Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. グルメ

普通の食パンがおしゃれに美味しく変身!ヘア&メイク中野明海さんetc.センス抜群の3人の食パンアレンジ【あの人がパンにのせているもの2】

おなじみの食パンも、何をのせ、どんなふうに食べるかで、美味しさも楽しさも倍増する。パン好きの料理家・小堀紀代美さん、ヘア&メイクアップアーティスト・中野明海さん、スタイリスト・斉藤くみさんの、とっておきの食パンアレンジ法とは?

ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さんの「マヨ紫蘇しらす」

「生きるために食べるものではなく、脳内に美味しい、楽しい風を吹かせたいときに食べるレシピです。食パン全体に3つ穴キャップのマヨネーズをしぼり(線の上にほどよい焦げ目がつくので、塗りのばさないこと!)、好きなだけしらすとせん切りした青じそをのせ、上からまた少しマヨネーズをかけてトースト。仕上げには、せん切りの青じそをたっぷりと」

マヨ紫蘇しらす

お好みで白ごまをかけてもおいしいですよ

キユーピーのキユーピー マヨネーズ

キユーピーのキユーピー マヨネーズ
限定品だった3つ穴キャップ。まんべんなく線描きできるところが好評を得て、2018年から定番化。350g ¥318/キユーピー お客様相談室

ヘア&メイクアップアーティスト

中野明海


AKEMI NAKANO 女優・モデルからの指名が後を絶たない人気者で、コスメや美容ツールの開発にも携わる。3月に新刊『妄想JUICYFRUITMAKE-UPSPECIAL』(宝島社)を上梓。

料理家 小堀紀代美さんの「グリークサラダ」

ギリシャの“夏のサラダ”を食パンにのせて。「私の料理教室での定番メニューです。食パンをトーストしたら、そのままさまし、無塩バターを塗って。その上に切ったパプリカやきゅうり、オリーブの実、トマトなどの生野菜とフェタチーズをのせて。黒こしょうやドライオレガノをふり、赤ワインヴィネガーとオリーブ油をたっぷりかけて召し上がれ」

グリーンサラダ

毎朝食べるほどパンが好き。ときにはサラダ感覚で楽しんで

アルドイーノの赤ワインヴィネガー

アルドイーノの赤ワインヴィネガー
イタリア・リグーリア州で1870年に創業したブランド発。「酸味がやわらかくて深みがあり、香りがふくよか」。250㎖ ¥1026/フードライナー

料理家

小堀紀代美


KIYOMI KOBORI 食材やスパイスのユニークな組み合わせで、一歩先ゆく料理を提案。大人気の料理教室「LIKE LIKE KITCHEN」も主宰する。インスタのアカウントは、@likelikekitchen

スタイリスト 斉藤くみさんの「トラヤあんスタンドのあんペースト×トラピストバター」

「食パンが大好きで、土日はそれを使ったメニューを必ず作ります。あんバターは、小豆の美味しさが際立つ濃厚さがありながら、甘すぎない『トラヤあんスタンド』のあんペーストに、コクとまろやかな塩けが魅力のトラピスト修道院のバターをのせて。ほかに大量に作ったボロネーゼにパルミジャーノをたっぷりのせたレシピもよく作ります」

「トラヤあんスタンドの あんペースト ×トラピストバター」

ホットサンドにしても美味しい♡

トラヤあんスタンドのあんペースト[こしあん]

トラヤあんスタンドのあんペースト[こしあん]
小豆、砂糖、寒天のみで作るシンプルなペースト。[黒砂糖とメープルシロップ]や期間限定の味も。155g ¥972/トラヤあんスタンド北青山店

スタイリスト

斉藤くみ


KUMI SAITO 「N.O.R.Cbytheline」のディレクターも務める。食材にも詳しく、業者を思わせる、ダイナミックな買いっぷりが話題。インスタのアカウントは@stylist_kumisaito_

撮影/清水奈緒 スタイリスト/曲田有子 調理/栗田茉林 取材・原文/広沢幸乃 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※BAILA2021年5月号掲載

【BAILA 5月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン