本が誘う、まだ知らない世界へ! 今月のオススメBOOK3選

2016-04-24 18:30
  • 41歳で妊娠、出産。 その軌跡を、日記エッセイで。『蝶々、ママになる。』

  • 『蝶々、ママになる。』 蝶々 集英社 1400円
  • OL兼銀座ホステス時代に書いたブログで人気を博し、「小悪魔ブーム」の火つけ役となった著者。気ままな独身生活から妊娠、そして出産へ。心身の変化をハッピーなムードでとらえたエッセイ集。
  • 古い詩人の葉書を集める「私」。 時代を超えてつながる言葉。『その姿の消し方』

  • 『その姿の消し方』 堀江敏幸  新潮社 1500円
  • フランス留学中の「私」が骨董市で見つけた葉書。そこには奇妙な10行の詩が書かれていた。送り先の女性は誰か。詩人に魅了され、姿と言葉を追う。エッセイと創作のあわいの感触が魅力の一冊。
  • 名前の漢字に動物のひそむ5人の作家の、動物小説。『どうぶつたちの贈り物』

  • 『どうぶつたちの贈り物』 小川洋子、白河三兎、 鹿島田真希ほか PHP研究書 1400円
  • 座礁した貿易船から村に流れ着いた2頭の羊の物語(小川洋子)や、関西弁を操る馬が殺人事件の謎を解くミステリー(東川篤哉)など、テイストの異なる5編の、書き下ろしアンソロジー。
文/江南亜美子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords