Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Love & Wedding
  3. 婚活ブログ

BAILA世代婚活事情「婚活のここが辛い!」編【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.40】

BAILA世代未婚読者へのアンケート、結果発表最終回。婚活の辛さ編です……。みなさんからいただいた回答、めっちゃわかるよ目白押し。本当に、婚活は精神を削られがち。私は途中から「えーいもう楽しむぜ!」「ダメならダメで!」みたいな開き直り方したので、途中から辛さは軽減してたけど。それでもすっごい分かる…。今回はそんな気持ちをみんなで分かち合えればと思います。

本気で婚活!ブログVol.29-1

ViDi Studio/shutterstock

<BAILA世代で婚活中の女性に聞きました!>

 

Q婚活で辛いと思うことはどんなことですか?
  
婚活って疲れるし辛い。しょうがないんだけど辛い。みんなどんなことが辛いのか、思いっきり書いてもらったら出るわ出るわ、「それな」のお祭り…。多かったもの、共感度が高かったものを紹介していきます。

 

 

「ゼロから相手のことを知り、さぐりさぐり付き合っていくという過程がだんだん面倒に…」(31歳・金融事務)

 

「毎回自己紹介から始まり趣味や仕事の話など同じ話をしないといけないことに疲れきりました。就職の面接のようでだんだん面接慣れしてきました。笑」(32歳・メーカー設計)

新しい人と出会うための婚活なんだから当たり前なんだけど、エネルギーを使うから辛い。本当に私は最初の自己紹介タイムが苦手で苦手でしょうがなかったので、分かりすぎて分かる…。普通の飲み会なら平気なんだけど、「婚活」だと思うと、どこかさぐり合いみたいになるし、なんとなく猫もかぶっちゃうしで疲れ倍増ですよね。結婚を約束した最高の幼なじみ(男)が空から降ってきてほしいと何度も思った。

 

「何度出会いの場に出ても、いいなと思っても上手くいかない。興味のない人にたまに誘われて、無理して会うけどやっぱり盛り上がらず、会話も続かず。楽しくない時間ばかり過ぎていく。けども、やらない訳にもいかない、行きたくないの葛藤ばかり」(32歳・事務)

  

「婚活市場に結婚したい相手がいない。お金を持っていないのに女は金目当てだろ!と言ってくる男性や、こちらの仕事中にLINEが返ってこないと連投しまくる男性などばかり」(38歳・事務)

 

いい男性と出会えない問題…。私もこういう「マジで!?」っていう男性と会ったりするととんでもなく削られました。それはもうゴリゴリと。婚活しているほぼすべての女性が発したことがある言葉「素敵な人はみんな結婚してる!」がね、身にしみますよね。気が合わないくらいならまだしも、とんでもなく失礼な男性や短気な男性がいますからね。

好みかどうかなんて会ってみないと分からない、しかも1回じゃ分からなかったりもする。最初はいいなと思っていても、絶対合わないなと思う部分が見つかったりしてね。なんなん。

 

 

「惨めな気持ちになる。婚活パーティーで選ばれないと悲しい」(31歳・薬剤師)

 

「マッチングせず、悲しくなる。ラインの既読スルーや未読スルーにつかれる。選ばれない悲しさ」(36歳・理学療法士)

 

いいなと思っていた相手から、デートの約束があるというのに永遠の既読スルーを決められたことがあるのでとても分かります。「あ、あの人は他にいい人が見つかったんだ」というあの感じ。婚活は並行していろんな人と会うのが当たり前だと思うし、なんならこっちだってやってるんだけど、その中から選ばれない悲しみ。「次行こ次!」って思うんだけど、やっぱり悲しい。

 

 

「学生の時の友人の集まり。子供の話、旦那の話を聞いているときは楽しそうに聞いていますが、正直辛い。また、学生の時の友人なので、痛いところを平気で指摘される。心の余裕があれば笑ってかわせるが、泣きそうになることも。心配して欲しいけど触れて欲しくない。複雑です」(37歳・金融)

 

「周りの既婚者を恨めしく見てしまう」(33歳・IT)

 

これ本当に嫌だ〜〜〜!! 別に友達の幸せが嫌なわけじゃないのに、どこかモヤっとしてしまう自分が嫌い!ってなる。そして「こんな性格だからダメなのでは…」と落ち込んでしまって、負のループに入ってしまう。友達じゃない、全然無関係の、なんならすれ違った夫婦とかでも「いいな…、なんで結婚したんだろうこの人達は…」みたいな思考になっちゃったりね。全世界の既婚者を「いいなぁ」の眼差しで見てしまう。でもさ、結婚したくてもがいてるんだもん! これはしょうがないじゃん! と、すぐに開き直ってしまう私。

 

 

 

BAILA世代婚活事情「婚活のここが辛い!」編【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.40】_2

Brian A Jackson/shutterstock

<婚活中の女性に聞きました!>

 

Q:今までの婚活で起こったヤバいエピソードを教えて下さい!

「何これマジで!?」という具体的なエピソードの数々よ。婚活をやっていると、最悪な出来事が割と起きるのがさらにストレスを呼び起こすのよね…。マジで濃すぎるので笑えるものから行きましょう。

 

  

「マッチングアプリで出会った人と初めて会う時に誕生日プレゼント何がいいかと聞かれ、とっさに欲しいものを答えたらヤバイ人扱いされて一度会って終了。欲しいものは包丁と答えてはいけない」(31歳・営業)

  

「相手の仕事の話を聞いているうちに、だんだんビジネスコンサルタントのように分析を始めて業務改善を提案してしまったことです。感謝はされました」(31歳・無回答)

 

女性サイドのおもしろミス(?)たち。ふたりともめっちゃいい人そう…。友達になりたい…。そういえば、下のようなミスは私も遠い昔にやったことがあります。相手の忘年会の出し物の話を聞き、小道具の作り方や材料を買える場所を細かくアドバイスしてしまった。使える!と思ったのか、小道具作成中にもかなり相談された。結果友達になった。感謝はされました。

  

  

「お見合いパーティーに何度も参加していると男性陣に何度か会ったことのある人が出てくるように。初めてのふりをして話すのがつらかった」(37歳・事務)

 

これ、何人かから出てました。初めましてのふりして喋るのがルールなのかな…。気まずい…。

 

 

「街コンであった人と、興味はなかったけど流れでLINEを交換しました。街コンが終わった日の夜、2時間ほどスマホを見ていなかった間に、その日街コンでLINEを交換した人から10通以上のLINEがきていました。内容を見ると、最初は"今度、一緒にご飯行きませんか?"という文言でしたが返事が無いことを不快に思ったのか、"無視とか失礼だろ"、"何様だ"、"興味あるわけじゃねーから"などのメッセージが…。怖くなってブロック、削除しました」(30歳・通信サービス)

 

これ、結構あるあるだと思うのですがどうですか…? 悪気が合ったわけじゃない未返信をめちゃくちゃ詰められて罵詈雑言っていう流れ、私も体験したことが。てか2時間て。そんな頻繁にLINE見てられるか。

というか、逆に自分がスルーされたら「いい人できたのかー」って残念に思いながらそのままにしちゃうので、一発文句言ってやろうという気持ちがわからない。正直「そんなんだからだよ」と思っちゃうよね。こんな人と結婚できない。

 

 

「友達に男友達を紹介するね、と言われ紹介され何度か食事に行ったりしていました。紹介されたので、もちろん彼女もいないと思っていたら、その友達に言っていないだけで紹介する数ヶ月前に彼女ができていたようです。ふたりで飲みにいこうと何度も誘われていたのですが、断っておいて正解でした」(36歳・メーカー)

   

「マッチングアプリで知り合った人が、既婚者だったこと。話がいろいろおかしいと思ってSNSで調べたら、いとも簡単に相手と奥さんそして息子と思しき子と映っている写真が公開されていて……それを見つけた瞬間、頭が真っ白になりました。何かの間違いだと思いたくて、一緒に写真に映っていた女性を特定して(後から考えるとすごい執念)、その女性にSNS経由で”この人を知っていますか?”という一文だけ、メッセージを送ったことがあります。そして、男本人からはその後脅しのメッセージが来ました。怖かったです」(33歳・金融)

 

女性にSNSを送ったのはマジですごい。行動力ナイス。でも「マッチングアプリで彼女持ちや既婚者と会っちゃう」もかなりあるあるだというつらい現実。私は彼女持ち同棲中としか会ったことないけれど、本当にやめてほしくない!?!?!?!? ありえなくない!?!? こっちは真剣に頑張ってるんだよ!?!?!? 殴りたいんだけど! しかも自業自得なのに脅すなよ…。

 

 

「マッチングしなくても、いいねの時点でメッセージを送れる機能を使って、バカにされたことがあった。ラーメンが好きということを書いていたら、世の中にはもっと美味しい食べ物があるでしょうに、とわざわざいいねに添えてきた。何がしたいんでしょう???? この人と食べるキャビアと、一人で食べるカップラーメンはどっちが美味しいんでしょうか!!」(34歳・接客)

 

絶対にひとりで食べるカップラーメンです! 『麺屋はなび 台湾まぜそば』が特においしいです! ファミマ限定だったんですが、まだ売ってるんでしょうか! とんでもねぇ、ありえねぇ。アプリでストレス発散してんの?っていうような人、たまにいるんだよなぁ。「僕が美味しいもの食べさせてあげますよ」の意だったとしても、嫌すぎる。絶対に一緒に食事をしたくない。味に文句言うもん。

 

 

「いきなり手を触られ、”今、僕が触ってどう思いましたか?”と聞かれた。正直嫌悪感しか感じなかったけど、それは人として言ってはいけないと思ったので、「嫌な感じはしませんでした」と大人な回答をしたら、「僕もです。僕たち肌が合いますね」と言われた。怖すぎ。」(34歳・広告)

 

いきなり触られるとか、あからさまに体目的とかも悲しいことによくある。私も何回かありましたね。やたら家に誘われるとかね。アンケートによると初対面から家デートをゴリ押ししてくる男性も結構いるみたいです。下手くそか。そんなんでついてくると思うなよ。

ただ私は、家に誘われて「付き合えるなら付き合いたいし、いざとなったらそうなってもOK!」と思っていても、楽しくゲームして終わっちゃったりするタイプなので何とも言えない。

 

 

「婚活パーティーでカップリングしたのですが、目の前で47歳の男性が、やっぱり女性は34までですよねーとか言ってきて、デリカシーの無さに驚きました。もちろんその後フェードアウトです」(34歳・講師)

  

好みのタイプや、結婚したい相手が「34歳まで」なのは個人の勝手だけどさ〜〜。世の中的な価値がそうじゃん?みたいな言い方は本当にやめてほしい。34歳の女性に向かって言ってるのがまた。多分褒めているつもりだよね…。しかも47歳の男性って。そういうところです。そういうところ。

「アプリで知り合った人が約束もなく7月7日の夜11:50ごろに家の前でずっと待っていた。”夜も遅いしお風呂にも入ったので外には出ない”と言ったらすごく怒られた。"七夕だからその日中に会わないといけなかった"らしい。翌日、上司に"男性にとっての七夕ってそんなに大事な日なんですか?"と聞いたら、"めちゃくちゃ大事やわ!"って言われた(笑)」(36歳・コンサル)

 

織姫と彦星は7月7日しか会えないの! だから大事なの! っていうか織姫と彦星は夫婦だからね? 愛し合ってるのに別居婚っていうシチュエーション! だからこそのロマンチックだから! と言いたくなりますね。アプリで知り合った人は次の土日に会えるから7日にこだわらなくて大丈夫です。この方、上司に確認取っちゃうところとか、絶対いい人だ…。

その他にも「婚活パーティー会場の外でマッチングしなかった男性に待ち伏せされてついてこられた」「家と職場を特定されて、来られた」など本気で怖い、というか犯罪なので警察へ…みたいな案件も多数ありました。男性のみなさん、せめて傷つけないで…。怖い思いをさせないで…。こちらも気をつけますので…。

 

BAILA世代婚活事情「婚活のここが辛い!」編【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.40】_3

Butsaya/shutterstock

「初対面の人と会うのが疲れる」みたいなものと並行して、こういうハプニングもあって、婚活って本当に疲れる。けど、このアンケートの回答にちらほらいました。「最近、婚活で素敵な人と出会って、婚活が終わりました」という人。がんばっていれば報われることもある、というのが本当に希望…! そういう心躍る回答をピックアップして締めたいと思います。辛い話ばっかりしててもね。

 

「今はお目当てのお相手とうまくいってるので、つらかったことは忘れました♡笑」(34歳・派遣社員)

  

「いい人と出会えないかな?と思って入会したスポーツジムで彼氏ができました!」(28歳・医療事務)

 

「マッチングアプリで騙されたことがあるので、それから婚活パーティー、結婚相談所へ。田舎の婚活パーティーは、かなり厳しいものがありました(笑)。結局、結婚相談所で紹介してもらった人と婚約中です」(38歳・医療)

 

「マッチングアプリで今お付き合いしている方と出会えました!」(35歳・会社員)

 

婚活、つらいことも多いけど、いい人に出会える可能性はあるもんね。来い、ハッピーエンド!

 

(ライター・ジーコ)

ライター・ジーコ 33

  • 趣味は?サッカー観戦、マンガ、読書、ゲーム、お酒を飲む、YouTube
  • 好みのタイプは?一緒に道に迷って楽しい人
  • ジーコの外見は?犬系アイドル顔(担当編集談)
  • いつまでに結婚したい? 東京オリンピックまで。夫婦で開会式を見ます。できればサッカーを見ます
  • なんで婚活してるの?最後に彼氏がいたのは2018年6月。1年つきあうもうまくいかず婚活開始
  • twitterあるけど何ツイートしていいかわからん!⇒https://twitter.com/zicoboost
▶30代ジーコの、 本気で婚活!ブログ
ライタージーコの本気で婚活!

Feature特集