Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. エンタメ・インタビュー

【SKY-HI(スカイハイ)】30代働く女性がリアルな仕事の悩みを相談!新世代リーダーの回答は?

6作目となるオリジナルアルバム『THE DEBUT』を12月12日にリリースしたSKY-HIさん。ラッパーとしてはもちろん、アーティスト、プロデューサー、マネージメント/レーベルの代表取締役CEOなど、様々な顔を持っているのは周知の事実。たくさんの経験を重ねてきたSKY-HIさんが、なんと特別にBAILA読者が抱える仕事の悩み相談に乗ってくれました!

SKY-HI(スカイハイ)さん6枚目のアルバム『THE DEBUT』インタビュー記事はこちら!
SKY-HI(スカイハイ)1

Q:部下にあっさり仕事を断られます。私が肩代わりすることにもモヤモヤ…!

「部下に仕事を振ると『子供が小さくて定時に帰宅したいため、この仕事はできない』とあっさり断られます。今いる部署は人が少なく、子供がいる人には仕事が振れないし、代わりに子供がいない人に仕事を振ると不公平だと不満が出ます。結局自分が肩代わりするしかありません。


私は管理職なのに、なぜ現場の肩代わりをしないといけないのか…と、モヤっとしています。部下のライフスタイルに合わせた仕事の振り方は、どう考えればいいのでしょうか」(39歳・不動産)

SKY-HI:上司としての最初の仕事は部下に好かれること。立場を抜きにして、並列な状態で尊重しあえる関係でなければ

SKY-HI(スカイハイ)2

「ひょっとして部下から好かれていないのでは? 上司として一番はじめにやるべき仕事は部下に好かれること。


コミュニケーションをきちんと取って、上司と部下という立場を抜きにして、並列な状態で尊重しあえる関係でなければ、上下の関係がうまく築きあげられるわけがないと思います。


ちょっとキツイことを言っちゃうかもしれないけれど…仕事の振り方がどうかではなく上司として不適格なのでは?


本来、人が少ないということは、頑張れば頑張った分評価されやすいのだから、チャンスだと思って頑張る人が多いはず。でもそれを部下の誰もがしないのなら、上司であるあなたに問題があるのだと思いますよ。事情がある場合こそ深く相談してもらえる環境を作る責任が管理責任者にはあります」

Q:子会社の代取になったら、数字に追われて自由がなくなりました。

「仕事で認められて子会社を任され、代表取締役社長になりました。

でも、その途端、数字に追われて好きなことが自由にできなくなってしまいました。責任ある立場でやりたいことをやるには、どうしたらよいのでしょうか」(33歳・IT)

SKY-HI:自分のやりたいことが会社に有益だということをプレゼンすれば、絶対にできるはず!

SKY-HI(スカイハイ)3

「自分のやりたいことが、会社にとっていかに有益かということをしっかりプレゼンすれば、やりましょうってことになると思います。


やる気がある人たちの集まりであれば、本当に有益なことであれば通るはずだし、やる気がない人たちの集まりであれば力技で押し切れるはず(笑)。


それが通らなかったとしたら、自分のプレゼン能力が足りなかったということだし、それをやるだけのスキルが足りなかったということだから、もう一度練り直してプレゼンすればいいんです。頑張ってください」

Q:後輩がまるでやる気ナシ。チーム感を出すにはどうしたら?

「仕事のチーム感をまったく無視する後輩がいて困っています。最低限の仕事はするのですが、ミーティングで意見を求めても『特にないです』の一言ばかり。

チームから外す権限は私にはありません。後輩にやる気を出させるにはどうしたらよいのでしょうか」(29歳・広告)

SKY-HI:後輩に構うよりも、自分の仕事を頑張った方が有益

SKY-HI(スカイハイ)4

「この悩みは会社の規模によって、答えが変わってきますねぇ。


スタートアップしたばかりの小さい規模の会社だったら、完全に後輩に問題がある。少数精鋭で仕事を進めているのだから、仕事の出来・不出来以上に悪影響を及ぼす可能性があるので、どう対処すべきか全員で話しあった方がいい。場合によっては、上司にチームから外してもらうという選択肢も視野に入れて。


ただ規模が大きな会社になればなるほど、そういう人が出てくるのは必然だし仕方のないことでもあると思うんです。そんな後輩に構っている時間があったら、自分のタスクをフルコミットでこなすことに力を注ぎましょう。


それでも後輩に奮起してもらいたいのであれば、その後輩が青ざめるくらい大きなミスをするのを待つしかないですね。例えばだけど、何千万円かの損失を出してしまう、とかね。責任を自覚することで、自分の仕事がいかに重要でやりがいがある仕事なのかということを自覚できると思うし、そこでようやく変わるのでは?


変わらなかったら…完全に諦めてやはり自分の成績に集中してください(笑)」

SKY-HIさんのBAILA撮影オフショット動画はこちら

『THE DEBUT』

『THE DEBUT』 SKY-HI

¥11550[CD+2DVD or Blu-ray+フォトブック]、¥8800[CD+2DVD or Blu-ray]、¥2750[CDのみ]/B-ME

自由奔放、天真爛漫、貪欲でありながら誠実なSKY-HIさんのすべてが詰まった6枚目のアルバム。DVD / Blu-rayには『SKY-HI HALL TOUR 2022-八面六臂-〈2022.02.26@LINE CUBE SHIBUYA〉』の模様が収録されている。

SKY-HI

ラッパー/プロデューサー/「BSMG」CEO

SKY-HI


すかいはい●2000年代中頃から、ラッパーとしてのキャリアを積み重ね、2013年にシングル『愛ブルーム/RULE』でメジャーデビュー。日本武道館での2Days公演を行ったり、様々な賞を受賞するなど、各方面から注目を集めている。12月12日に6枚目のアルバム『THE DEBUT』をリリース。

撮影/山本雄生 スタイリスト/安本侑史 ヘア&メイクアップ/椎津恵  取材・文/菊池美里 動画制作/吉川樹生

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み