Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. まとめ

【一生ものジュエリーまとめ】30代女性が今、手に入れるべき憧れブランドのジュエリーとは?

一生ものジュエリーを手に入れるなら、上質だけではない、タイムレスな魅力を備えたブランドやデザインを選んで。人生の相棒になるべき憧れブランドのあのジュエリーをご紹介。

※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。

1.Cartier(カルティエ)

リング「トリニティ リング」

 1924年誕生の「トリニティ」は、素材に使われている3つのゴールド、ピンクは「愛」、イエローは「忠誠」、ホワイトは「友情」を象徴するメゾンのアイコンジュエリー。かの詩人、ジャン・コクトーも愛したタイムレスなリング。発表当時のデザインを残す「クラシック」を、まずひとつ手に入れてみて。リング「トリニティ リング」¥142,000(ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールド)/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ)

カルティエのジュエリーを詳しく見る
1970年代、アルド・チプロがカルティエ ニューヨークのために「釘」をモチーフにしたブレスレットをデザインしたのが最初のコレクション。

1970年代、アルド・チプロがカルティエ ニューヨークのために「釘」をモチーフにしたブレスレットをデザインしたのが最初のコレクション。当時、伝説のディスコ「スタジオ54」にはさまざまなアーティストが集まり、陽気で自由な時代の空気を生み出していた。そのカルチャーを背景にした「ジュスト アンクル」は、今でも身につける人のスタイルに、毅然とした自由な意志を加えてくれる。 「ジュスト アン クル」ブレスレット¥330,000(イエローゴールド)/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ)

カルティエのジュエリーを詳しく見る
中でも1924年に誕生した「トリニティ」リング

中でも1924年に誕生した「トリニティ」リングは、世界で最も知られたカルティエのクリエーションのひとつと言えます。愛を表すピンクゴールド、友情のホワイトゴールド、忠誠を表すイエローゴールドを採用しアールデコの神髄を表現した3連リングは、まずNYで人気を博し、日本では1990年前後にブームに。「トリニティ」を愛した芸術家ジャン・コクトーはふたつのリングを一本の指にはめるという独創的なつけ方を提案したという逸話も残っています。「トリニティ ドゥ カルティエ」リング(WG×YG×PG×ダイヤモンド)¥499,500/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ) Studio Triple V © Cartier

カルティエのジュエリーを詳しく見る
1本の釘をモチーフとしたジュエリーを生み出したカルティエ

1971年、1本の釘をモチーフとしたジュエリーを生み出したカルティエ。スリムに進化した「ジュスト アン クル」と、その精神を受け継ぎナットをプレシャスなジュエリーへと変身させた新作の「エクル ドゥ カルティエ」を携えれば、力強く芯のある無敵のオフィスレディに。独創的で、まさしく自分自身の証となりながら、伝統あるジュエラーの洗練を感じさせる美しいゴールドが女らしさも発揮する。 (上から)ブレスレット(YG)¥330000・「エクル ドゥカルティエ」リング(YG・PG)各¥240000・「ジュスト アン クル」イヤリング(PG)¥282500・ネックレス(YG×DIA)¥412500/カルティエカスタマー サービスセンター(カルティエ)

カルティエのジュエリーを詳しく見る
アイコニックなジュエリー「トリニティ ドゥ カルティエ」

アイコニックなジュエリー「トリニティ ドゥ カルティエ」をアレンジした、一粒パールのリング。イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの、トリニティを象徴する「スリーゴールド」の台座に、ダイヤモンドの輝きをあしらって。ゴールドの織りなす繊細な質感の重なりの中に、ボリュームのあるパールが際立つ。あえて重ねづけなしで、その存在感を楽しんでも素敵。 リング¥580,000/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ) photo:Vincent Wulveryck © Cartier

カルティエのジュエリーを詳しく見る
「C ドゥ カルティエ」のピアス

 カルティエのイニシャル”C"を模したコレクション「C ドゥ カルティエ」のピアス。正面から見ると、スクエアな台座にダイヤモンドがセッティングされて、モダンな印象。サイドから見ると、エレガントにデザインされたCの文字が現れる。さりげない変化の中に、イエローゴールドの地金とブリリアントカットのダイヤモンドの調和を楽しめる、洗練のジュエリー。 ピアス「C ドゥ カルティエ イヤリング」¥674,000(0.27ctダイヤモンド×イエローゴールド)/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ)

カルティエのジュエリーを詳しく見る

2.BVLGARI(ブルガリ)

ブルガリならではのロマンティックなコレクション

優美な扇型のモチーフは、古代ローマの遺跡であるカラカラ浴場のモザイク画から着想を得たもの。2700年以上の歴史を紡ぐ街、ローマに本拠を置き、その地の美と芸術をしのばせるジュエラー、ブルガリならではのロマンティックなコレクション。柔らかな曲線が指先を美しく見せる。 「ディーヴァ ドリーム」リング(ピンクゴールド、マラカイト、ダイヤモンド)¥225,000/ブルガリ ジャパン(ブルガリ)

ブルガリのジュエリーを詳しく見る
四弁の花をモチーフにしたブルガリの「フィオレヴァー」

古代ローマ時代から”人生を謳歌するパッションの象徴”として親しまれた四弁の花をモチーフにしたブルガリの「フィオレヴァー」。ペンダント¥208,000/ブルガリ ジャパン(ブルガリ)

ブルガリのジュエリーを詳しく見る
ブルガリのアイコニックなリング「ビー・ゼロワン」

メゾンが誕生したイタリア・ローマのランドマーク、コロッセオの円形に着想を得たという、ブルガリのアイコニックなリング「ビー・ゼロワン」。1999年の誕生以来、革新的な進化を遂げ、2018年の新作リングは、見る角度によって変化する構築美が魅力。そんな飽きのこない「美デザイン」、タイムレスなブルガリの「ダブルロゴ」でマインドアップを。ジュエリーのボリューム感を堪能したい、そんな気分にピッタリの30代からのマイ定番におすすめ。 「ビー・ゼロワン」リング(PG×WG)¥230,000/ブルガリ

ブルガリのジュエリーを詳しく見る
自由な発想のもとに生まれた「ビー・ゼロワン」

重ねづけやチェーンを通して楽しむなど、自由な発想のもとに生まれた「ビー・ゼロワン」。ピアスやネックレスもラインナップするアイコニックな名作は重ねるほどに気品を増し、働く女性をたたえる。魅惑的なスパイラルとダイヤモンドのコンビネーションに息をのむネックレスとリングは建築家ザハ・ハディドがデザインを手がけたコレクションから。 (上から)「ビー・ゼロワン デザイン レジェンド」リング(WG×DIA)¥470000・リング(WG)¥230000・「ビー・ゼロワン」ピアス(WG×DIA)¥530000・ネックレス(WG×DIA)¥495000/ブルガリ ジャパン(ブルガリ)

ブルガリのジュエリーを詳しく見る

3.CHANEL(シャネル)

マドモアゼル シャネルの愛したパリの星空

マドモアゼル シャネルの愛したパリの星空。1932年に彼女が初めて発表したファイン ジュエリー コレクションにも、スターやコメットをテーマとしたジュエリーがメインピースとして登場したという。ダイヤモンドをちりばめた彗星と星のモチーフのイヤリングは、片耳ずつ違うデザインで楽しめる。イヤリング「コメット コレクション」(ホワイトゴールド、ダイヤモンド)¥866,600/シャネル

シャネルのジュエリーを詳しく見る
ジュエリーコレクション「ココ クラッシュ」のモチーフとなっているキルティング

ジュエリーコレクション「ココ クラッシュ」のモチーフとなっているキルティングは、シャネルのシグニチャーのひとつ。もとはマドモアゼル シャネルが恋人と訪れた馬術競技場で騎手が身につけていた衣装にインスパイアされたものだそう。新作のイヤーカフは、ベージュゴールドとホワイトゴールド&ダイヤモンドの2個セット。片耳に重ねづけしても素敵。 「ココ クラッシュ」イヤーカフ(ベージュゴールド・ホワイトゴールド・ダイヤモンド)¥310,000/シャネル

シャネルのジュエリーを詳しく見る
ネックレス「カメリア コレクション」(ピンクゴールド、ダイヤモンド)

マドモアゼル シャネルが愛したカメリア=椿の花も、永遠のアイコンのひとつ。ネックレス「カメリア コレクション」(ピンクゴールド、ダイヤモンド)¥272,000/シャネル(カスタマーケア)

シャネルのジュエリーを詳しく見る
「ココ クラッシュ」コレクション

マドモアゼルが愛した、メゾンの永遠のシンボル・キルティングモチーフを、ジュエリーに昇華した「ココ クラッシュ」コレクション。2015年に誕生し、そのふっくらとしたボリューム感と規則的なラインのモダニティの融合が、多くの人を魅了している。メゾン独自のベージュゴールドは大人の品のよさをアピール。粋な「エスプリ」を感じるデザイン、自由なスタイルにあう「モダニティ」でおしゃれがもっと楽しくなる! マドモアゼルの自由なスピリットをお守りに30代を謳歌して。 「ココ クラッシュ」リング(ベージュゴールド)¥360,000/シャネル

シャネルのジュエリーを詳しく見る
ホワイトゴールドとダイヤモンドで象ったプリュムモチーフ

マドモアゼル シャネルは、あらゆるシーンでお守りのように身につけていたそう。マドモワゼルの愛したパールと、軽やかなプリュム(羽根)モチーフを組み合わせた主役ネックレスを。ホワイトゴールドとダイヤモンドで象ったプリュムモチーフに、雫のようにあしらわれた一粒のパールがロマンティック。 ネックレス¥687,500/シャネル

シャネルのジュエリーを詳しく見る
「ココ クラッシュ」リング

1920年に初めて取り入れられたブランドを象徴するキルティングモチーフをジュエリーでも表現。"ココに夢中”を意味する名のとおり一度見たら忘れられない可愛げたっぷりのたたずまいは男女問わず誰からも好感を得る。新作のネックレスはトップとチェーンのボリュームのコントラストが絶妙。シャネルらしい自由なレイヤードで楽しんで。 (上から)「ココ クラッシュ」リング(WG)¥367000・リング(BG×DIA)¥507500・リング(YG)¥258000・イヤリング(YG)¥370000・ネックレス(YG)¥276250・ネックレス(BG)¥293750/シャネル

シャネルのジュエリーを詳しく見る

4.Tiffany & Co.(ティファニー)

モダンなシェイプのアイコン「ティファニー T」コレクション

モダンなシェイプのアイコン「ティファニー T」コレクションに、グラフィカルなサークルペンダントが登場。ダイヤモンドのきらめきと、天然のブラックオニキスの光沢を、Tをかたどったアングルで囲んで。洗練されたムードの中に、石の持つパワーを感じさせるジュエリーを胸元に。 ペンダント「ティファニー T 」(イエローゴールド、ブラックオニキス、ダイヤモンド)¥305,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

ティファニーのジュエリーを詳しく見る
頭文字の「T」をグラフィカルにデザイン

頭文字の「T」をグラフィカルにデザイン。種類豊富だから、自分らしさで選べる。ピアス「ティファニー Tスマイルピアス」(K18YG)¥81000・リング(上)「ティファニー Tトゥルーナローリング」(K18YG)¥109000・(下)「ティファニー Tスクエアリング」(K18WG)¥174000・ブレスレット(上)「ティファニー T TWOチェーンシングルブレスレット」(K18RG) ¥93000・バングル(下)「ティファニー  Tワイヤーブレスレット」(K18WG)¥230000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ワンピース¥49000/スローン

ティファニーのジュエリーを詳しく見る
ティファニー T Two ダイヤモンドリング(18KYG×ダイヤモンド)

2014年、ティファニーの新デザイン ディレクターに就任したフランチェスカ・アムフィテアトロフが生み出しその洗練されたデザインで話題を呼んだ「ティファニーTコレクション」。アイコニックな「T」モチーフをダイヤモンドで表現した「T two」バンドリングは、シンプルだけど「主張する」存在感とレイヤードしやすいミニマムスタイルが長く愛せるポイント。パワーをもらえる佇まいでキャリアを積む30代からのステディジュエリーとしてぴったり。都会に生きる女性をタイムレスに輝かせる洗練されたムードに包まれている。 ティファニー T Two ダイヤモンドリング(18KYG×ダイヤモンド)¥350,000/ティファニー

ティファニーのジュエリーを詳しく見る
ネックレス¥192,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

柔らかく発光するフレッシュ ウォーターパールが美しいティファニーの「ジーグフェルド」コレクション。203cmのロングネックレスだから、シンプルなタートルやシャツの襟元に、2連、3連に巻いてアレンジして。ネックレス¥192,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

ティファニーのジュエリーを詳しく見る
フェミニティとモダニズムを融合させた「ティファニー ペーパーフラワー」

フェミニティとモダニズムを融合させた「ティファニー ペーパーフラワー」。意思を感じるプラチナの硬質な輝きと、ダイヤモンドの可憐さが信頼感と親近感を呼び寄せる。時間表示を横向きにした遊び心あふれる時計も、フェイスとベルトを白にすることでクリーンな魅力の底上げを担う。 ジャケット¥87000/アマン(カバナ) ブラウス¥24000/セオリー リング(Pt×DIA)¥725000・リング(K18YG×DIA)¥290000・「ティファニー ペーパーフラワー」ピアス(Pt×DIA)¥635000・「ティファニー イースト ウエスト ミニ」時計(SSケース)¥435000・ベルト¥31500/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク

ティファニーのジュエリーを詳しく見る
「エルサ・ペレッティ ダイヤモンド バイ ザ ヤード」

 エルサ・ペレッティの“ひとそれぞれの経済的なゆとりに応じた商品を、イメージを同じようにデザインしたい”という願望から生まれた、ティファニー不朽の名品「エルサ・ペレッティ ダイヤモンド バイ ザ ヤード」。円形の地金にセットされたダイヤモンドはどこか有機的で、柔らかな印象。ダイヤモンドをヤード単位で販売していたことから"By The Yard"と名付けられた。その時の自分らしいひとつ、に出会えるバリエーションの豊富さも魅力。 ピアス(ダイヤモンド0.48ct.×イエローゴールド)¥402,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

ティファニーのジュエリーを詳しく見る

5.VanCleef&Arpels(ヴァンクリーフ & アーペル)

「ヴィンテージ アルハンブラ」

1968年より、ロマンチックなデザインで愛されるアルハンブラ コレクション。2018年、職人技が光るギヨシェ彫刻の洗練されたデザインが仲間入り。「ヴィンテージ アルハンブラ」ペンダント(YG)¥350000・イヤリング(YG)¥505000・ブレスレット(YG×DIA)¥1368000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) ジャケット¥98000/ビームス ハウス 丸の内(ラルディーニ) Tシャツ¥7800/スローン

ヴァンクリーフ & アーペルのジュエリーを詳しく見る
ヴァン クリーフ&アーペルの「ヴィンテージ アルハンブラ」ブレスレット

鮮やかなブルーアゲートが目を引くヴィンテージアルハンブラ。四つ葉のクローバーに着想を得たアルハンブラモチーフの誕生から50年を迎えた2018年、仲間入りしたこの素材は、これまでのカラーストーンのなかでもひときわモダンな仕上がり。深みのあるブルーがいっそう華やぐ、イエローゴールドとのコンビネーション。ブレスレットには5つ、同コレクションのネックレスには10個のモチーフが。ブレスレット(YG×ブルーアゲート)¥450000・リング(左手)¥123000・(右手)¥75000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク ニット¥29000(ハウント/ハウント代官山)・パンツ¥14000(ヘルシーデニム)/ゲストリスト

ヴァンクリーフ & アーペルのジュエリーを詳しく見る
「アルハンブラ」のモチーフの縁取り

ゴールドビーズは1920年代からヴァン クリーフ&アーペルのジュエリーに用いられてきた。「アルハンブラ」のモチーフの縁取りや、アーペル家が旅行で訪れたモロッコにインスパイアされた「クスクスコレクション」など、メゾンを象徴するモチーフとして時代ごとに進化。現在、「ペルレ コレクション」として人気を博している。カボションカットのカラーストーンとゴールドのきらめきが調和するリングは、美しく指先を彩って。 リング(ローズゴールド、カーネリアン)¥ 230,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル)

ヴァンクリーフ & アーペルのジュエリーを詳しく見る
「ぺレル」のコレクション

一つ一つ手作業で加工されたゴールドビーズが連なる「ぺレル」のコレクション。ブレスレットは着脱のフックを限りなく感じさせず、またピアスは左右それぞれポストを内側にデザインすることで、つけたときに正面、横どこから見ても美しい仕上がりに。(上から)「ペルレ」ブレスレット(PG)¥480000・ブレスレット(YG)¥480000・ピアス(PG)¥305000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル)

ヴァンクリーフ & アーペルのジュエリーを詳しく見る

6.Harry Winston(ハリー・ウィンストン)

永遠の憧れであるハリー・ウィンストンのダイヤモンド

永遠の憧れであるハリー・ウィンストンのダイヤモンド。せっかくなら思い切って、まばゆい輝きを放つセンターストーンを選びたい。数あるモデルのなかでも自分へのご褒美に、と指名が多いのがこの「ベル・バイ・ハリー・ウィンストン」。流行に左右されない、優雅なアンティーク調のデザインも魅力のひとつ。ラグジュアリーなリングをあえてデイリーに愛用するのも、大人になったからこその楽しみ。リング(Pt×ダイヤモンド センター0.5ct)¥1890000/ハリー・ウィンストン(ハリー・ウィンストン) カーディガン¥25000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) ワンピース¥43000/アマン(アンスクリア)

ハリー・ウィンストンのジュエリーを詳しく見る
「キング・オブ・ ダイヤモンド」とも称されるジュエラーのペンダント

「キング・オブ・ ダイヤモンド」とも称されるジュエラーのペンダント。繊細なスプリット・プロングによりセッティングされたダイヤモンドは、まるで光の雫が胸元に浮かび上がっているかのような、純粋な美しさを放つ。一生どころか、何代も引き継いでゆきたくなるようなジュエリー。 ソリティアペンダント(ダイヤモンド0.5ct×プラチナ)¥1,200,000台中心〜/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション(ハリー・ウィンストン)

ハリー・ウィンストンのジュエリーを詳しく見る

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン