1. BAILA TOP
  2. WORK
  3. 仕事スキル・雑学

「させていただきます」の多用はNG! 代わりに何て言う?【働く大人の言いかえ術 vol.3】

良好な人間関係は、日々のひと言の積み重ねから!ビジネスシーンでの「よけいなひと言」を「好かれるセリフ」に変える言いかえ術をご紹介。第3回は、「させていただきます」の言いかえについて。

「させていただきます」の多用はNG

Indypendenz/shutterstock

■「させていただきます」の多用がNGなのはなぜ?

多用することで、恩着せがましく感じられてしまうからです。

「連絡させていただきます」「検討させていただきます」と頻繁に書かれたメールを読むと「こちらが頼んだわけじゃないけれど……」と思えることはありませんか?

「させていただきます」は「させてもらう」の謙譲語で、「相手の許可をもらっていること」と「恩恵を受けていること」の二つの要件を満たす場合に使う言葉。

たとえば、病気になったときに上司に会社を休む許可を得て、療養できる恩恵を受けたときに、「それでは今日は休ませていただきます」という使い方は適切です。しかし、多用することでやはり違和感を与えるので、同じような言い回しには工夫が必要です。

■言いかえるならこれ!

「させていただきます」の多用はNG。
では言いかえるなら何て言う?



↓↓↓



「いたします」


が正しい!
自分の行為を伝える場合は、「返信いたします」「連絡いたします」でいいのです。

■同じように間違いやすい表現は?

過分な配慮の例では、「よろしかったでしょうか」もあげられます。

今やりとりしていることを確認する場合、「よろしいですか」で充分です。過度な言い回しは避けましょう。

■引用したのはこちら

サンマーク出版 大野萌子著

よけいなひと言を好かれるセリフに変える 言いかえ図鑑

サンマーク出版 大野萌子著


公認心理師、産業カウンセラー。一般社団法人日本メンタルアップ支援機構(メンタルアップマネージャ®資格認定機関)代表理事。2級キャリアコンサルティング技能士。法政大学卒。

企業内カウンセラーとしての長年の現場経験を生かした、人間関係改善に必須のコミュニケーション、ストレスマネジメント、ハラスメントの分野を得意とする。官公庁をはじめ、大手企業、大学等で5万人以上に講演・研修を行う。テレビ、ラジオ、新聞などのメディア出演、監修多数。

取材・文/佐久間知子

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK