Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. WEDDING
  3. 恋愛・婚活

「30歳・事務職、独身。結婚したい彼に『男性アイドルにお金を使うのはやめたら?』と言われます」【マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 #21】

「マッチングアプリの中のひと」として、YouTubeをはじめSNSで大活躍のとーまさん。恋に悩む女性の気持ちを受け入れ、男性心理を的確に分析して大人気! そんなとーまさんの「婚活相談」第21回。今回は、彼に推し活を制限してほしいと言われた女性の相談にお答え!

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談

「30歳・事務職、独身。結婚したい彼に『男性アイドルにお金を使うのはやめたら?』と言われます。」

「レイナです。こんにちは。私は5年ほど前から韓国の男性アイドルグループを推しています。こういったご時世になる前は、暇さえあれば韓国に行き推しのライブやファンイベントに参加していました。とはいえ、国外へ行けなくなってからはYouTubeやオンラインイベントなどの推し活で心を満たしていたのですが……(笑)。

コロナ前は、遠征の日々で忙しく彼氏どころではなかった私も、2年前に彼氏ができ結婚についても二人で真剣に考えはじめています。彼には、韓国アイドルが好きなことを伝えていますし、彼も認めてくれている……と思っていました。

私の推しグループが先日日本でライブツアーを行ない、私も数年ぶりのライブでかなり盛り上がっていました。気合いを入れて、遠方含め3ヵ月の公演期間の間に6公演行くことが決定。

ところが、彼に『そんなに同じ公演に行く必要ある?』『二人の時間よりもアイドルとの時間を優先するの?』と言われてしまいました。正直とても悲しかったです。

彼が仕事で忙しく休みの日に二人で会う時間を大切にしてくれていることもわかっていたので反省しましたが、女友達と泊まりの旅行に行ったり、一日中遊んだりするときは何も言ってこないのにどうして? という気持ちにもなってしまいます。

しまいには、『30歳になったんだから、男性アイドルにお金を使うのはやめたら?』と言われてしまう始末。

結婚を考えているので、もちろん趣味へのお金の使い方は今後考えていきたいですが、彼との結婚のためには、推し活を控えた方がいいのでしょうか?」

やきもちや不安などを感じている彼の気持ちも理解してあげて

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 やきもちや不安などを感じている彼の気持ちも理解してあげて

「レイナさん、相談ありがとうございます。推しがいるっていいですよね。

 

推しがいるから仕事を頑張れたり、楽しみが増えたり、日常生活が充実したりしますし、推しがいる前と後では、日々の彩りが全然違いますよね。

 

だけど、その推しのことを彼はなかなか理解してくれない。結婚のために推し活を控えた方がいいのかということで、一緒に考えていきたいと思います。

 

まず、彼の気持ちを察すると、今までは認めていたけど今回の様子を見て、やきもちと不安が一気に出てきて、気持ちをぶつけてしまったのでしょうね。

 

レイナさんは意識していなくても、彼からすると、普段自分に向けてくれないような表情をしているように感じ、推しに対してお金も時間もかけているから、なおさらそう見えたのだと思います。

 

それに、

 

『自分は仕事が忙しいときも予定を合わせて会っているのに……』

『遠出するなら一緒に行きたいのに……』

『自分にも推しみたいにお金も時間もかけてくれるのか……?』

 

といったように、いろんな感情が出ていたのかもしれませんね。

彼に推し以上の愛情表現をし、二人のやりたいことにも全力になると彼も文句は言えないはず!

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 彼に推し以上の愛情表現をし、二人のやりたいことにも全力になると彼も文句は言えないはず!

だからこそ、大事なことが2つあると思います。

 

1つ目は、彼のことをもっと褒めて、『あなたが一番だよ』と、言葉でも行動でも伝えることです。

 

自分といるときよりも推しといるときの方が楽しそう、幸せそうだと思ったから、今回のような状態になったと思うので、日頃からたくさん伝えてみてください。

 

そして、公演の前後はいつもより多めに伝えるようにしてみてください。

 

めんどくさいと思うかもしれませんが、小さい子って自分にかまってくれなかったら、いじけたり、拗ねたりすると思います。

 

彼が今その状態になっているので、いっぱいかまってあげるといいですよ。

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 彼に推し以上の愛情表現をし、二人のやりたいことにも全力になると彼も文句は言えないはず!

2つ目は、『やることはちゃんとやっているからあとは自分の好きでいいよね』という状態をレイナさんが作れるようにすることです。

 

例えば、

・結婚を考えているから二人で貯金をしよう

・二人の旅行費用を貯めよう

 

など、二人のやりたいことや目標をクリアしていたら、スムーズにいきやすいと思います。

 

正直、彼にも何か熱中しているものがあって、それにお金をかけていたら、『それと同じだよ』と言いたくなりますし、言ってもいいと思います。

 

ただ、言ったところで彼が拗ねることに代わりはないでしょうから、スムーズに公演を見に行くためにも、二人の将来のお金も貯めるためにも、ぜひやってみてください。

自分の「好き」を彼と共有してみたら、彼の考えも変わるかも

マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 自分の「好き」を彼と共有してみたら、彼の考えも変わるかも

それと、彼が『そんなに同じ公演に行く必要ある?』と言ったことに関して、こればかりは推し活をしたことがない人にはわかりづらいと思います。

 

僕はジャニーズが大好きで、公演にも行くのでレイナさんの気持ちがすごくわかります。同じ公演でも同じじゃないですよね。

 

確かにセットや曲順は同じだけど、日によってメンバーの表情も少しずつ違うし、MCの内容も違うし、見る角度が変われば演出の見え方も変わります。

 

その日その日で感じることが違うから、行けるなら何回でも行きたいですよね。

 

そんな気持ちを彼に知ってもらうためにも、一度彼と一緒にライブに行ってみてはどうですか?
旅行も兼ねてなどであれば彼も行きやすいと思います。

 

僕の友人で、彼を連れていったら彼の方がすっかりハマって、美意識まであがっている、なんてこともあったりします。

 

次の機会があれば、ぜひ彼に提案してみてください。

 

彼と素敵な結婚ができて、幸せな結婚生活になることを願っています。

 

また何かあればいつでも相談してください。今回はありがとうございました」

とーま

マッチングアプリの中のひと

とーま


1992年生まれ、大分県出身。国内最大級のマッチングアプリ「タップル」を運営する会社で働く会社員。1000人の男女にインタビューした経験やマッチングアプリの運営で培ったノウハウを生かし、男性心理を的確に分析したYouTubeチャンネルが大人気。登録者数は約5.8万人(2022年11月現在)。

とーまさんが働く「タップル」は、グルメや映画など共通の趣味をきっかけに恋人を探せるマッチングアプリです。ダウンロードはこちらら!

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み