Magazineマガジン

BAILA8・9月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. HEALTH
  3. 妊活・不妊・妊娠
  4. 【不妊治療中は夫にイライラ?】いい関係で…

【不妊治療中は夫にイライラ?】いい関係でいるコツを男性ドクターがアドバイス!【医師が回答!30代・40代の不妊治療悩み&疑問】

30代・40代の不妊治療のお悩みや疑問に医師が回答! 今回は不妊治療中の夫婦・カップル間の関係改善について聞きました。

Q:不妊治療中、パートナーといい関係性を保つにはどうしたら?

不妊治療中の夫婦・カップルの関係性改善

buritora/shutterstock

30代&40代女性の「リアルな妊活・不妊治療悩み&疑問」!

・「不妊治療を始めたら、夫に対してイライラすることが増えた。非協力的すぎて、カッとなって怒鳴ってしまうことも。不妊治療を他人事じゃなくて、自分事と捉えてほしいのに!

・「夫婦で不妊治療をしているのに、『なんで私ばかり通院、なんで私ばかり自己注射で痛い思い、なんで私ばかり自分の年齢を責めなきゃいけないの、なんで私ばかり……』と涙が止まらず、夫をなじってしまいます

医師が回答!

【監修】
土信田 雅一(どしだ まさかず)

リプロダクションクリニック東京・診療部長兼看護診療支援部長

土信田 雅一(どしだ まさかず)


1975年生まれ。山形大学医学部卒業、山形大学大学院修了。大学病院の不妊外来で生殖医療の基礎を学び、生殖医療専門クリニックにて長年不妊治療に従事。2017年よりリプロダクションクリニック東京にて女性不妊外来を担当、現在診療部長を務める。リプロ東京公式ブログでは、生殖医療の最新情報の発信も。
公式ブログはこちら。
https://ameblo.jp/reproductionclinic/

【ANSWER】女性が求めていることをきちんと男性に伝えて

「女性側が男性側に『してほしいこと』は、人によって違うことを理解してください。ですから、そのリクエストを男性側にきちんと伝えることが大切です。

通院や治療の話を毎日聞いてほしい女性もいれば、要所以外は特に聞いてほしくないという女性もいます。そういった要望を『言わなくても察してくれるはず』と考えて黙っているのではなく、『私はこうしてほしい』ときちんと男性に伝えるようにすれば、男性もそのリクエストに沿った行動をとりやすくなりますし、お互いイライラするシーンも減ると思います。

たとえば、『病院に行ったときは“どうだった?”と聞いてくれるとうれしい』『採卵の日は、仕事が忙しかったら無理にとは言わないけど、可能な日は一緒に通院してくれるとうれしい』といった具合に伝えることで、男性側も自発的に動けるようになるはず。逆に、男性側のリクエストも女性側に伝えることが大切です。

男性側も、女性に対して何かしてあげたい気持ちがあっても、何かする度に妻・恋人の機嫌をそこねてしまうようでは、ますますすれ違いが生じるばかりです。相手の自発性に過度に期待しすぎず、お互いのリクエストをきちんと相手に伝えられる夫婦、カップルはコミュニケーションがうまくいっているように見えます。今のうちにコミュニケーションの仕方を見直したほうが、無事妊娠、出産して親になってからもいい関係でいられると思います」

リクエストは胸に秘めずに相手にハッキリと伝えて。

取材・文/櫻木えみ

妊娠に関する記事一覧はこちら

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA8・9月合併号 試し読み

当サイトでは当社の提携先等がお客様のニーズ等について調査・分析したり、お客様にお勧めの広告を表示する目的で Cookieを利用する場合があります。詳しくはこちら