「親友のハイスペ婚」へのモヤモヤが軽くなる【心にポジティブな言葉の花束①】

2018-09-23 19:00
  • コラムニストの犬山紙子さんと精神科医の水島広子さんからいただいた、元気になれる“言葉の花束”その1です。これで「ハイスペ婚」へのモヤモヤを吹き飛ばして。

  • 親友と私、似た者同士だと思っていたのに、彼女だけがハイスペ婚…。なぜ自分がダメなのか考えてしまう。

    「彼があなたと彼女を見比べたわけじゃない」
    友達の結婚を自分の評価に結びつけるのは間違い。彼が“あなたよりも友達がいい!”と言ったわけじゃないでしょう。あなたは彼と出会っていないんですから、関係ありません。(水島さん)

    「ハイスペ婚は宝くじのようなもの」
    そもそもハイスペ男子の数が少ない。だからハイスペ婚は、運! 友達はたまたま好いてくれるハイスペ男子に当たっただけ。宝くじに普通は当たりません!(笑) 人の運に嫉妬する必要はまったくない。(犬山さん)

    「友達に負けたわけじゃない」
    二人が結婚したのは、“この部分を補いあえる”という凹凸がしっくりきたから。勝ち負けで結婚が決まったわけではないんです。あなたにも、しっくりくる相手がいると思います。(犬山さん)

    「ハイスペ婚女子は実は努力している」
    “そんなふうに見えない”と思うかもしれませんが、そう見せかけるための努力もしているはず。キレイな見た目も、ハイスペ男性との出会いも、きっと裏に大きな努力があるはず。(水島さん)

    「ハイスペ婚= 幸せ、本当に? 」
    相手のために自分の仕事をあきらめなくてはいけなかったり、モラハラされてしまったり。相手が力を持つからこそ起きやすいつらいこともあるので、100%幸せとは言い切れません。(犬山さん)
  • あの子よりも素敵な結婚をしたいと敵対心を燃やしてしまっている自分がいる…。という人も少なくないよう。

    「思いっ切り落ち込む!そうすればいつの間にか忘れてるでしょう」
    わざと“私はかわいそう”という思いにどっぷり浸ってみる! 部屋も暗くしたりして、ムードも整えて。そうしてるとね、3 日くらいで落ち込むことに飽きますよ(笑)(水島さん)

    「ハイスペおこぼれあるかも」
    仲のいい友達が素敵な人とおつきあいすると、自分にもいいことがあるかも。ハイスペの人と仲よくなれるとか、何かあったときに頼れるとか、おこぼれも期待できるはず。(犬山さん)

    「自分にとっての“ハイスペ”は別にあるかも」
    たとえば私だったら“一緒にゲームをしてくれる”は最高のスペック。世間一般の“ハイスペ”ではなくあなたにとって“このスペックが素敵”と思える条件を探してみては?(犬山さん)
  • ◆答えてくれたのは
    コラムニスト 犬山紙子さん
    女性の性質や恋愛についての著書多数! 書籍『アドバイスかと思ったら呪いだった。』(ポプラ文庫)発売中。

    精神科医 水島広子さん
    著書に『つい、「気にしすぎ」てしまう人へ』(三笠書房)、『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)など。

    ざわつく女心。みんな本音はどう思っているの? 言葉の花束②は近日公開です。お見逃しなく!
イラスト/腹肉ツヤ子 取材・原文/東 美希
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords