Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

【中村アンのつくり方】〈恋愛編〉結婚するならこんな人がいい!

飾らないキャラクターと自然な笑顔で、30代女子からも絶大な人気を集める中村アンに、恋愛についてあれこれインタビュー。今は殻を破って、新しい中村アンを楽しむ時期。恋愛はちょっとお休みモードという彼女ですが、理想のパートナーのタイプをこっそり教えてくれました。

中村アンのつくり方恋愛編

Tシャツ¥15000(キャンペプレ)・デニムパンツ¥30000(シチズン オブ ヒューマンティ)/ノーブル コレド日本橋店 リング¥75000/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥32000/ベイジュ(ピッピシック)

笑顔が好き」って言われるとやっぱりうれしい

「撮影ではいつも笑顔を求められていたから、違う顔を見せたいって思った時期もあるけれど、一周まわって今は、『笑顔が好き』って言われるとうれしい。自分が楽しい瞬間の顔を、いいと思ってもらえるのは、幸せなことだなって」

好きなタイプは尊敬できて自分が甘えられる人

「3人姉弟の長女だし、部活でもキャプテン。小さいころから甘え下手で、自立した子どもだったんです。『できます、大丈夫です』っていう答えが基本。だから、自分が尊敬できて甘えられる人、守ってくれそうな人。見た目も、肩幅の広い人!(笑) 私、父親が大好きだったので、もしかしたらその影響もあるのかも。子どものころ父と一緒に寝るときに、『おいで』ってやさしく包み込んでくれて。その温かくて、全力で頼れる感じが居心地がいいんです」

結婚は…今のところまったく兆しなし(笑)

「昔は、好きな人と早く結婚して、母になって、将来も安泰!……なんてことを考えていた時期もあったけれど、今のところその兆しはまったくなし(笑)。ずっと実家暮らしで、25歳のとき初めて一人暮らしをしてから一度も他人と暮らしたことがないので、まず誰かと一緒に住むというのが不安かも(笑)。今は仕事に全力で、仕事が生活の中心だから、お互いストレスになることも多いかなと思ってしまって。もちろん一緒に歩めるパートナーがいたらそれはハッピーなことだと思うけれど、結婚をしなければ幸せになれない、とはまったく思わない。だから、今のところ結婚願望はあまりないけれど、もしするとするならば、仕事に理解があって、お互い無理せずにテンポの合う人が理想かな」

日常のささいなギャップにドキッとします

「いつもカジュアルな服の人がキリッとスーツを着ていたり、普段はそっけないのに朝おいしいコーヒーを買ってきて『はい』って手渡してくれたり。そんないつもと違う、日常のささいなギャップにドキッとしてしまいます」

撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini. 〉 スタイリスト/加藤かすみ〈TRON〉 モデル/中村アン 構成・原文/東原妙子 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉 ※BAILA2020年3月号掲載

Baila Movieバイラムービー

バイラーズTV 今月の推しコンテンツをご紹介

【スカーフアレンジ】“包む”だけで格段にこなれる「バッグアレンジ」

【スカーフアレンジ】「ネクタイ風巻き」でアウタースタイルが華やかに!