Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. エンタメ

医療サスペンス漫画の名手・朱戸アオの最新作『ダーウィンクラブ』をレビュー【バイラ女子におすすめコミック】

漫画を愛するライター・中川 薫がバイラ女子におすすめの漫画をピックアップ! 今回は、医療系漫画『インハンド』の著者がおくる、クライムサスペンス『ダーウィンクラブ』をご紹介します。

ナビゲーター

中川 薫

中川 薫


漫画、音楽、旅を愛するライター。ダイエット目的で購入したエアロバイクのサドルの硬さに涙……。

『ダーウィンクラブ 』 朱戸アオ著 10月21日発売  講談社 1巻~ 715円

©朱戸アオ/講談社


2019年にドラマ化した『インハンド』、現在の混乱を予見したかのような『FinalPhase』、『リウーを待ちながら』など、医療サスペンス漫画の名手・朱戸アオの最新作。

幼少期に父を殺された主人公・大良は、警察官となって忙しい日々を送っていた。張り込み中、ロケットの打ち上げ動画を見ていると突然、テロ事件に巻き込まれる。さらに、動画には、父を殺した“左手首に奇妙なマークがある男”が映っていた。

父の死の謎、巨大企業をターゲットにしたテロ組織の真の目的、敵か味方かわからないキャラクターの登場、という謎が謎を呼ぶ展開。ここで描かれるのは“どこかのリアル”だ。家族や大切な人を失った人々の悲しみは計り知れない。主人公も飄々としてはいるが、やはり傷ついている。著者はこれまでの作品で、人が限界に直面する場面を丁寧に描写し、そんな状況でもあきらめずに生きる様子を伝えてきた。幾度も絶望し、人間はどのように生きて、何に希望を見いだすのか。その答えのひとつが、本作のような気がする。


図書館司書の眞(まこと)とベテラン庭師の誠二郎は、それぞれのある“終わり”に戸惑っていた。偶然が重なって意気投合した二人は……。年齢差40の、心洗われるラブストーリー。

『ダーウィンクラブ』
朱戸アオ著 10月21日発売
講談社 1巻~ 715円

主人公・大良は父親とのかくれんぼ中に父親を殺されてしまう。大良は自身が目撃した“手首に奇妙なマークを持つ男”を追うため刑事に。ある日、テレビにあの男が映り……。
※表紙は変更になることがあります

漫画好きならこれも必読!

『ホテル・インヒューマンズ』 田島 青著  小学館 1巻~ 693円 

『ホテル・インヒューマンズ』
田島 青著
小学館 1巻~ 693円

殺し屋専用ホテルで交差するヒューマンドラマ
このホテルでは殺し屋は悪人ではなく“お客さま”。秘密を抱えて生きる彼らの生きざまが「悪って何?」と問いかけてくる良作。

イラスト/ユリコフ・カワヒロ ※BAILA2021年11月号掲載

おすすめマンガをもっと見る

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン