Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. まとめ

【30歳からのマッチングアプリまとめ】30代に人気のアプリは?オトナの事情と意外な効用&成功体験を徹底リサーチ!

ただでさえ出会いがないのに、このご時世でさらにその数が激減。今だからこそ、多くの人が興味を持ち始めているマッチングアプリ。30代のマッチングアプリ事情とその魅力を徹底リサーチ!

<目次>

ナビゲーター 編集K

ナビゲーター 編集K
現在31歳、結婚を意識するお年頃。アプリを使いダメンズ育成体質を卒業して良質男子と出会いたい!!

1.読者も続々登録中!30代のマッチングアプリの実情

【2021年5月12日〜5月28日、BAILAメルマガ会員にアンケート。118人が回答】

Q.マッチングアプリ使ったことある?

マッチングアプリ使ったことある?

意外にも2/3以上の人が「利用経験あり」と回答。「やっていない」と言っている同僚や女友達も実はコッソリ使っている可能性大(笑)。

Q.利用しているアプリを教えて!

利用しているアプリは?

「幅広い人と出会うことができる」「友達が使ってるから教えてもらえる」などの理由で多くの人が認知度高めで利用者数も多いアプリを利用。

Q.マッチングした人とどんな関係になった?

マッチングした人とどんな関係になった?

いろんな人に出会えるけど、すぐに結果に結びつくとは限らない⁉ 「一人ダメでもあきらめずに次々と会い続けるのが大切!」という声も。

Q.マッチングアプリ使ってよかった?

マッチングアプリ使ってよかった?

多くの人が「使ってよかった」と実感。「思っていたより安全でいい人が多く、利用してイメージが変わった」と答えた人が多数いた!

《マッチアップ編集長伊藤早紀さんに聞く》30代からのマッチdeチェンジのススメ

自分のプロフィールをつくり、求める条件を入力して相手を検索。会いたい人を見つけたら“いいね”を押してアプローチ。相手から“いいね”が返ってきたらマッチング成立。そこからメッセージのやり取りが始まる、これがマッチングアプリの基本システムです。結婚相談所だとお金がかかるし、合コンも数人しか会えない上に飲み代がかかることもあり、数人の中にいい人がいなければ残るのは疲労感だけ……。マッチングアプリはお金をかけずに自分が求める相手を通勤電車や仕事の休憩時間でも効率的に探すことができる。お金と時間を無駄にしない、費用対効果に優れているのが最大のメリット。自分のテリトリー外にいる幅広い異性に出会えるのも魅力のひとつです。そこに不安を感じる人もいると思いますが、身分証明書や独身証明書の提出を義務づけているアプリも多く、今はより安全性が向上。利用者が増えた理由もまさにそこです。今では幅広い層が利用していますが、中心は20代後半から30代前半の男女というまさにバイラ世代。しかし、男性は自分より若い女性を選びたがるのが現実で、「できるだけ早く」という婚活のセオリーはマッチングアプリもまた同じ。だからこそ、興味があるならとりあえずトライしてみてください。他人の目が気になるという人もいますが、今は同性を検索できないアプリもあり、やりとりはマンツーで進むので女同士のマウントや妨害もナシ。逆に、他人に干渉されることもなく、本当に自分がいいと思える相手を探すことができるんですよ。

教えてくれたのは
伊藤早紀さん

マッチアップ編集長

伊藤早紀さん


恋愛メディア『マッチアップ』の編集長、マッチングアプリ専門家。自身も20個以上のマッチングアプリを使い、出会った男性は100人以上。最旬のマッチングアプリ情報を発信している。

マッチングアプリ分布図

マッチングアプリ分布図
チェンジのチャンスがこんなにも!

2.結婚・恋愛だけじゃない!マッチングアプリの意外な効用&成功体験

【Change1】マッチングアプリで結婚しました

マッチングアプリで結婚しました

実際に使ってみたら「いいことばかり♡」楽しく婚活できました。(メーカー・30歳)
「全然怪しくない!! 想像していた以上にイケメンが多い!! タダで食事ができる!!」それがマッチングアプリを使い始めたときの感想でした(笑)。そこから、「出会いがない」と言っていたグレーな毎日が激変。次々といろんな人に会うこと約50人、外見がドンズバタイプな上に高スペックで「これ以上の人とはもう出会えない」と思えた夫とゴールインしました♡ とにかくやってみる、会ってみる、それだけでチャンスがグンと広がる。周りの目を気にして使わないのはもったいない!!

周りからすすめられて軽いノリで始めたら理想の人に出会えた。(事務・34歳)
30代で彼氏ナシ。自由気ままな生活も楽しいけれど「そろそろ、将来のことをまじめに考えるか」と思ったときに友達のすすめで始めたマッチングアプリ。結婚にたどり着くまで会った男性は4人。その中でもいちばん「信頼できるな」と思えた、それが今の夫でした。遠距離だったけど何度も会いに来てくれて、気づいたら結婚を意識するように。最初に年収を含め自分の条件をしぼった上で出会っているので、そこからは話が早かった!! まさかの私のスピード婚に周りの友達も驚いていました。

【Change2】転職・仕事の役に立った

結婚だけじゃなく仕事の出会いも運んでくる。(外資・32歳)
普段ならまったく接点がない人に出会えるのもマッチングアプリの魅力のひとつ。異業種の人からためになる話を聞けたり、同業者とも腹を割った話ができたり。結果、私の場合はそれが刺激となり転職を決意するきっかけに。さらには出会いを利用していろんな会社の内情をリサーチ。運命の人には出会えていないけど、アプリのおかげで運命の仕事に出会えました(笑)。

【Change3】日々のモチベが上がった

干物女子を卒業

異性との出会いで干物女子を卒業。(エンタメ・32歳)
彼氏もいなければ出会いもなく、休日はスウェット姿で一日ダラダラ。長い間“干物女子”生活を送っていた私ですが、マッチングアプリを使い始めてからは忘れていた“女子力”が復活。デートのために服を買い、メイクを念入りにするようになり、いざというときのために部屋まで片づけるように。生活がガラリと変わった今あらためて思う。異性の視線や存在ってやっぱ大切!!

【Change4】恋愛のリハビリになった

男友達をつくる感覚で気軽に楽しめるように。(出版・35歳)
気づけば「恋ってなんだっけ?」状態。恋愛から遠ざかっていた私を変えてくれたのがマッチングアプリ。知らない人に会うのも、話すのも、とにかく最初は面倒だったんだけど。同じ趣味の人を選んだのが功を奏して、いちばん最初のデートから大盛り上がり。かまえることなく出会いを楽しめるように。恋を長期休んでいる人には“リハビリ”としてもおすすめです(笑)。

【Change5】外国語スキルがアップ

出会いを利用して恋も学びもスキルUP(金融・32歳)
私の周りでは“先生”探しにマッチングアプリを利用している人も。たとえば、写真を学びたかったら写真家を探して出会ったり、アウトドアの達人とキャンプデートをしたり、英語を学びたければ外国人との出会いを探したり。かくいう私もアメリカ人男性とデートを重ね英会話を勉強している最中(笑)。それが恋愛に結びついたらなおよし。いろんな角度で楽しんでいます。

3.爆笑必至!私が出会った変わった男性&エピソード

未知な世界で出会った変わった人たち

「おはよう、こっちの天気は晴れだよ!」
「今日の昼食はカレーです!」
「今夜の酒のツマミはイカゲソだよ!」
朝から晩までの行動をいちいち報告。
毎日“オレ通信”を送ってくるくせに、一向に「会おう」と言わない男性。
「マッチングアプリはブログではない」と声を大にして伝えたい。(31歳・建築)


医者の男性に会ったとき、まず言われたのが
「僕が結婚相手に求めるのは友人や家族に紹介して恥ずかしくないかどうか」
デート中、家庭環境から年収まで「面接か⁉」ってくらい細かく質問され、別れぎわには「僕としては合格なんだけど、次はいつ会える?」。
二次面接は丁重にお断りさせていただきました。(31歳・美容)


初デートがまさかの“近所で犬の散歩”

「飼い犬に好かれる人じゃないとつきあえない」と言われ、
初デートがまさかの“近所で犬の散歩”でした。(35歳・飲食)


マッチングした相手と盛り上がってワンナイト♡
「もう二度と会うことはない」と思っていたが
新しい取引先に向かうと、そこにはまさかのその相手が!
笑顔の裏に気まずさを隠しつつ名刺交換。
二人の間では「なかったこと」になっています。(33歳・営業)


相手のプロフィール写真が“雰囲気写真”で。
顔がよくわからぬまま待ち合わせ場所へ。
「あのー」と声をかけられたので、その人かと思いついていったら…。
まったく関係のない別人だった。(33歳・医療)


「写真写りが悪く、実物は違います。実物のほうが男前!」と言っていた男性。
デート前も「大丈夫かな、わかるかな」とやたら言うもんだから、どんな人が来るのかとワクワクしていたら…。
待ち合わせ場所ですぐに発見。

そこにいたのは“写真のまんま”の人物だった。(36歳・メーカー)


毎日、ポエムつきの風景写真が送られてきた

写真家を名乗る男性から、毎日、ポエムつきの風景写真が送られてきた。(31歳・教育)


マッチングアプリで元カレを発見。
さらには、彼からアプローチが。
そりゃ、私も盛りぎみの写真載っけているけどさ、「はじめまして!」って…いや、気づこう?
とりあえず、元カレの好みが今もブレていないことだけは理解しました。(30歳・金融)


みんな身バレを恐れているのか、
下の名前だけを名乗ってくる人が多いのですが、
「はじめまして、タカシです!」とか言われるたびに「おまえはホストか⁉︎」とツッコミたくなる。(31歳・販売)


メッセージのやり取りだけで盛り上がってしまった男性が、
「記念日に行きたいところ」をリストアップして送ってきた。
いや、まだつきあってないし、なんなら会ってもいないし!(38歳・営業)


花火大会に行くも盛り上がらず

花火大会に行くも盛り上がらず無言。いつもより花火の音が大きく聞こえた…。(33歳・放送)

4.初心者におすすめのアプリ&好印象プロフィールのつくり方を伝授!

【step1】アプリの選び方

趣味・ご近所派

クロスミー

クロスミー
同じエリアで生活している人を探せる“すれ違い”という機能が。家や職場の“ご近所さん”と出会えるので友達もつくりやすい!!

タップル

タップル
“趣味でつながる”がコンセプトのアプリ。女性からの「一緒に◯◯する人を募集」に男性が応募する機能も。気軽に出会えるのが◎

恋愛派

Pairs

Pairs
日本でいちばん利用者が多いアプリ。その目的も婚活から恋活まで幅広いので「とりあえず体験してみたい」という人はまずここから!

with

with
性格診断や相性診断もしてくれる機能があるので「外見よりも中身重視」「自分の価値観を知ってほしい」そんな女性におすすめ。

婚活派

Pairsエンゲージ

Pairsエンゲージ
独身証明書の提出が必須。既婚者が紛れ込む危険がないので安心。月額¥12000かかるので、本気度高めな人が多いのも魅力。

ヒトオシ

ヒトオシ
マッチングプランナーが間に入り婚活をバックアップ。安心かつ助言もしてくれるので、婚活迷子になっている人にもおすすめ。

【step2】プロフィールのつくり方

《内容》簡潔に自分をアピール!

簡潔に自分をアピールする内容

箇条書き
スマホユーザーが多いので長文はNG。簡潔に箇条相手に「会いたい」と思わせ 書きにするのがベスト。

趣味
たとえば、スポーツやアウトドア。書くべきは男性も興味を持っていそうなもの。共通の話題になりそうなもの。エステやネイルなど男性が興味を持たないものは食いつきが悪いのでNG。

親近感
好みのお酒を書くのなら、シャンパンやワインではなくビールや焼酎!

エリア
よく飲むエリア、よく食事をするエリア、活動エリアがわかると男性も誘いやすい!

NGワード
やり慣れている感じを出したくないのか「使い方わかりません」表記をする女子多数。でもこれ、相手にとっては面倒くさいだけ。誘うのを躊躇してしまう「まじめな人だけお願いします」などの警戒心強めな文言もNG。

《写真》とにかく第一印象が命!男性に「会いたい」と思わせる最高の一枚を用意せよ!!︎

《顔、全身、趣味の写真》
男性が恐れるのは「写真と実物が違うこと」。可能であれば顔と全身、2枚の写真をアップ。趣味の写真などプライベートが垣間見える写真があれば、なおよし。

メイン写真

《加工は3割増しまで!》
相手に「会いたい」と思わせるためには多少の加工もアリ。ただ、加工しすぎると「写真と違う」トラブルが発生。その後のご縁につながらず、無意味なデートを重ねてしまうので要注意。

《メイクやファッションは怖くない“ゆるふわ”を意識》
幅広くアプローチしたいなら一般ウケする“ゆるふわ”が無難。自分と趣味や好みが合う人をガッチリ選びたいなら個性を出して。

サブ写真

《とにかく笑顔》
大事なのは相手に「俺のアプローチも受け入れてくれそう」と思わせること。優しくやわらかい笑顔で受け入れOKアピールを。

傷つかず、自分を守り、楽しむためのマッチングアプリ術

✔楽しみながら相手を探す
自分で行きたい店を選べば、相手がイマイチでも食事を楽しめるし、恋愛に発展しなくてもいい友達になれる可能性も。過度な緊張や警戒心はせっかくの出会いを妨害することも。ポジティブに楽しもう。

✔大事なのは失敗しても折れない心!
事前にやり取りはするものの「会ってみないとわからない」のがマッチングアプリ。そこでお互いに「違うな」と思うこともあるけれど、そんなときは「こんなこともあるさ」の精神で。あきらめずに突き進もう!

✔危険なお誘いには「NO!」
メッセージの段階で下心見え見えの下ネタを書いてくるような人はもちろん、遅い時間のお誘いや、ホテルのバーなど怪しい場所を選ぶような人には要注意。嫌なことにはちゃんと「NO!!」を言おう。

✔SNSで相手を検索
「いいな」と思う人を見つけたあと、多くの人がコッソリやっているのがSNS探偵(笑)。安全性が高くなったとはいえ「経歴や彼女の有無に噓はないか?」相手の名前で検索して念入りに危機回避!

✔本人確認機能がしっかりしているアプリを選ぶ
マッチングアプリは気軽にトライできるのが魅力。それだけに、既婚者やよからぬ男性が紛れ込むことも。見極める自信がない人は身元をごまかせない安全管理がしっかりしているアプリを選ぼう!

イラスト/丸ゐまん丸 取材・原文/石井美輪 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン