【俳優・岡田健史インタビュー】今いちばん気になる年下男子の素顔に接近!

2019-03-13 18:00
  • BAILAが、旬の人、気になる人、会いたい人に接近する「今月のインタビュー」。今日発売の4月号に登場してくれたのは、俳優・岡田健史さん。ドラマ「中学聖日記」でデビューするやいなやその端正な顔立ちと爽やかな笑顔で一気に注目を集めた、若手の最注目株! そんな岡田さんの素顔に迫るべく、「健史的・喜怒哀楽」について質問してみたところ……
  • フェンディ 「バゲット」バッグ
  • 最近うれしかった出来事は?
    「雲ひとつない青空の下で、この撮影ができたこと! 快晴で暖かくて、すごく気持ちがよかったです。室内と屋上で撮影をしたのですが、同じ衣装でもやっぱり感じる温度も違ってくるし、そういった変化を楽しみながら、その瞬間の気持ちを表現できたらいいですね」

  • 怒りが爆発するのはどんなとき?
    「怒りが突然こみ上げてくることは、まずないかな。怒りとは違うかもしれませんが、モヤモヤすることはあります……(笑)。うまく伝えられず誤解が生じたりすると、ちゃんと話し合いたいなと思う。そのままにしておくことは苦手だから、それができないとモヤっとします。嫌なことがあると、すぐ顔に出てしまうので、昔から"すぐふてくされない!"と両親に注意されたりしていました」
  • センチメンタルな気分になる瞬間は?
    「悲しくなるのは、自分自身がダメだなって感じたとき。自分で決めたことなのに、計画どおりにできなかったり、レベルアップするために取り組んだことが、イマイチな結果だと、へこみます……。ちょっと悲しいというか、悔しくてとことん落ち込みます」
  • 何をしているときがいちばん楽しいですか?
    「自然を感じ、五感が研ぎ澄まされると、幸せだな~って思います。たとえば、おいしいものを食べたり、快晴のもとで撮影ができたりするだけで、気持ちまで明るくなります」

  • 岡田くんも気に入ってくれた青空の下で撮影した写真は、見ているだけでも気持ちよさが伝わるはず。喜・怒・哀・楽に加えて「今」の岡田くんの気持ちが伝わるインタビューも必読。ぜひ本誌をチェックしてみてください!
  • 岡田健史2
  • おかだ けんし●1999年5月12日生まれ、福岡県出身。180㎝、O型。
    小中高校時代は野球に打ち込み、強豪校でキャッチャーとして活躍する。中学1年からの5年間スカウトされ続けた事務所へ入り、昨年の春上京。オーディションを見事勝ち抜き、ドラマ「中学聖日記」で俳優デビューを果たす。
撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉 ヘア&メイク/Kohey スタイリスト/富田彩人 取材・文/山中ゆうき ※BAILA2019年4月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords