Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. 30代からの名品

幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】

ホリデーシーズンにショーウィンドウを彩るジュエリーは、ひときわ華やかな輝きに満ちている。1年の終わりと始まりを迎える時季は、宗教や文化を超えて、人の心に祝祭の気持ちを呼び起こさせるものかもしれない。心が浮き立つような、けれどどこか神聖な気持ちになるような、特別な時間。特に30代は、いいことも、そうでもないことも、新しくさまざまな出来事を受け止める時だったのではないだろうか。そんな今までとこれからをつなぐ証としてぴったりなのが、1年の締めくくりのジュエリーだ。

幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_1

夜空を流れるコメット(彗星)をモチーフにした片耳のみのイヤリング。美しさと自由、そして夢を叶える力を象徴して。イヤリング「コメット コレクション」(ホワイトゴールド、ダイヤモンド)¥556,000/シャネル(カスタマーケア)

遠い昔から、輝石やゴールドで飾られたジュエリーは「お守り」としての力を持つとされてきた。幸運を呼ぶ星や月、花などの自然のモチーフ、ポエティックな意味が込められたコレクションなど、ただの装飾品以上に神秘的で、夢に溢れている。それは、少女の頃に憧れた、プリンセスやヒロインが使う魔法の道具に、どこか近いものがあるかもしれない。大人になって、目を輝かせて手に入れるお守りジュエリーは、現実を生きるためのパワーを与えてくれるもの。今までの自分に胸を張り、明るい未来に祈りを込めるために、この12月、特別なひとつを手に入れて。

【select point】

・一生愛せるブランドのアイコニックなコレクション
・ラッキーを呼びよせてくれそうなモチーフを探して

・その年に発表された象徴的な新作や限定品なら、なお思い出に

 

アイコニックなモチーフジュエリーの名品5

幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_2_1

1/5

幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_2_2

2/5

幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_2_3

3/5

幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_2_4

4/5

幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_2_5

5/5

【CARTIER】 1924年誕生の「トリニティ」は、素材に使われている3つのゴールド、ピンクは「愛」、イエローは「忠誠」、ホワイトは「友情」を象徴するメゾンのアイコンジュエリー。かの詩人、ジャン・コクトーも愛したタイムレスなリング。発表当時のデザインを残す「クラシック」を、まずひとつ手に入れてみて。リング「トリニティ リング」¥142,000(ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールド)/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ) 問)カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757 Katel Riou (c) Cartier
【CHANEL】 マドモアゼル シャネルの愛したパリの星空。1932年に彼女が初めて発表したファイン ジュエリー コレクションにも、スターやコメットをテーマとしたジュエリーがメインピースとして登場したという。ダイヤモンドをちりばめた彗星と星のモチーフのイヤリングは、片耳ずつ違うデザインで楽しめる。イヤリング「コメット コレクション」(ホワイトゴールド、ダイヤモンド)¥866,600/シャネル 問)シャネル(カスタマーケア) 0120-525-519
【VAN CLEEF & ARPELS】 アイコニックな四つ葉のクローバーのモチーフ「アルハンブラ」は、1968年の誕生以来、をさまざまな素材を用いてコレクションが展開されてきた。2019年ホリデーシーズンの限定アイテムは、フランスの伝統的な技術を用いたセーブル焼きで。鮮やかなセレスティアブルーが、幸せを呼んでくれそう。「ヴィンテージ アルハンブラ」ホリデーシーズン 限定ペンダント(イエローゴールド、セーブル焼き)¥385,000 問)ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク 0120-10-1906
【Tiffany & Co.】 モダンなシェイプのアイコン「ティファニー T」コレクションに、グラフィカルなサークルペンダントが登場。ダイヤモンドのきらめきと、天然のブラックオニキスの光沢を、Tをかたどったアングルで囲んで。洗練されたムードの中に、石の持つパワーを感じさせるジュエリーを胸元に。 ペンダント「ティファニー T 」(イエローゴールド、ブラックオニキス、ダイヤモンド)¥305,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) 問)ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 0120-488-712
【DIOR】 オニキスの夜空をバックにマザーオブパールの輝きをまとった月と星のモチーフは、タロットや占星術に惹かれたクリスチャン・ディオールの逸話から。神話的でロマンあふれるデザインは、”タリスマン”(お守り)にふさわしい。メダイヨン部分は回転してリバーシブルに。裏面は、マザーオブパールの空にイエローゴールドの光線を描く太陽が。 「ローズ セレスト」リング(YG×WG×DIA×MOP×ONYX)¥405,000/クリスチャン ディオール(ディオール ファイン ジュエリー) 問)クリスチャン ディオール TEL 0120-02-1947
幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_2_1
幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_2_2
幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_2_3
幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_2_4
幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_2_5

知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【シャネル】

ガブリエル シャネルは、1910年、パリ、カンボン通り21番地に開店した帽子店からその輝かしいキャリアをスタートさせた。その後、ジャージー素材を使用したドレスや男性のワードローブから着想を得たキルティングやツイードのアイテムなど、鮮やかな発想から当時の女性のドレスコードを次々と刷新。女性のための機能的で自由なデザインは革新的で、カリスマ的な人気を誇った。黒、ベージュ、ツイードなど、シャネルのアイコンは唯一無二でタイムレスな存在だが、その誕生には古い慣習を打ち破り、女性に自由を与え、解放するという意志が常にあった。

幸せを招くジュエリー【30代からの名品・愛されブランドのタイムレスピース Vol.43】_3

マドモアゼルが愛したカメリア=椿の花も、永遠のアイコンのひとつ。ネックレス「カメリア コレクション」(ピンクゴールド、ダイヤモンド)¥272,000/シャネル(カスタマーケア)

1921年には伝説的香水「シャネル No.5」を発表、そして1932年には、初のファインジュエリー コレクション「ダイヤモンド ジュエリー」を発表。当時世間は世界大恐慌の影響下にあったが、マドモアゼル シャネルは、経済が立ち行かない時だからこそ、価値のある本物をという思いを込めて、コメットやリボンモチーフのジュエリーを発表したという。男性や富裕階級が主導していたファッションの世界に、孤児院で育ったひとりの女性が革命を起こした。シャネルの歴史はその軌跡といえる。今もその精神はデザインの中に受け継がれ、女性を自由へと導く力となっている。

文・久保田梓美 

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン