ストールをアップデートする大人でいよう【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.17】

2018-11-13 19:00
  • 「いいストール」は、一生もの。カシミヤやシルクの上質な素材で、確かなクラフトマンシップのもとに生まれる1枚の布。羽織ったり、巻きつけたり、フレキシブルに着こなせば、時にはアウター1着に匹敵するほどの存在感を発揮する。縫い断ちされていないものを、自由に身にまとうというのも、まるで古代の服の起源、「装う」ことの原体験をたどるようで面白い。
  • スコットランドの伝統的なチェックパターンを用いた「ジョンストンズ」のカシミアストール。ストール各¥62,000/リーミルズエージェンシー(ジョンストンズ)
  • 暖かく、シンプルな服にアクセントを加えてくれるストール、やはり30代になったら、これから一生の付き合いになるものを手に入れたい。素材の質や値段のレンジが幅広いものだから、クローゼットにはたくさんのストールが眠っているという人も多いのでは? あるいは、何にでも巻けるからと、ずっと同じ1枚で過ごしている人もいるかもしれない。素敵に歳を重ねていくために、今回提案したいのは、上質なストールを数種類だけ、でも、自分の服に合わせてアップデートしていくという方法。名品ブランドには、伝統や製法に独自のストーリーがあり、だから美しい。自分のスタイルに合わせて、厳選した1枚を身にまとい、冬をエレガントに過ごしてみて。

    【select point】
    ・カシミアやシルク、リッチな質感の天然素材を選んで。
    ・名品なら、定番のチェックかきれいな発色の無地を。上質感に差が出る。
    ・色違い、大きさ違いをコレクションして、コーデによって使い分けて。
  • 上質な肌触りに包まれたい! ストールの名品5

  • 【JOHNSTONS】
    創業から200年以上の歴史を持つ、イギリス伝統のブランド「ジョンストンズ」。大判のカシミアストールは、魅惑の肌触りで、日本でもファン多数。トップページで紹介したタータンチェックが定番だけど、ターコイズのラインが新鮮なベージュのチェック(左)や、発色の美しい無地ストール(右)もおすすめ。アウターの上から、たっぷりと広げて巻いて。

    ストール各¥62,000/リーミルズエージェンシー(ジョンストンズ)
    問)リーミルズエージェンシー TEL 03--5784-1238

    【FALIERO SARTI】
    もとはイタリアの最高級テキスタイルメーカーとして有名な「ファリエロ サルティ」。トップメゾンから信頼されるその技術を結集し、創業者の娘、モニカがストールブランドとして1995年にスタート。シルクウールを薄く、繊細に織り上げた軽やかなストールは、コートの内側にゆるりと結ぶとフェミニンな印象に。辛口なモノトーンチェックも素敵。

    ストール(右)¥32,000(左)¥42,000/アッシュ・ぺー・フランス(フェリエロ サルティ)
    問)アッシュ・ペー・フランス(本社) TEL: 03-5778-2022

    【BRUNELLO CUCINELLI】
    高級カシミアニットで有名なイタリアンブランド「ブルネロ クチネリ」。細かなスパンコールを糸に撚りこんだ「ダイアモンドストール」は、職人の技術が光るカシミア、シルク混紡で、毎シーズン新色が登場。シルクスカーフのように、様々な巻き方を楽しめる。

    ストール各¥79,000/ブルネロ クチネリ ジャパン(ブルネロ クチネリ)
    問)ブルネロ クチネリ ジャパン TEL 03-5276-8300

    【CRUCIANI】
    イタリア発のニットブランド「クルチアーニ」は、美しい光沢のあるシルクカシミアのアイテムで一躍有名に。同素材のシンプルな薄手のストールも、とろけるような質感にうっとり。つややかな発色で、季節ごとに色を揃えたくなる。ショールのように大判で、たたむとコンパクト、旅先にも持っていきたい1枚。

    ストール各¥57,000/クルチアーニ銀座店(クルチアーニ)
    問)クルチアーニ銀座店 TEL 03-3573-6059

    【BEGG & CO】
    1866年、手織りショールから始まったスコットランドの老舗織物メーカー。天然素材にこだわり、世界的なファッションブランドからのオーダーも数多い。そのカシミア100%ストールは、柔らかで艶やか、一生ものの品質を楽しむなら、あえてシンプル&ベーシックな無地を選んで。肩からゆったりと羽織り、アウター感覚で。カシミアのぬくもりを感じて。

    ストール各¥69,000/ボーダレス(ベグ アンド コー)
    問)ボーダレス  TEL 03-3560-5214

文・久保田梓美 撮影/富田春菜
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords