラクシーなシルエット。後ろの結び目部分でストラップの長さを調整可能。オールインワン¥39600/インターリブ(サクラ) ニットのアンサンブル¥16500/アプワイザー・リッシェ プレスルーム(アプワイザー・リッシェ) イヤリング¥7700(エネーダ)・ブレスレット¥23100(ドンナ)/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店 バッグ¥135300/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥29700/アマン(ペリーコ サニー)

門馬ちひろさん

スタイリスト

門馬ちひろさん


サロペットのようなこなれ感が30代の今、ちょうどいい!
「30歳を過ぎてから、カジュアルな雰囲気でも子どもっぽくならず、かえってしっくりくるように。あえて大人がラフに着るのがおしゃれだと思います」

池田メグミさん

スタイリスト

池田メグミさん


インナーで印象を大きく変えられるから着回しやすい!
「タンクトップを合わせれば、縦長効果を後押しできますし、袖にボリュームのあるシャツやブラウスを合わせるのも今年っぽくて可愛い!」

伊藤真知さん

ライター

伊藤真知さん


簡単にIラインがつくれて、スタイルがよく見える!
「縦のラインを強調できるので、スタイルアップ効果も抜群!より一層すらっと見える袖のないタイプを選ぶのがマイルール」

ブラックのキャミソールタイプは、柄トップスでコーデにリズムをもたらして

ブラックのキャミソールタイプは、 柄トップスでコーデにリズムをもたらして

POINT ドット柄のボウタイブラウスで、今っぽく盛る!

動きに合わせて揺れるAラインシルエットがドラマチック。左右それぞれ2本ついた肩の細ストラップでほんのり甘めなデザイン。オールインワン¥23100/アプワイザー・リッシェ プレスルーム(アプワイザー・リッシェ) ブラウス¥16500/ノーブル 有楽町マルイ店(ノーブル) イヤリング¥9900/シップス 有楽町店(フィリップオーディベール) バッグ¥42900/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥52800/フラッパーズ(ネブローニ)

オールインワンとまったく同じ色をレイヤード。意外と思いつかない失敗知らずの方程式

オールインワンとまったく同じ色をレイヤード。 意外と思いつかない失敗知らずの方程式

POINT 中に着るノースリトップスも白を選んでなじませて

フロントのあきが潔いテーラードカラー。高い位置でのウエスト切り替えで、腰位置を高く見せてくれる。オールインワン¥18500/ノーク トップス¥6600/ビームス公式オンラインショップ(バトナー) ネックレス¥14300/フーブス(イリス フォーセブン) バングル¥4400/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ナイン) リング¥46200/ココシュニック バッグ¥35200/ショールーム セッション(ミカ デラ ヴァッレ) サンダル¥57200/アマン(ペリーコ)

重ね着前提のオールインワンで着回し4コーデ

これを着回し!

これを着回し

ボディラインを拾わない絶妙なコクーンシルエット。オールインワン¥14300/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ)

着回し1:大人リラクシー

エアリーな透け素材の ビッグシャツをラフに羽織って

エアリーな透け素材のビッグシャツをラフに羽織って
コントラストをつけすぎない曖昧配色で、肩の力が抜けたムードに。辛口なアニマル柄のバッグとブロックヒールのサンダルを合わせれば、印象がピリリと引き締まる。シャツ¥18700/ストラ トップス¥14300/プラージュ 代官山店(プラージュ) ネックレス¥23100/ココシュニック バングル/¥41800/フーブス(イリス フォーセブン) バッグ¥53900/シップス 有楽町店(ア バケーション) サンダル¥26400/アマン(マウロ・デ・バーリ)

着回し2:今っぽフェミニン

白ブラウスと旬のミュールで 可憐な甘さをプラス

白ブラウスと旬のミュールで可憐な甘さをプラス
今年らしいパフスリーブブラウスは、リボンを結ばずたらしておくのがこなれた印象。フェミニンスタイルでも楽ちんさは譲れないから、華やかなミュールは歩きやすいミドルヒールの甲深タイプをチョイスして。ブラウス¥23100/デ・プレ ネックレス¥22000/ココシュニック スカーフ¥13200/マニプリ バッグ¥59400/アマン(エレメ) サンダル¥44000/ザ・グランドインク(ロランス)

着回し3:きれいめクール

スクエアバッグにポインテッド靴。 通勤の鉄板コンビもしっかりなじむ

スクエアバッグにポインテッド靴。通勤の鉄板コンビもしっかりなじむ
エレガントなとろみ素材だから、きちんと感のあるバッグと靴を合わせるだけで、すっかりお仕事仕様に。インにはベージュと同系色のキャメルのシャツを重ねて簡単なグラデーションをつくれば、より洗練された印象に。シャツ¥13200/アンクレイヴ イヤリング¥10450/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) バッグ¥25300/メゾンイエナ(ジャンニノタロ) 靴¥52800/アマン(ペリーコ)

着回し4:トレンドスポーティ

ゆるっとシルエットを受け止める 厚底スニーカーが好バランス

ゆるっとシルエットを受け止める厚底スニーカーが好バランス
ぽってりフォルムのスニーカーがゆったりとしたオールインワンにマッチ。メリハリの効いた色のインナーを合わせてカジュアルに。トップス¥16500・カーディガン¥18700/ルージュ・ヴィフ ラクレルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) サングラス¥41800/アイヴァン東京ギャラリー(アイヴァン) リング¥12100/ロードス(リプサリス) バッグ¥16500/メゾンスペシャル 青山店(メゾンスペシャル) スニーカー¥10450/プーマ

3.ヘア&メイクでオールインワンがもっと素敵に

【1】アイシャドウをポイント使い

赤みアイで、ドット柄の オールインワンを大人っぽく シフト。目線を上げて スタイルアップも

1/1

ネイビーのオールインワンに、赤みのある目もとが好相性。大人も着やすい小粒のドット柄に、かごバッグを合わせてフレンチシックに。オールインワン¥52800/サードマガジン イヤリング¥15950/ロードス(リプサリス) リング¥17600/フーブス(イリス フォーセブン) バッグ¥16500/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店(ヴィオラドーロ) サンダル¥17600(予定価格)/THE OUTNET カスタマーケア(アイリス & インク)

使ったのはこれ

カネボウ レイヤードカラーズアイシャドウEX1 Summer Sunset ¥6050(コンパクト・ツールセット価格 限定品)/カネボウインターナショナルDiv.

しっとりとした質感。カネボウ レイヤードカラーズアイシャドウEX1 Summer Sunset ¥6050(コンパクト・ツールセット価格 限定品)/カネボウインターナショナルDiv.

How To

aをアイホール全体に薄くのせる。小さいブラシにbをとり、まず目尻から真横に1.5㎜はみ出した部分だけにのせてから、そこと上まぶたの黒目の上をつなぐ。目尻からはみ出した部分を下側から綿棒でぬぐってエッジを出す

アイシャドウをポイント使い

SASA's POINT
赤みアイで、ドット柄のオールインワンを大人っぽくシフト。目線を上げてスタイルアップも

【2】ピンクのリップ&グロスで唇にツヤを

赤みアイで、ドット柄の オールインワンを大人っぽく シフト。目線を上げて スタイルアップも

深いVネックとメリハリシルエットでややモードなブラックのオールインワンは、メイクで可愛らしさを補うのが正解。青みのあるピンクが、インナーのみずみずしいブルーにもぴったり。オールインワン¥41800/アナイ トップス¥17600/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ネックレス¥30580・イヤカフ¥8800/ノウハウ ジュエリー(ノウハウ) バッグ¥42900/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥36300/ザ・グランドインク(ロランス)

使ったのはこれ

RMK リップスティック コンフォート エアリーシャインEX-01 フェミニンムード ¥ 3850/RMKDivision(数量限定発売)

唇の体温で配合されたオイルがはじけ、潤いで唇を彩る。RMK リップスティック コンフォート エアリーシャインEX-01 フェミニンムード ¥3850/RMKDivision(数量限定発売)

RMK ザ ナウナウネオングロス 04 ピュアファンタジー ¥2750/RMK Division(数量限定発売)

ほんのり染めるようなステインタイプ。RMK ザ ナウナウネオングロス 04 ピュアファンタジー ¥2750/RMK Division(数量限定発売)

How To

1の優しい発色のリップを唇の縁に合わせてしっかり塗り、唇のもとの色みを抑える。2のグロスを唇全体にラフに重ねて、唇を合わせてなじませれば完成。それぞれのトーンが近いので、多少グロスがムラになってもきれい

ピンクのリップ+グロスで唇にツヤを

SASA's POINT
マニッシュなブラックのオールインワンは、甘めピンクのツヤリップでバランスをとって

【3】ローポニーにスカーフをあしらって

ローポニーにスカーフをあしらって

How To

髪全体をゆるく巻き、後れ毛に束感が出るようワックスをもみ込む。低い位置で髪を結び、後頭部の毛を上方向につまみ出してふくらみをつくる。髪の結び目にスカーフを巻きつけて取れないように2回結び、長めにたらす

襟のあるオールインワンは 顔まわりが詰まっている分、 髪はまとめるのがおすすめ。 スカーフで華やかに!

SASA's POINT
襟のあるオールインワンは顔まわりが詰まっている分、髪はまとめるのがおすすめ。スカーフで華やかに!
簡単ヘアアレンジで目を引く後ろ姿に。オールインワンは、旬のバンドカラーに両胸ポケットがついたカジュアルなデザイン。オールインワン¥8250/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ナノ・ユニバース) スカーフ¥8580/マニプリ イヤカフ¥1980/ロードス(ヘンカ) バングル¥4400/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(アディアキブラ) バッグ¥30800/ヴァジックジャパン(ヴァジック) サンダル¥50600/フラッパーズ(ネブローニ)

【4】ダウンヘアにカチューシャをON

ダウンヘアにカチューシャをON

How To

髪にオイルをつけてから、前髪をセンターパートに分ける。後ろ髪が少し顔側に残るくらいの位置に、カチューシャを真上から差し込むようにつける。ぴっちりしすぎないよう、前髪を手でさっと払うようにくずす

顔まわりが寂しくなりがちなサロペットタイプの日は髪を下ろして。髪になじむ色のカチューシャで可愛げを

SASA's POINT
顔まわりが寂しくなりがちなサロペットタイプの日は髪を下ろして。髪になじむ色のカチューシャで可愛げを
前髪をセンターパートに分けておでこを出すことで、カチューシャが子どもっぽくなるのを回避。オールインワンのやや光沢のある生地が、サテンのカチューシャとリンク。オールインワン¥18700/アンクレイヴ トップス¥10780/フラ ッパーズ(ティッカ) カチューシャ¥8250・イヤリング¥11000/フーブス(イリス フォーセブン) リング¥50600/ココシュニック バッグ¥17380/ショールーム セッション(ヤーキ) サンダル¥44000/ザ・グランドインク(ロランス)

教えてくれたのは
笹本恭平さん

ヘア&メイクアップアーティスト

笹本恭平さん


ファッションに合わせたおしゃれでリアルな提案が大人気のヘア&メイクアップアーティスト。

『コンサバメイク革命』講談社 1760円

6月10日、ついに待望のメイク本が発売になったばかり!すぐに真似できるテクニックが満載。『コンサバメイク革命』講談社 1760円

撮影/江原英二〈Astro80〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/宮田聡子 イラスト/itabamoe 構成・原文/松井友里〈BAILA〉 撮影協力/BERTH COFFEE ※BAILA2021年7月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン