Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. 元フードバイヤーmanamiのコスパなグルメ&スイーツ

【カルディおすすめ】マニアに人気の冷凍クロワッサンをご紹介♡アレンジレシピも!【元フードバイヤーmanami】

カルディコーヒーファームは、カルツォーネ、シナモンロール、ベーグルなどベーカリー類も実力派ぞろい!
今回は、以前からカルディマニアの間で話題になっているサクサクのクロワッサンをご紹介します。

カルディおすすめ!「オスカーモンド クロワッサン」

【カルディ】オスカーモンド クロワッサン

こちらの「オスカーモンド クロワッサン」は、275gで5個入り537円。

カルディの冷凍コーナーで販売中で、以前は品切れしていることも多くありましたが、最近ではよく見かけるように。
ちなみにオンラインストアでは品切れ中。購入制限があり、人気の高さがうかがえます。

カルディの冷凍コーナーで販売中の「オスカーモンド クロワッサン」

ヨーロッパ産の発酵バターを贅沢に使用したこだわりの一品。
クロワッサン発祥の地という説もある、フランス産のクロワッサンです。

カルディの「オスカーモンド クロワッサン」は5個入り

中には、表面にツヤ出し用の卵液が塗られたクロワッサンが5個。
ミニクロワッサンのような意外と小ぶりのサイズで、これが1個100円以上するのはコスパ的にどうかな、と考えていたのですが……。


トースターでも焼ける! 失敗しないコツは?

早速調理に移ります。
クロワッサンをオーブンに並べ、室温でしばらく放置。
夏場は20分、冬場は30分が目安です。
またこのときに十分な間隔を空けて並べるのがポイント。
そして余熱後、180℃で約25分しっかりと焼きます。

カルディの「オスカーモンド クロワッサン」を焼くときに失敗しないコツは?

筆者は余熱が面倒だったので、今回はアラジンのトースターで調理。

180℃で15分焼くと、みるみるうちにふくらんでいきます。
予想以上のふくらみに、クロワッサンをもっと離して並べるべきだったと後悔。

焦げが気になる方は、直前までアルミホイルで軽く覆うのがおすすめ。
くっつかないように取り出すには、下にオーブンシートを敷いてくださいね(筆者はアルミホイルを敷いてしまい苦戦)

悶絶する美味しさ! サクサクのクロワッサンが完成!

焼きあがった「オスカーモンド クロワッサン」

オーブントースターでも問題なく焼きあがったのがこちら!
比較すると、かなり大きくなったのがわかります。

「オスカーモンド クロワッサン」は焼くと1.5倍サイズに

きれいな焼き目がつき、見るからに美味しそうなビジュアル。
焼きたてのパンの香りに思わずかぶりつくと、外はサックサク、中はしっとり、ふあふあ。
口の中に、発酵バターの豊潤な香りと、これぞバターという濃厚な味わいがじゅわりと広がります。
ほどよい塩気もあり、メイン料理がなくともこれ一つで大満足。ボリュームも満点です。


当初はコスパが悪いかもと思っていましたが、こんなにリッチで美味しいクロワッサンを1つ100円ちょっとで食べることができるなら、何度でも買ってしまいそう。
リベイクではなく、本当の焼きたてのクロワッサンを食べるというのはパン屋さんではなかなかできないことなので、このクロワッサンの人気の理由がよくわかりました。

カルディのクロワッサンのおすすめアレンジ

カルディの「オスカーモンド クロワッサン」のおすすめアレンジ

ほんの少しアレンジを加えてバリエーションを出すなら、ホイップクリームとカスタードクリームを絞ってスイーツにしたり、ハムやパストラミビーフ、野菜を入れてクロワッサンサンドにしたりするのもおすすめ。
本場フランスでは、カフェオレやココアといった飲み物に浸して食べるので、パリ気分を味わってみても◎!

1個だけと思いながら無限に食べたくなる絶品クロワッサン。
これからのパーティシーズンにも活躍するので、ぜひ、ぜひ食べてみてくださいね! 

轟木愛美

ライター

轟木愛美


某有名雑貨店で、国内外の魅力的な商品をバイイング。商品企画にも携わり、さまざまなヒット商品を生み出してきた経験あり。現在はライターとして、日々美味しいものを探索中。お手頃価格で買える、毎日に少しだけときめきをくれるものが大好き。趣味は喫茶店巡りと遺跡探訪、海外遠征。

「カルディ」オンラインストアはこちら

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン