1. BAILA TOP
  2. WORK
  3. 働く女性ルポ

【働く女性のバッグの中身】子育てと仕事を両立するアパレルブランドディレクターの愛用バックパック

様々な価値観、重ねてきた経験、垣間見えるプライベート…30代から40代の働く女性のバッグとその中身を通して「生き方・働き方」を学ぼう。今回は「アーセンス」ディレクターの梅本愛子さんを取材。子育てとオフィスワークを両立する彼女の相棒バッグはバックパックなのだそう!

新卒入社のアパレル会社で働き続け、 産休取得後、ブランドディレクターに

梅本愛子さん(35歳)/「アーセンス」ディレクター

梅本愛子さん

会社の成長を肌で感じながら積んだ経験を今、アウトプットできている実感がある
子どもの送り迎えから展示会巡りにオフィスワークと、PCを運び歩き回る仕事の相棒は丈夫なバックパック。その中にはストレスを和らげるアイテムや、30代後半の体調変化に伴うウェルネス関連のグッズが。そんな梅本さんが現在ディレクターを務める「アーセンス」は、働くシーンに寄り添う、お手入れしやすく着心地のいい服や雑貨で同世代の共感を呼んでいる。十余年にわたる店頭とバイイングの経験から任されたブランドは、社内では初めての“きれいめ”テイスト。「年齢を重ねて着たい服が変わった、私たち世代の意思を反映したブランドを『フリークス ストア』からのなじみのメンバーと一緒に育てています。私自身も、自分の興味や関心を仕事に投影できるようになったタイミング。子育て同様、仕事も未知なことだらけだったけれど、組織の強みと自分のインプットが結びつき、今アウトプットできている実感があります

WORK&LIFESTYLE history

20歳:大学では法律を学ぶ一方、ファッションビジネススクールに通う

22歳:新卒でデイトナ・インターナショナルに入社。「フリークス ストア」店舗勤務に

25歳バイヤーになり、海外へ買い付けの出張を経験


27歳:結婚

29歳:出産

31歳:復帰後「フリークス ストア」ブランドディレクター兼バイヤーに。時短勤務で仕事と家庭を両立するライフスタイルに。新ブランドの話が持ち上がる

33歳ブランドディレクターを務める新ブランド「アーセンス」がデビュー

34歳:「アーセンス」初の店舗がルミネ新宿にオープン。環境負荷の少ない無染色の服を発売

35歳:ルミネ新宿の店舗がリニューアル。ヴィンテージやライフスタイルアイテムなどのセレクトも拡充する。肌に優しいアクセサリーブランド「エスネ」をローンチ

MY BAG:COMMON EDUCATION デイズパック

COMMON EDUCATIONデイズパック

出会いはアウトドア関連の展示会。軽量で防水性と耐久性に優れたヨットの帆布を使用。使いやすさに惚れ込み、6月から「アーセンス」で取り扱いを始めることに。

展示会や商談をはしごするのでPCは持ち歩き

展示会や商談をはしごするのでPCは持ち歩き
「アーセンス」のショップで取り扱う商品のセレクトのため、週の半分はオフィスの外で展示会や商談へ直行。業務用PCは必ず持ち歩く

気づきをメモするノートには 息子さんの絵を挟んで

気づきをメモするノートには息子さんの絵を挟んで
文庫サイズのフリーノートに「息子が描いた絵は、捨てられなくて挟んだままに」

ショップで扱う商品は先に自分で使い、愛用するものも

ショップで扱う商品は先に自分で使い、愛用するものも
展示会で知ったフェアトレードのチョコレートは、仕事の合間に食べたり、人にあげて感想を聞いた後で、ショップでの取り扱いを決めたもの。そんなふうに自分自身でよさを実感したものが、お店の商品になることも多い。左端は「THENN」のアロマオイル。リラックスできる香りをリクエストし調合してもらった

漢方の本は気分転換にも。タンブラーにはモリンガ茶

漢方の本は気分転換にも。タンブラーにはモリンガ茶
通勤途中の読書はオンオフを切り替える時間。目下の関心は漢方やウェルネス。スーパーフードのモリンガ茶もそうした情報収集で知り、飲み続けている

革小物とポーチはお気に入りを長年愛用

革小物とポーチはお気に入りを長年愛用
「ソレイアード」の牛柄ポーチは学生時代から愛用。二つ折り財布は「ジバンシィ」、カードケースは「J&M デヴィッドソン」

撮影/木村 敦 取材・原文/久保田梓美 ※BAILA2022年6月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK