Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. 30代からの名品

「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】

レザーベルトのリストウォッチは、女性をエレガントに見せる。クラシカルな佇まいとしなやかな質感がそう思わせるのだろうか。ラグジュアリーなホワイトゴールドのケースでも、華美になりすぎない奥ゆかしさもある。ブレスレットやリングと重ねた時の雰囲気もしっくり馴染んで感じがいい。真面目さと女性らしさのバランスが良くて、働く30代女性を、”ちょっと上”に見せてくれるアイテムなのだ。
「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_1
フランク ミュラーの、機能性に優れた名作ウォッチ「ロングアイランド プティ レリーフ」。ホワイトゴールドのケースにピンクパールのクロコダイルストラップで優美に。腕時計¥950,000/フランク ミュラー ウォッチランド東京(フランク ミュラー)
30代にレザーベルトの時計を手に入れたら、もうひとつ素敵なことがある。それは、愛着のあるものを育てる喜び。レザーベルトは使い込めば味が出る。そうして、ある時間を過ごしたら新しいものに変えられる。あるいは、気分に合わせて”着せ替え”を楽しむことも簡単だ。たくさんの変化を経験する30代、ケースはずっと一緒でも、ベルトを変えるたびその時どきの気持ちや区切りをつけられたら、いつの間にか、その時計は自分だけの宝物になっているはず。そろそろ2本目が欲しいという人、これから初めて一生ものを探そうという人、そのどちらにもおすすめしたい。

【select point】
・ケースもクラシカルなデザインがマッチ。ディテールに個性が感じられるものを。
・レザーベルトは取り替えできるものを。2タイプ持って”着せ替え”しても素敵。
・機能性に優れ、何十年も愛用できる名品ブランドの1本から選んで。

フェミニンな機能美。レザーベルトウォッチの名品5

「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_2_1

1/5

「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_2_2

2/5

「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_2_3

3/5

「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_2_4

4/5

「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_2_5

5/5

【Tiffany & Co.】 1940 年代のティファニー製のトラベルクロック よりインスパイアされた、アイコンウォッチ「イースト ウェスト ミニ」。レクタンギュラーのケースに、90°回転させたように配置した横長の文字盤が、ユニークな遊び心を感じさせて。カーフベルトはシングルストラップとダブルストラップを交換することができる。 腕時計¥435,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) 問)ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 0120-488-712
【FRANCK MULLER】 スイスの天才時計師、フランク ミュラーが生み出したブランド。「インターミディエ マザー オブ パール」は、プレシャスなホワイトのベルトが優美なトノウシェイプとマッチして、華やかな印象。アンティークな”ビザン文字”を用いた特徴的なインデックスも魅力。 腕時計¥1.150,000/フランク ミュラー ウォッチランド東京(フランク ミュラー) 問)フランク ミュラー ウォッチランド東京 TEL03-3549-1949
【LONGINES】 ひときわエレガントなオーバル型の「ロンジン サンフォネット」。マザーオブパールに象眼を施した文字盤は、美しく、時間の判別もしやすい。ロンジンは1832年創業のスイスの時計ブランド。創業時から全商品にシリアルナンバーがついており、きめ細やかなサービスに対応している。 腕時計¥443,000/ロンジン 問)ロンジン TEL 03-6254-7351
【BAUME&MERCIER】 189年の歴史を持つスイスの老舗ウォッチメゾン、ボーム&メルシエ。レクタングルケースの「ハンプトン」は、知的でユニセックスな印象。優しいカーブを帯びているので、身につけてみると、手首にフィットして、女性らしく華奢な印象に。 腕時計¥150,000/ボーム&メルシエ 問)ボーム&メルシエ TEL 03-4461-8030
【HAMILTON】 ”アメリカンスピリットとスイスのテクノロジーの融合”を掲げるハミルトン。ブルーのベルトの「ハミルトン レイルロード レディ」も、アメリカンクラシックな鉄道時計をイメージしたモデル。スポーティなデザインながら、ベゼルにダイヤがあしらわれ、女性らしく。 腕時計¥184,000/スウォッチ グループ ジャパン(ハミルトン) 問)スウォッチ グループ ジャパン 03-6254–7371
「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_2_1
「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_2_2
「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_2_3
「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_2_4
「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_2_5
1837年、ニューヨークで創業。創業者であり、のちに「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されるチャールズ・ルイス・ティファニーは、1848年から宝石事業に進出した。ブランドを象徴するカラーである「ティファニー ブルー」、ダイヤモンドのエンゲージメントリングの代名詞といわれる「ティファニー セッティング」、そして『ティファニーで朝食を』に登場したニューヨーク5番街の本店など、アメリカを代表するプレミア ジュエラーの歴史は、数々のレガシーとロマンティックなエピソードに彩られている。
「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_3
ニューヨーク五番街にある本店は、現所在地に1940年開業。ファザードには時計を担ぐ古代ギリシア伝説の巨人アトラスの彫刻が。このモチーフもティファニーのコレクションに用いられている
「ダイヤモンド バイ ザ ヤード」「ボーンカフ」をデザインしたエルサ・ペレッティ、「グラフィティ」を手がけたパロマ・ピカソなど、伝説的なジュエリーデザイナーたちが手がけたコレクションをはじめ、ティファニーのジュエリーには、モダンで革新的なスピリットが込められているように思う。そしてそれが、身に着ける人のもとでタイムレスな魅力をまとってゆくのだろう。手にすると幸せな気持ちになる「ティファニー ブルー」のボックスの中に、憧れと永遠が込められている。
「クラシック」を愉しむ、レザーベルトの時計【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.24】_4
ホワイトの文字盤に、ティファニーブルーのインデックスとダブルストラップベルトをつけた「イースト ウェスト ミニ」。¥485,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)
文・久保田梓美

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン